2018年02月20日

ランチの定番

冬は外出が億劫で、ランチもほぼ自宅である。
道の駅で夜のおかずと昼の麺類を買ってくる。

定番はアルミホイルに入った「うどん」である。
出汁、うどん、煮た牛肉、なると、刻み葱、七味が入って260円である。
私としては結構お安いのではと思っている。

これに冷蔵庫のほうれん草と卵を入れた。
普通に美味しい。

DSC_24491.jpg

うどんに飽きたら蕎麦、ちゃんぽんにするときもある。
あるいは弁当を買ってくるか。
しかし、この「うどん」が圧倒的に多い。
ランチの定番である。

posted by なすび at 15:23| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

冬の一日

夏はエアコンを使うので燃費が悪いと思っていたが、冬の方がさらに悪い。
寒くてエンジンが温まらないからである。
夏場は20キロ以上の燃費も、冬場は19キロ以下である。

道路に雪は積っていないが、小雪が降りかかり、雪煙が舞う中、道の駅へ買い物に行った。
デミオの表示する外気温はー2℃である。
朝の9時半でこの気温は初めてだ。
今日は特に寒い。

買い物を終えて家で一杯飲む。
昨日作った鯛の昆布締めで貰いものの大吟醸を、牛肉多めのきんぴら牛蒡で金麦を飲む。
昼前から結構なことである。

パソコンで虎ノ門ニュースを聴きながら呑む。
聴き終えたらゲームをする。
ゲームに飽きたらパソコンに戻ってYouTubeでも見る。
将棋、野外料理、犬猫物が好きだ。

今日明日がこの冬一番の寒さのようだ。
灯油ファンヒーターを一日中点けている。
灯油の消費が激しい。
明後日にはまた買いに行かねばならない。

posted by なすび at 11:09| Comment(4) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

冬はゲーム

ドラクエ11がやりたくてPS4を買ったのが去年の7月。
それから、ウィッチャー3、信長の野望・創造とやって、昨日ペルソナ5をやり終えた。
皆いいゲームだった・・・まあ、評判のいいゲームを厳選して買っているから当然である。

私はゲームを始めるとそればっかりでほとんど外出もしなくなる。
「次はどうしようかな」と思っていたら、2月も寒いらしい。
寒いなら外出もしないし、暇つぶしのツールが必要である。
ということで、今しがたホライゾン・ゼロ・ドーンをポッチっとした。

私はRPG系、シミュレーション系が好きで、アクション系が苦手である。
反射神経に自信がないからだ。
ゆっくりと腰を落ち着けて、ビールやワインなど飲みながら遊ぶのである。

ペルソナは2週間掛かった。
ホライゾンもそれぐらい遊べるだろう。
終える頃には2月も中旬、それからは梅や椿など早春の花を見に行くつもりだ。

posted by なすび at 13:29| Comment(4) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

株が上がっている

株が上がっている。
死んだ親父から相続した株もここ1年で倍の値をつけた。

親父がバブル崩壊前に買った株で、私が相続した20年前は買値の半額以下だった。
それが元に戻し、若干の利益が出る状態になっている。

今売っても150万程度だから大した額ではない。
直ぐ売る気もないから現実の懐に変化はないが、何となく嬉しい。
私が生きている間、親父の買値に戻るとはとても思えなかったからだ。

親父が買って30年、私が相続してからでも20年、株というものは握っているといつかは上がるものだ。
まあ、30年も握ったのだから数万円の利益が出ても有難がたみはないけど。

私の性格では「よし、豪遊だ」とはならないが、嬉しくなって高価な買い物や旅をする人もいるだろう。
世の中の半分くらいはそんな人のような気がする。

景気がよくなるのは結構だが、インフレになると困る。
私のようなリタイア者は収入がないので、物価が下がるデフレが一番の得だからである。

posted by なすび at 16:48| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

甥の就職

私の甥は車好きで勉強嫌いだった。
自動車整備の専門学校に入ったが、この業界がブラックで将来性もないことが分かった。
2年履修後、横滑りで入れる大学を探し、今のFラン大に3年次入学した。

就職先はトヨタに技術派遣している会社を選んだ。
会社は中小だが、トヨタ社内で自動車開発の仕事に関われるので本人は満足している。

有名大学の院を出て、厳しい就職試験を突破し、自動車会社の技術職として採用される。
これが開発に携わる者の王道だろうが、誰しもが選べる道ではない。
開発現場の末端からスタートすることになるわけだが、本人が満足しているのだから言うことはない。

同じ仕事をしているのに、本社、子会社、派遣では給与や処遇が違う。
この不合理さえ割り切れたら、やることは同じである。
好きな業界で頑張って欲しいものだ。

ところで、自動車整備業界は本当にブラックのようである。
忙しいけど処遇が悪いのでなり手がいない。
慢性人不足のようだ。

人手不足の業界なら、いずれ給与が上がるというのが経済の原則だが、やはりこの業界本当にダメらしい。
とにかく自動車修理に金をかけようとする人がいない。
日本車は壊れない(特に新しい間は)。
修理に何十万もするのなら新しい車を買う。
要は家電と同じである。

これでは致し方ない。
介護と同様いずれ東南アジアの人がする仕事になるだろう。

posted by なすび at 17:18| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする