2017年11月08日

近年の戦争について

私は戦争アレルギーも核アレルギーもまったくない。
必要であれば戦争をしてもいいし、核は今すぐ持つべきだと思っている。
そういう私でも中国や朝鮮半島に軍事侵略すべきとは毛頭思わない。
得がないからである。

中国や朝鮮半島には資源が少なく、二流の労働力しか存在しない。
二流の労働力ならいらないと言っても向こうから勝手にやってくる。
コンビニや格安チェーン店の店員は中国人だらけである。
むしろ外国人の労働力をどう制限するかが課題である。

軍事侵略するとすれば中東がいい。
日本に必要な石油資源があるからである。
どの国もそう思うから近年の戦争はみな中東で起こっている。

中東でも自国領にする必要はない。
むしろしないほうがいい。
自国領にすればインフラ整備や管理に膨大なコストとリスクが伴うからだ。
トップを抑えて利権だけ握ればいいのである。
どの国もそう思うから近年は戦争しても植民地にすることはない。

以上はひどく常識的な判断だと思われるが、すぐ「戦争になる〜」という人には理解できないだろう。
結局何も考えていないからである。
日本が改憲しても軍拡しても、韓国人が怯える必要はまったくない(笑)。
本当に怯えないといけないのは中東の人である。

posted by なすび at 13:38| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

イチョウとカレー炒飯

イチョウが紅葉しているというので隣町まで見に行った。
人気の少ない地味な神社である。

DSC_2343.jpg

拝殿越しのショットがいい。
床に微かにイチョウの黄が映っている。
床イチョウである。
時間帯がよく、私に撮影の技術があれば、もっとはっきり映っただろう。

DSC_2350.jpg

去年は今時分から大風邪を引いて紅葉狩りができなかった。
今年は気をつける。
いい絵が撮れたらアップするつもりだ。

この後、町の中華料理店でカレー炒飯を食べた。
中華のカレー味もいいものである。

P1220061.JPG


posted by なすび at 20:47| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

WiMAXの新しい受信機がいい

月初からWiMAXの新しい受信機を使っている。
非常にいい。
ネットがかなり速くなった。

電波状況は変わっていないから(置き場所も同じ)、ひとえに受信機のお陰だ。
電波をよく拾うようになった。
2年でこれほど進歩するのだろう。

旧受信機はWX01、新はWX03である。
ボディは手のひらサイズの大きさで、前より小さく軽くなった。
タッチパネル式の画面が付いていて受信電波量も一目でわかる。

アンテナの付いたグレードル(置台)の効果もあると思うが、まだ有無の比較調査はしていない。
よくなったネット状況に満足して、それ以上探求する気が起きていない。

地方だから都市に比べたら電波は弱い。
それでもキッチリ拾ったら、そこそこ使える。
YouTubeもAbemaTVもストレスなく見れるレベルだ。

2年後にまた新しい受信機を貰えるはずだが、そのときはどんな進化をしているのだろうか。
何だかそれが楽しみになってきた。

posted by なすび at 17:36| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

ご苦労なこと

安倍さんも大変である。
野党やマスコミの攻撃ではない。
トランプ一家の接待のことである。

usa_matohu.jpg

 11/3(夕)長女イバンカと食事
 11/5(昼)トランプとゴルフ(松山英樹プロ同席)
 11/5(夕)トランプと食事(和牛ステーキ)
 11/6(朝)天皇・皇后両陛下とトランプの会見に同席
 11/6(昼)トランプと拉致家族の面会に同席
 11/6(夕)トランプを迎えて首相主催の夕食会

もちろん昭恵夫人も大半は同席だろう。
アッキーが社交好きかどうかは知らないが、嫌いなら苦痛の一言である。
私なら配偶者のためとはいえ、とても我慢ができない。
断固拒否する(高貴な方のご夫人のように病気にかかってしまいそうだ)。

客に気を遣い、プロトコルに気を遣い、マスメディアにも気を遣う。
これで無給なら「ふざけるな」と言いたいが、必要経費は出るだろうが、どうやら無給らしい。
よくやるよ。

posted by なすび at 15:45| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

無線ビジネスはいかがわしい

無線ビジネスは詐欺まがいのルールが多い。
以下はWiMAXの例だが、無線ネットだけでなく携帯電話も似たような状況ではなかろうか。

新規契約から2年間は割安だが、それを過ぎると2〜3割は値段が上がる。
普通は逆だろう。
永く使ってくれているのだから安くするのが客商売としては自然だ。

2年過ぎると自動継続し、それから2年間は高い料金を払い続けることになる。
無償で自動契約を停止できる期間は1ヶ月間のみ、それを過ぎると違約金が発生する。

受信機の補償サポートなどのオプションが契約時に勝手に付く。
契約時に「いらない」と言っても認められない。
利用開始後、こちらからわざわざ連絡してオプションを停止してもらう必要がある。
連絡を忘れるとオプション料金は掛かり続ける。

このように利用者が忘れずにタイミングよく連絡しないと宣伝文句の最安値にはならない。
ちょっと気を許すと割高な利用料を支払うことになる。
本当にひどい商売である。

WiMAXはKDDIという大手通信会社がやっているのだが、このような状況である。
大手か中小かは関係がない気がする。
無線ビジネス全般いかがわしい。

無線通信は日進月歩だから短い期間で回収を考える。
昨日の技術が今日は陳腐化する、そして会社もなくなる。
そんな状況だから体裁を構っていられないのだろう。
事業者の気持ちも分からなくはないが、やはりいただけない。
不信を禁じ得ないのが実情だ。

posted by なすび at 11:05| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする