2017年02月10日

米中の電話会談

トランプが習近平と電話会談し、「一つの中国」原則を尊重することにしたようである。
う〜ん、残念だ。
私としては米中に徹底抗戦して欲しかったのだが。

日本としてはそうして欲しいが、当事者はそういうわけにもいくまい。
互いに傷つけ合っても得にならない。
いわゆる「ディール」をしたのだろう。
どんな「ディール」をしたのか気になるところだ。

トランプはマスコミに叩かれているが、これが鎮静すれば、マスコミの黒幕は中国または中国で儲けたい勢力ということになる。
今後の動静に注目だ。

可哀相なのは台湾だ。
トランプに「ディール」のネタとして使われたことになる。
蔡英文もその辺は注意して、慎重に行動していたようだ。

当然のことだが、トランプにしろ、安倍さんにしろ、一人のトップが変えられることは限られている。
いろいろなカードをチラつかせながら、結局、現実的なところに納めざるを得ない。

いずれにしても、トランプ政権についてはもう少し観察が必要だ。
「ディール」のためのハッタリなのか、本気なのか、よく分からない。
そんな印象を持った米中の電話会談であった。

posted by なすび at 17:52| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

ほどほどに

時代が変わるときというのは、庶民が先行し、政治家やマスコミがそれに追随する。
ブレグジットやトランプ現象なんかもそうだし、日本の嫌中韓なんかもそうだろう。
既得権者は現状維持を願うから、時代の流れに遅れやすい。

いまは庶民が先行し、既得権者が抵抗している状態だと思うが、これも時間の問題だろう。
少数の既得権者が圧倒的多数の庶民に敵うはずがない。
そのうち追随を始め、さらには先頭に立って、逆に庶民を誘導しようとするだろう。

現在、これらの変革が進行しているのは先進国である。

当たり前の話だが、先進国の国民にとって、グローバリズムも人道主義も得ではない。
すべての国が等しく豊かになり、同等の権利を持つとしたら、先進国民は相対的に貧しくなるからである。
私は聖人ではないから、貧しい人に多少の金を恵むことはあっても、自分の財産を彼らに等しく分け与えることはしない。
みんな、そうだろう。

要は、グローバリズムも人道主義も「ほどほどに」ということだ。

posted by なすび at 19:49| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

すき焼き

道の駅で和牛が半額になることがある。
すき焼き・しゃぶしゃぶ用の180gパックである。
定価950円が475円になる。

賞味期限は今日だ。
今日食べるのだから、まったく問題ない。
さっそく買う。

こういう夜は「すき焼き」である。
母と二人、180gで足りるかなと思うが、これが足りてしまう。
中高年というのは有難いものだ。
肉の他に、長ねぎ、白菜、豆腐、糸こんにゃく、なめたけ、水菜を入れる。

ダウンロード.jpg

地元の和牛だから、肉は柔らかくて旨い。
脇役も捨てがたい。
肉の油が染みていい味になっている。
生卵にくぐらせて白飯と一緒に食べると、まことに結構である。

私は甘過ぎるのが嫌いだから砂糖は使わない。
卓上コンロの鍋に醤油とみりんを掛け回し、適当に味をつける。

一膳目はスカッと腹に入る。
二膳目は少し汗をかきながら食べる。
もちろん、ビールも飲む。

残りの野菜は翌日の味噌汁になるから、食材費は1,000円程度だと思う。
我が家のささやかな贅沢である。

posted by なすび at 19:01| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

トランプ批判について

トランプ批判が凄い。
ネットニュースでも酷いのだからTVのワイドショーは大変だろう。

トランプは概ね日本とよい関係を保ちたいようである。
そして日本と敵対している中国には厳しい姿勢を示しそうだ。
結構なことである。

こんな結構な、しかも外国の大統領を日本で批判しないとならない理由がよく分からない。
まるで自分の立ち位置が分かっていない。
きっと頭が悪いのだろう。

マティス国防相が来日したが、順当な会談だった。
日本は米軍駐留費の75%を負担しているし、アメリカに従順だから批判される要素はない。
もう少し自衛隊の国防費を増やしてくれと言われたくらいだろう。
さすがにGDP1%は少なすぎる。

私は日本第一だから、人道などとつまらぬことを言う気はない。
社長(アメリカ)に嫌われていないのだから、わざわざ悪口を言って嫌われる社員はいないだろう。
社長と一緒になってライバル(中国)を蹴落としたほうがいい。
それが出世するサラリーマンの知恵だ。

私は会社員として、こういう立ち回りが苦手だったが、日本にはしてもらわなければ困る。
一個人は会社を辞めて他の会社に移ることも、リタイアすることもできるが、国はそういうわけにはいかない。
この地球以外、国土や国民を移しようがないからである。
そして、地球がある限り、日本人には豊かに安全に存続して欲しいからである。

だから、上手に立ち回って、決して損な立場になってはならない。
日本はかつて損を覚悟で「植民地解放」という金字塔を立てた。
そういう損は一回だけでよろしい。
安倍さんは如才がないから、その辺は上手にやってくれるだろう。

posted by なすび at 17:39| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

軽自動車について

諸事情があり、私の愛車(デミオ)は入院中である。
代車にフレアワゴンという軽自動車を借りている。
K0000483387.jpg

私は軽を運転するのが初めてである。
思いの他いい。

車重が軽いから出足がいい。
車幅が狭いから細い道も楽々。
街乗りメインであれば軽が最強だと思った。

街乗り半分、郊外半分ならコンパクトカーがいいだろう。
軽は軽い分、振動も多いし、安全面で不安もある。

コンパクトカー以上の車は長距離メインでなければ必要ない気がする。
特にSUVなんか何に使うのだろう。
取り回しは悪いし、高いし、燃料は食うし。
利点はゆったり乗れて、ぶつけられても安全ということか。

とはいえ、最近の軽は決してお安くない。
おばさん仕様っぽいフレアワゴンも新車なら150万以上はするだろう。
ハイブリッドで電動スライドドアが付いているのだから当然か。

私はもうコンパクトカーより大きな車に乗るつもりはない。
私一人の利用だし、高速は乗らないし、小さくて取り回しがいいからである。
何だか「私にジャストなサイズ」という感覚がある。

60代まではドライブ旅行もしたいからコンパクトカーでいきたいが、70になったら軽がいいかな。
街乗りメインであれば軽が最強である。

posted by なすび at 13:05| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする