2021年05月16日

トヨタのディーラーと食パン

トヨタのディーラーが訪ねてきたので、玄関で少し話をした。
まだ若い営業マンである。
来店客に食パンを配るイベントをしているそうで、わざわざその食パンを持って訪ねてくれた。

以前、ヤリスの試乗しただけだが、もう何回か訪問を受けている。
熱心なものだ。
私はマツダのデミオに乗っているが、マツダのディーラーはこれほど熱心ではない。
ディーラーの質が高いという理由だけでトヨタ車に乗り換えたくなった。

車だけ考えるとヤリスはそれほど評価していない。
内装がイマイチだし、割高だし、3気筒エンジンは音もうるさい。
しかし、3気筒エンジンは最もエコな内燃機関といえるだろう。
ハイブリッドのようにモーターやバッテリーもいらないし、製造コストも安いし、燃費もいい。

問題は内装だな。
地方では車に乗っている時間が長い。
動く自室である。
自分の部屋が安っぽいのはいただけない。
特別仕様車でも出て内装がよくなったらヤリスを考えますとディーラーには答えておいた。

私も60になったから、今後買う車には自動ブレーキは必須である。
トラブル対策のためにドライブレコーダーも必ず付けたい。
逆に、高速はめったに乗らないからETCは不要。
エンジンは1500tで内装のいいコンパクトカー・・・これが条件である。

ディーラーが持ってきた食パンは一斤、結構な量だ。
明日の夜はサンドイッチにしようと母と話している。

【追記】
 ディーラーの営業は2〜3年で車(もちろん、ディーラーで扱っている車)を乗り換えないといけないそうである。
 その若い営業マンは今ヤリスに乗っているが、来年には乗り換えするそうだ。
 彼の好みはスポーツカーだが、下取りがいいのでSUVにしますと言っていた。
 車が好きでディーラーに入社したが、好きな車が選べないのは皮肉なことだ。

posted by なすび at 16:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月14日

自由で気楽で自堕落で、ちょっと孤独

RPGゲームでは主人公が様々な街に立ち寄り、様々な人と出会う。
ゲームをしていて、私が住みたいなと思う町や家もあり、魅力を感じる住人もいる。
半年前によく遊んだ「ゴースト・オブ・ツシマ」では、卵麦谷という町に住む五郎がよかった。

卵麦谷は湿地帯の中の隠れ里で、中心に集会場がある。
そこの一階には食堂や商店、酒場などがあり、多くの人が集っている。
(二階は卵麦谷の女領主が居住する場所になっている。)

五郎は集会場で酒を飲んでいるときに主人公に出会う。
自宅は集会場近くの長屋の一角で、一階は居間、梯子を上って二階は寝室という感じだろうか。
今風に言えば、ロフト付きのワンルームマンションである。

五郎は朝起きると自宅の居間で茶でも飲む。
腹が減ると集会場に出掛けて朝昼兼用の飯を食べる。
そのまま、酒場で酒を呑む。

集会場にいる知人と話をして暇をつぶす。
独りでいたいときは話しかけられても無視しそうなキャラクターだ。
ぼんやりと人の有様を眺めながら酒を呑む。
夕方になったら食堂で飯を食う。
そして、夜になったら自宅に戻って考え事などして眠るのだろう。

五郎は密輸などしていた少し悪い船乗りだ。
小金は持っているだろう。
独身で家族はなさそうだ。
集会場には毎日通っていそうだが、気が向かなければ独り自宅で保存食など喰っていそうだ。

自由で気楽で自堕落で、ちょっと孤独。
そんなキャラクターである。
小鳥を飼うのが趣味なのか、部屋には多数の鳥籠があった。
私ならそれらをすべて取り払って骨董家具や鉢植えなど置くだろう。

posted by なすび at 19:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

水曜日は不便だな

夜になると、明日何をするか考え始める。
明日は水曜日・・・休業する温泉が多い。

温泉は無理か・・・雨も降るようだ。
さて、何をしよう。

長葱が少々残っているから、夕飯は麻婆丼でいいだろう。
麻婆豆腐はCook Do四川式を利用している。
簡便で、そこそこ美味しい。

ランチは博多ラーメンが喰いたいが、店が開く11時までは待てない。
私は朝昼兼用の食事を10時台に取ることが多い。
ほっともっとの弁当しかないか・・・飽きたなあ。
何か他を考えないと。

飯もそうだが、やることもない。
手持ちのゲームはやり尽くしたし、YouTubeも目新しいネタはないだろう。
起きた時の気分にもよるが、元気があれば雨の中車を走らせて隣市のラーメン屋に行ってもいいだろう。
雨の日のドライブも嫌いではないし、あそこなら10時半からラーメンが喰える。

待てよ。
あのラーメン屋、水曜日は休みじゃなかったっけ。
ネットで調べよう。
何かと水曜日は不便だな。

【後記】
 私の部屋横のベランダに小皿を置いている。
 野良猫が来ると牛乳を入れてやる。
 雨の日は結構な数の猫が訪れる。
 雨の日は他家からエサが貰えないことが多いのだろう。
 私が外出すると猫は困るだろう・・・ってなことも考えたりする。

posted by なすび at 18:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

理不尽な税

自動車税の季節である。
34,500円・・・安くはない。

しかし、不思議な税だ。
持っているだけで課税されるのは、固定資産と自動車だけ。
現金や株券、高価な貴金属はいくら持っていても課税されない。

金持は放っておくと、いくらでも金持ちになる。
貧乏人は貧乏になる。
格差が広がると社会が不安定になるから、金持から取って貧乏人に渡すというのは反対しない。
だから、固定資産税はまあ納得である。

しかし、自動車税は理解できない。
自動車は貧富の差関係なく所有している。
また、比較的貧乏人の多い地方の方が必要な道具である。

税金というのは課税を始めた時に贅沢品と見なされたものがほとんどだ。
今や自動車は単なる道具だから課税するに相応しくない。
相応しくないと分かってはいるが、自動車税を止めると他から税を取らなければならない。
それは、国民が納得しないから大変である。
結局、理不尽な税が続くということになる。

【後記】
 酒、たばこも理不尽な税だ。
 中毒性のある嗜好品だから課税しても買うと思って課税しているのだろう。
 それなら、女子の好きなスイーツに課税してもいいはずだ。
 多少課税してもスイーツを止める女子は少ないだろう。
 スイーツ税を新設し、酒・たばこの税を減らして欲しいものだ。

posted by なすび at 14:00| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

紀州のドンファン

今話題の紀州のドンファンの元妻ではなく、ドンファンご本人の話である。
貧しい生れで中卒だが、根性とバイタリティがあり、コンドームの訪問販売をきっかけに財を成した。
有閑マダム相手にコンドームの実践販売したとの噂もある。

その財を使って、美女4,000人に30億を貢いだそうだ。
その多くと関係を持ったのだろうが・・・羨ましいか?
仮に不幸な死を遂げていなくても、「ふ〜ん」という感じで、私にはちっとも羨ましく感じないのだが。

どうやら、ネット情報を見ている限り、世の男性の大半が彼を羨んでいる気配はない。
どちらかというと、珍しい生物でも見ている感じである。
確かに、女など数人と密接に関われば十分という気はする。
何か大食いの選手を見ているようで、旨いものを大量に喰っているはずだが、それほどハッピーな感じはしない。

紀州のドンファンは77歳で22の女と結婚した。
それほど美人でもないし、魅力的な女性でもない。
単に金で女を雇う(パパ活)のであれば、もっと質のいい女と関係を持てただろう。
結婚に拘ったから、あの程度の女で手を打たざるを得なかったと思われる。
結局、「77にして22の女と結婚した」と自慢したかっただけだ。

ドンファンには友人知人がいて、ネットを見る限り、彼のことをあまり悪く言う人は少ない。
単に不幸な死を遂げたからかもしれないが・・・。
世の男性の何十倍もの女性と関係を持った人だが、不思議に嫉妬は感じない。
妙な部分に入れ込んだストイックな人で、「身近にこんなオッサンがいたらオモロイやろな」という感じである。
惜しい人をなくしたものだ。

posted by なすび at 22:23| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする