2020年10月23日

ヤリスに試乗した

トヨタのヤリスに試乗した。
ガソリンの最上位モデルZという車種である。

K0001203285.jpg

ヤリスの特徴はコンパクトカーの中でも「サイズが小さい」ということと、「燃費」の良さだろう。
1500tのエンジンだが街乗り中心の試乗時でも22キロ以上出た。
私のデミオ(1300t)よりも格段にいい。

エンジンを3気筒(普通は4気筒)にしたからこの燃費が出るようになったようだが、やはりデメリットもある。
停止時のエンジン音が大きい、高速での伸びが悪いということで、これは試乗時にも実感した。

最上位モデルだから内装も安っぽいということはなかったが、上質感もなかった。
最上位モデル(購入価格240万)でも革張りシートでなく、ホイールもアルミではないなど全般的に割高感はあった。
これといって大きな欠点はないが、長所もない。
何よりコスパが悪い(特にデミオと比べて)。
「サイズが小さい」という以外特徴がないというのが正直な感想だ。

それでもトヨタブランドは健在だから、トヨタというだけで結構売れているようだ。
私には不思議でしかたがないが、外車だからという理由で割高で故障の多い車を買う人がいるのだから驚くこともないかもしれない。

コンパクトカーも大型化している昨今、ヤリスのサイズ感は魅力だが、買うほどのものではない。
小さくてもオシャレじゃないと魅力はない。
ヤリスは購入対象外と判断した。

posted by なすび at 13:21| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

車の買換えを考え始めた

愛車のデミオも現在5年目である。
換えるとしたら今期か、2年後になる。

車の好みは変わっていない。
内装のいい国産コンパクトカーである。
候補は後継のマツダ2、トヨタのヤリス、スズキのスイフトスポーツになる。

第一候補はマツダ2だが、来秋にフルモデルチェンジが予定されている。
買うとしたら、もう2年待った方がいいだろう。

第二候補はヤリス。
これは明日試乗の予定である。
トヨタ車だから安定感はあるだろうが、内装はどうだろう。
ネットで見る限り、高級感はなさそうだ。
買うとしたら、ガソリンの最上モデルになるだろう。

第三候補はスイフトスポーツ。
これは一度実車を見たことがある。
外装・内装共にデミオには劣り、自分の車が高級車のように感じられた。
しかし、走りの評価は高いので、一度自分で運転してみたい。
MTの試乗車は多いが、ATの試乗車は少ないので困りものだ。

以上のような感じではあるが、今のところ、もう2年乗る気持ちが強い。
今のデミオに不満がないからである。
とはいえ、ヤリス、スイスポに試乗して気持ちが変わるなら、それはそれでよい。

posted by なすび at 14:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

温泉は疲れる

コロナで温泉を自粛していたが、そろそろ行き始めた。

中一日空けだと温泉疲れを感じたので、中二日空けた。
それでも疲れる。
夜8時過ぎると、だるくて寝床に入りたくなる。
去年は中一〜二日空けで通っていて平気だったから、身体の慣れの関係だろう。

温泉に通っていると、下半身が冷えにくくなる。
夜、寝床に入っても足元が寒くない。
血行が良くなっているのだろう。
冷え性の女性にはお勧めである。

朝方、冷え込む季節になってきた。
私の家は昔の木造建築だから特に冷え込む。
朝方だけエアコンの暖房を入れるようになった。
灯油ストーブを出してもいいのだが、「ちょっと早いね」と母と話している。

posted by なすび at 08:12| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

猫の圧力

私は猫好きだが、今は飼うつもりはない。
いずれ一人になるし、家を空けられなくなるからだ。

さて、先日、野良の子猫が我が家に迷い込み、残飯をあさっていた。
可哀相だから、余りものの牛乳を皿に入れてやった。
母猫もやって来て、家族4匹で飲んでいた。

基本、野良猫にエサをやらない方針にしていたが、さすがに子猫が飢えるのは可哀相だ。
皿が空いたら、また、牛乳を入れたやった。
そんな日が二日も続いただろうか。

子猫はどこかに行ったが、なんと母猫が庭に居続けるようになった。
完全に私の牛乳を当てにしている様子である。

ヤバいな。
このままでは家の猫になってしまう。

可哀相だがエサをやるのは止めよう。
私に猫4匹の責任は取れない。

母猫は今も私のいる居間を庭からジッと見ている。
「早くエサをくれ」「お前の家猫にしてくれ」と無言の圧力を掛けられているようだ。
なかなか辛いものだ。

posted by なすび at 16:54| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

マンションと一戸建て

都市vs地方というとき、一つの盲点があって、都市ではマンション住い、地方では一戸建てが前提になっている。
地方では人間関係がうるさいと言われるが、都市でも一戸建てに住むと地域活動はそれなりに求められるし、噂話の対象にもなる。
要はマンション住いだと地域の人間と見なされていない(余所者)だけの話だ。

だから、地方の良さを求めながらも人間関係を排除したいのなら、地方でマンションに住むのがいいだろう。
さすがに、人口数万レベルの町ではマンションは少ないが、10〜20万都市なら普通にあるだろう。

マンションは町の中心部に多いから、買い物も便利である。
しかし、地方の良さを満喫したいのなら車は必要だ。
中心部からでも車で10分も走れば、それなりに自然を楽しめる。
中心部から離れると道は空いているし、どこでも無料の駐車場は完備している。

どなたかが書かれていたが、地方の就職先は良くない。
中小企業が多いからブラックな会社も多いだろうし、賃金も安い。
私は都市部の大企業に勤めていたから、地方の中小企業で働く気はまったくしない。
移住するなら完リタ者がいいだろう。

都市と地方と違いはあるにはあるが、実は大半はマンションと一戸建ての問題だろう。
都市でも一戸建てに住むと結構面倒だ。

posted by なすび at 11:11| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする