2017年10月07日

チキン南蛮定食

やよい軒に行った。
チキン南蛮定食(740円)が食べたくなったからである。

sp_305.jpg

正確にいうと、この定食につくタルタルソースが食べたくなった。
マヨネーズ、ゆで卵、ピクルスが小皿に盛ってあって、自分で混ぜて作るのである。
307.jpg
実はやよい軒は初めてかもしれない。
関西で勤めている頃は外食ランチは週末だけだから、わざわざチェーン店なんかには行かなかった。
思ったより小綺麗でいい店だ。

写真よりは味噌汁の具は少なく、冷奴も半分程度だったが、チキン南蛮自体はほぼ同サイズである。
味も悪くなく、ご飯の状態も良かった。
ご飯のおかわりは自由だったが、私は初期盛で十分だった。

チキン南蛮で初期盛だとそれほどお得感はないが、しょうが焼やサバの味噌煮定食(630円)などでご飯をおかわりすると、かなりお安い感じがする。
取り放題の漬物もそこそこ美味しい。
白飯が腹いっぱい食べられる。
おかわりすること前提で、十分使える店だと判断した。

posted by なすび at 08:20| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

とき遅れ

とき遅れで申し訳ない。
せっかく撮った写真をアップしたくなった。

DSC_2298.jpg

寺社の甍に合う花は百日紅である。
これは8月中旬に撮った。
ちょうど盆の行事が行われていて、本堂は珍しく人でいっぱいだった。

DSC_2313.jpg

初秋の田舎道に彼岸花はよく似合う。
子供の頃は曼殊沙華と呼んでいた。
これは9月下旬に撮った。

実はこの場所、県下でも有名な彼岸花の名所である。
平日にも関わらず、結構な人がいた。
こういう野の花をめでる余裕が今の日本人にはあるのだろう。
まずは結構なことだ。

posted by なすび at 08:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

中途半端な野党再編

小池おばさんには野党再編を期待していたが、とうやら中途半端で終わりそうだ。
大きな癌腫瘍だけ切除して、中小の癌腫瘍は放置したまま腹を閉じてしまった。

これは期待した私が悪い。
中小の癌腫瘍まで切除すると民進党出身の候補者は半分以下になり、希望は民進の持参金が取れないからである。
飽くまで合流という形に近づけないと民進が貯めた150億という政治資金が奪えない。
これは簡単に予測できたことで、気づかなかった私が鈍感ということになる。

大物左翼は民進から去り新党を作ったが、中小物は希望に残る。
今回の選挙が終われば小池人気も下がり、都政の不手際も露呈する。
そのときが第二次再編である。
希望の中の民進がもう一度分裂すればいい。

私は物事がハッキリするのが好きだ。
分かり易いからである。

日本の政治は二つに分裂している。
多数の中道(親日)と少数の左翼(反日)である。
だから、政党もこの二つに分かれ、支持者の数に応じた票を取ればいい。
まあ、今回は一次仕分けということで、選挙後の二次仕分けに期待しよう。

ところで、小池人気は意外と伸び悩みの様子である。
2割は取れないんじゃないか。
今回も自民安泰ということになりそうだ。

posted by なすび at 12:26| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

左翼はどうなるか

政治ニュースや政治ブログが楽しい。
暇があるとネットを見ている。
もちろん、小池おばさんが衆院選を引っ掻き回しているからだ。

メディアの関心は「小池おばさんが出馬するか」のようだが、私は「民進がどうなるか」である。
ともに、キーマンはおばさんであることに違いない。

自民同様、民進は中道と左翼議員が混在している。
政党とは考え方を同じにした政治集団であるはずだから中道と左翼が混在しているのはおかしい。
有権者は何を基準に投票していいのか困ることになる。

だから、おばさんにはしっかり選別して希望に入れることを望む。
念書を書かせるのも結構だ。
口約束では裏切る政治家が多いのは皆さんの知る通り。

選から漏れた左翼は無所属で出るなり、共産や社民に合流するなり、新党を作るなり、好きにすればよい。
私の推察では実数1割、選挙票で2割の左翼支持者がいるはずだから、その数に見合っただけの当選者は出るだろう。
いずれにしても、大勢ではないし、政治的影響力はないだろう。

それが実態なのだから、それでいいのである。
いままでメディアや組織力によって左翼の姿は大きく見え過ぎていた。
それは嘘であった。

人間、身の丈に合った行動が美しいのである。
今後は、時代遅れの衰退集団として謙虚で誠実な政治活動をしていただきたいものだ。
キムチ臭を抜かなきゃ無理だと思うけどね(笑)。

posted by なすび at 12:06| Comment(5) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

気のはやい選挙予測

選挙予測をしてみようと思うが、残念ながらそれほど画期的なものではない。
いたって平凡かつ大雑把な予測で申し訳ないという感じである。

自民・公明・・・5割
希望・維新・・・3割
共産・左翼・・・2割

自公については、さすがに過半数は取るだろうというだけの根拠である
他は何もない、お恥ずかしい。

左翼とは旧民進の左翼勢力のことである。
何か新しい党を作る前提で、共産と合わせて左翼全体で2割。
これには根拠がある。

読売新聞の調査で「民進党議員を(右派左派問わず)すべて受け入れるべき」と答えた人が9%いた。
民進党の左翼勢力にとっては都合がいい話で、これを支持している9%の人は確信的左翼だろう。
日本人の1割は左翼。
彼らは必ず選挙に行くので票割合としては2割ではないかと推察した。

よって、中道野党である希望と維新で残り3割。
希望2割、維新1割かな。

いずれにしても第一野党は中道野党だろうから、国会の質疑がまともになるのは助かる。
国会には変な慣習があって、いくら与党が多数を占めていても第一野党に長い質問時間が与えられるようだ。
お陰で、民進が提出した馬鹿々々しい森加計問題に国民が付き合わされたわけだ。

森加計は飽きた、国防、移民、経済の問題を真剣に議論して欲しいと思う人は希望か維新に入れるべきだ。

posted by なすび at 12:40| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする