2020年04月23日

コロナも都会と地方では事情が異なる

地方にある私の県も感染者が少しづつ増え、今や累計で数十名になる。
私の市からも感染者が出たから、皆それなりに注意している。

私も県が出す情報やツイッターなどで県内の感染状況をチェックしている。
が、基本構造は変わっていない。

県外で感染した人間が家族や友人に飲食を介して移す。
飲食を共にしない限り、感染することはほとんどない。
感染した人間の多くは数日の出勤をしているが、職場でクラスターが発生した例はない。

県の情報は飲食の有無に触れていないから詳細は分からない。
が、情報を分析した限りでは、一緒に仕事をした程度で感染することは極まれだと思われる。
まして、スーパーやご近所で感染することは皆無だろう。

他人と飲食せず、マスク、手洗いさえしていれば、まず感染しない。
宝くじで一等が当たるレベルの確率だと思われる。

以上のような状況だから、東京や大都市などと事情は随分異なる。
外出にそれほど神経質になる必要もない。
私は毎日スーパーに行き、弁当屋に行き、ときには近場の観光地にも行っている。
もちろん、マスクをし、外出後の手洗いは欠かさない。

東京など大都市は海外や県外の流入者が多い。
人口密度も高く、移動には公共交通機関を利用する。
そして、感染経路のトレースもできなくなっているし、情報開示も怪しい。
累計数十名の地方とは事情が違う。

マスコミは東京中心だから情報が偏る。
地方の人はマスコミの報道に敏感になり過ぎる必要はない。
自分で県内の状況をチェックした方が余程正確な対処ができる。

posted by なすび at 19:20| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

公務員は給付金10万を寄贈しろ

広島の知事が「県の公務員は給付金10万を県に寄贈しろ。それで県民を助ける基金を作る」と言ったようだ。
法的には乱暴な意見だが、多くの県民は賛成だろう。

地方に住んでいると感じることだが、公務員は地方の一般市民の給与水準より遥かに高い給与・処遇を手にしている。
それも、市民が納得して払っているわけではない。
公務員自身のお手盛りである。
その上、不況で市民の給与が下がっても、公務員の給与はなかなか下がらない。

だから、市民の多くは公務員に対して決していい感情を持っていない。
公務員自身はそのことに気がついているのだろうか?
だから、今回も多くの市民は「こんなときくらい市民に還元しろ」と思っているだろう。
どうせ、元は市民の税金なんだから。

「公務員も一市民だから給付金を貰う権利はある」というのは正論だが、こういう知事が現れたら、市民の多くは知事の味方だろう。
それだけ好かれていないということですよ、公務員は。
今回は素直に知事や市民の意向に従って人気取りでもしたらどうですかw

意外なのは、リタイア村で知事に反対する記事が2、3上がっていたことだ。
リタイア村には高所得者は少ない(高所得者は簡単にリタイアしない)から、知事に味方する庶民感覚の人が多いのかなと思っていた。
この辺りは個々人の感覚だし、私も説得する気はないが、近所のオッサン・オバサンの意見を聞いてみるのもいいだろう。
社会も経済も正論のみで動いているわけではなく、多数の人の感情で動いているからね。

posted by なすび at 12:53| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

芸能人のユーチューバーが増えてきた

最近、芸能人のユーチューバーが増えてきた。
落ち目の人が多いけど、人気がある人もそこそこいる。
広告もテレビ・新聞よりネットの方が多いようだ。
芸能人も大手メディアだけというわけにはいかなくなったのだろう。
時代の流れだね。

 *

4月に入って、ユーチューバーの広告収入が激減しているらしい。
3割になった(7割減)という人もいる。
コロナの影響でYouTubeに広告を出す企業が減ったんだろう。
数ヶ月はこの状態が続くんじゃないかな。

 *

芸能人は入って来るわ、コロナで広告収入は減るわで、ユーチューバーも厳しいね。
生き残りをかけて面白いコンテンツを作り続けなければらない。
視聴者としては質の高い動画を見られて満足だけど。

posted by なすび at 11:27| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

写真は面倒である

写真を撮るのは簡単だが、後の処理が面倒だ。
だから、最近はあまり写真を撮らない。

撮った後は、
 @カメラとパソコンをつなぐケーブルを取り出す
 Aカメラとパソコンを接続する
 B画像をパソコンにダウンロードする
 Cカメラの画像を消す
 Dカメラとケーブルを片付ける
 Eパソコンの画像を確認して、失敗画像を消す(大半を消す)
 F画像を撮った場所毎のホルダに整理する

あ〜、面倒だ。

さらに、ブログに張り付けるためには、画像の画素数を落とす必要がある。
私のカメラ(D750)はフルサイズだから、1枚の写真で6M以上のサイズになる。
1枚で6Mは、さすがに見る人に迷惑だろう。
だから、ペイントブラシを使って20分の1位のサイズに落とす。

あ〜、気絶しそうだ。

以上のような労力を使って張り付けた写真がこれである。
咲き始めた庭の牡丹。
DSC_3636.jpg

posted by なすび at 08:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

時代はYouTubeかな

ツイッターを始めてみた。
内容はこのブログ同様、時事ネタが多い。
100回くらいつぶやいてみたが、フォロワーも返信も皆無である。

ネタによっては、数千回読まれたつぶやきもある。
共感でも反感でも結構だ。
読んだのなら、何か反応して欲しいと思うが、意外としないもんだねえ(笑)。

ツイッターはコミュニケーション目的で始めたから当て外れである。
ヤル気がかなり失せている。

一方で反応がよく返ってくるのはYouTubeである。
ニュース動画にコメントを入れると、共感・反感がタイムリーに返って来て楽しい。

幼稚な反論も多いが、それを論破するのも、また楽しみである。
高評価を付けられるのも悪い気はしない。
暇人の趣味には持って来いだ。

やっぱり、時代はYouTubeかな。

【追記】
 この記事を投稿した後、ツイッターを見てみたら初めてのフォロワーが一人。
 その人のツイートを見ると・・・どうやら、サヨクっぽい(笑)。
 私の公務員批判のツイートに共感してくれたようだ。
 いずれ私のサヨク嫌いは分かるから、初めてのフォロワーを失う可能性は高い。


posted by なすび at 21:16| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする