2017年02月04日

トランプ批判について

トランプ批判が凄い。
ネットニュースでも酷いのだからTVのワイドショーは大変だろう。

トランプは概ね日本とよい関係を保ちたいようである。
そして日本と敵対している中国には厳しい姿勢を示しそうだ。
結構なことである。

こんな結構な、しかも外国の大統領を日本で批判しないとならない理由がよく分からない。
まるで自分の立ち位置が分かっていない。
きっと頭が悪いのだろう。

マティス国防相が来日したが、順当な会談だった。
日本は米軍駐留費の75%を負担しているし、アメリカに従順だから批判される要素はない。
もう少し自衛隊の国防費を増やしてくれと言われたくらいだろう。
さすがにGDP1%は少なすぎる。

私は日本第一だから、人道などとつまらぬことを言う気はない。
社長(アメリカ)に嫌われていないのだから、わざわざ悪口を言って嫌われる社員はいないだろう。
社長と一緒になってライバル(中国)を蹴落としたほうがいい。
それが出世するサラリーマンの知恵だ。

私は会社員として、こういう立ち回りが苦手だったが、日本にはしてもらわなければ困る。
一個人は会社を辞めて他の会社に移ることも、リタイアすることもできるが、国はそういうわけにはいかない。
この地球以外、国土や国民を移しようがないからである。
そして、地球がある限り、日本人には豊かに安全に存続して欲しいからである。

だから、上手に立ち回って、決して損な立場になってはならない。
日本はかつて損を覚悟で「植民地解放」という金字塔を立てた。
そういう損は一回だけでよろしい。
安倍さんは如才がないから、その辺は上手にやってくれるだろう。

posted by なすび at 17:39| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

軽自動車について

諸事情があり、私の愛車(デミオ)は入院中である。
代車にフレアワゴンという軽自動車を借りている。
K0000483387.jpg

私は軽を運転するのが初めてである。
思いの他いい。

車重が軽いから出足がいい。
車幅が狭いから細い道も楽々。
街乗りメインであれば軽が最強だと思った。

街乗り半分、郊外半分ならコンパクトカーがいいだろう。
軽は軽い分、振動も多いし、安全面で不安もある。

コンパクトカー以上の車は長距離メインでなければ必要ない気がする。
特にSUVなんか何に使うのだろう。
取り回しは悪いし、高いし、燃料は食うし。
利点はゆったり乗れて、ぶつけられても安全ということか。

とはいえ、最近の軽は決してお安くない。
おばさん仕様っぽいフレアワゴンも新車なら150万以上はするだろう。
ハイブリッドで電動スライドドアが付いているのだから当然か。

私はもうコンパクトカーより大きな車に乗るつもりはない。
私一人の利用だし、高速は乗らないし、小さくて取り回しがいいからである。
何だか「私にジャストなサイズ」という感覚がある。

60代まではドライブ旅行もしたいからコンパクトカーでいきたいが、70になったら軽がいいかな。
街乗りメインであれば軽が最強である。

posted by なすび at 13:05| Comment(6) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

それでいい

私は昨年、55でリタイアした。
しなければならないことはない。
起きたいときに起き、寝たいときに寝ている。

酒も飲みたいときに飲んでいるが、酒を飲んで運転することはない。
車の運転も続けたいし、事故を起こしたり、警察に叱られたりが面倒だからである。

日々の食材は私が道の駅まで行って購入している。
旨い物が食べたいからだ。
海の近くだから魚は安くて旨い。
最近食べたのは、サバ・アジの塩焼き、カレイ・メバルの煮つけ、フグ刺し、イカ刺し等々である。

煙草も吸う。
吸いたいときは庭に出る。
部屋に匂いがこもるのが嫌だからである。
喫煙しながら、ついでに枯葉を拾ったり、雑草を取ったりする。
庭には蝋梅が咲いている。

世俗的な欲望はほとんどない。
社交をして知人を増やしたり、その中で尊重されたりという気は起きない。
ましてや作家や有名ブロガーとして評価されたいとは思わない。
私が人嫌いだからだろう。

快適な環境で、旨いものを食べ、自由に日々が過ごせたら満足である。
それほど金はかからない。
健康でこんな生活が続けられたらそれでいい。

posted by なすび at 19:20| Comment(6) | リタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

女性天皇は要らない

日本の天皇は今上天皇で125代目である。
この125代の間、天皇は長子相続でもなければ、男子限定でもない。
ルールはたった一つ、「どの天皇も父親を辿れば必ず初代の神武天皇に至る」という寛大なものであった。
過去7人の女性天皇が存在したが、彼女らもこのルールを犯してはいない。
これを「男系相続」という。

なぜ皇室がこのようなルールを守り続けたのか不思議ではあるが、想像できるのは初代神武天皇に対するリスペクトだろう。
男系男子であれば、どの代の天皇もY染色体は必ず初代と同一である。
それを貴んだのだろう。
武勇で戦を勝ち抜き、苦労して国をまとめた初代男子の血を残したかったに違いない。
昔の日本人は生理学の詳細が分からなくても、経験知でそれを理解していたのだろう。

女性天皇は7人存在したが、全員スポット対応である。
政治的な確執で、あるいは幼過ぎて適当な男子が立てられない場合のみ「つなぎ」として存在した。

しかし、天皇も母であるから、女性天皇も自分の子を天皇にしたいという思いを持つことはあるだろう。
臣民もそれを十分理解していたから、それなりの配慮をしている。

女性天皇7人のうち3人は生涯独身である。
4人は結婚したが、うち3人の夫は天皇、1人の夫は皇子(男系男子)であった。
かりに彼女らが我が子可愛さのあまり、自分の子を天皇にしたいと横車を押しても、自動的に「男系相続」になるシステムであった。
この場合は、天皇である彼女の血が貴いのではなく、夫である男系男子の血が貴いのだ。

以上のことを理解の上、現代の女性天皇を論じてもらいたいものだ。
愛子さまの数歳下に正統な男系男子(悠仁さま)がいらっしゃる。
愛子さまが男系男子と結婚される可能性は高くない。

これで本当に女性天皇が必要だろうか。
125代守ってきた、たった一つのルールを変える必要があるのだろうか。

この仕組みを知っていれば、普通の日本人は「現状維持」と言うだろう。
日本人は「あって困らないルール」なら変えることを好まず、自然に受け入れる。
だから、様々な伝統が守られてきた。

要は、知ってしまえば、女性天皇などという言論に惑わされないということだ。

posted by なすび at 14:23| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

義兄はなかなかリタイアできない

姉は隣の市に住んでいるが、ここ数ヶ月実家に顔を出していない。
母にときどき電話をするくらいだ。

理由は分かっている。
甥の就職のことで、姉と甥の間で言い争いが絶えないのである。

そのことと実家に顔を出すことは無関係だが、姉は気分が塞ぐと社交をする気になれない性分である。
専業主婦だから、夫が勤めに出た後、マンションの一室で一人悶々と過ごしているのだろう。
人と遊んだり、相談にのって貰ったほうが気分が晴れると思うが、偏屈者だからどうしようもない。

私から見ると、甥は根性がなく、勉強嫌いの平凡な若者である。
車好きで自動車整備の専門学校に行ったが、卒業後、Fラン大に入り直した。
修士に行くと言っていたが、なぜか急に就職すると言い出した。
慌てて就職活動を始めたから、思い通りにはいかない。
結局、留年して一年卒業を延ばす気配である。

甥は一人息子として甘やかされて育ったから、実力以上に自分を買い被っているところがある。
そんな人間はさっさと就職して、現場で鍛えて貰ったほうがいい。
それに耐えられなければ、それまでである。
私と話すと、そんなストーリーで諭すから、姉も甥も私を敬遠気味である。

いつまでも淡い夢がみれるわけでもない。
夢を見続けて死ねればいいが、金がなければ暮らして行けぬ。
公務員の義兄は来年定年である。
5年のシルバー延長は必至だと思うが、甥もそれが脛を齧る限界である。

posted by なすび at 16:30| Comment(8) | リタイヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする