2019年02月22日

海と河津桜

河津桜を見に行ってきた。
自宅から70キロ離れた港町である。

DSC_3248.jpg

県内に河津桜のスポットが何件かあるが、ここが一番いいと思う。
河津桜のスポットは不思議に海の見える場所にある。
なぜだろう。

江戸・明治期は貿易港として、それなりに栄えた町だったようだ。
今は往時の四分の一以下の人口になったという【注】。
小学校・中学校は町にひとつだけ。
同世代はみな同窓生である。
みんな知り合いだから変なことはできないね。

DSC_3250.jpg

河津桜は海に臨んだ小高い丘に植えられている。
桜を見ながら母と二人で道の駅で買った弁当を食べた。
ビールが飲みたいところだ。

私は二年前にも来ているが、そのときより人が多い。
駐車場はいっぱいである。
平日の昼間だから高齢者ばかり。
私(58)と母(87)の間の年齢の人ばかりという言い方もできるだろう。


【注】
 明治初頭の日本の人口は3,300万人。
 今の四分の一。
 だから、この町の体感的な人口は往時の十六分の一以下になったということだ。
 激減である。

posted by なすび at 14:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

今日の戯言(2/15)

リタイアして車によく乗っている。
非社交的な暇人にドライブはピッタリの暇つぶしだ。
今日も「吉野家→温泉→道の駅」という定番のドライブをしてきた。

2月の金曜日は「ソフトバンク無料」の日だから吉野家は人が多かった。
タダで食べられるのだから利用したいのは当然である(私はauだからタダで食べられない)。
吉野家からソフトバンクに後で請求が回るのだろう。
単価いくらで請求されるのか・・・そんなことを思いながら牛丼並を食べた。

気温は少しづつ上がっている。
外気温が10℃を超えると燃費もエンジンの回りもよくなる。
デミオはスムースな走りだ。

温泉は人が少ない。
露天風呂を10分以上一人で独占した。
山肌も心なしか緑が強くなったような気がする。
春が近づいている。

道の駅では国産の牛筋が安かった。
晩飯は牛筋がトロトロになるまで煮て、大根、厚揚げを入れたおでんにしよう。

posted by なすび at 14:06| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

風呂の日

隣町の温泉に行ってきた。
今日は「風呂の日」だそうで、500円の入浴料が400円になっていた。
その代り、客が3倍多い。
100円安いより静かに入れる方がいい。
悪い日に当たったものだ。

温泉前には吉牛に寄る。
空きっ腹で入ると落ち着かないので、牛丼並で少し腹を満たす。
風呂上りにはコーヒー牛乳を飲む。
最近のパターンである。

そのあとは道の駅に寄って夕飯の買い物。
今帰ってビールを飲んでいるところだ。

このままパソコンをしながら、ダラダラと飲み続ける。
夕飯後も同じ。
そして早めに寝るのである(夜は冷えるからね)。


【追記】
 「風呂の日」は毎月26日だと思うが、26日が土曜日だったので月曜日の今日に延期されたのだろう。

posted by なすび at 13:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

今日の一枚

渓谷に行ってきた。
今日の一枚はこれだ。

DSC_3216.jpg

蒼い川面が神秘的だ。
覆いかぶさる木の枝も怪しげでいい。

本当は紅葉を撮りに行ったけど、紅葉してない写真が一番よかった。
記念に紅葉の写真も一枚。

DSC_3233.jpg

渓谷の朝は冷える。
夜は豚しゃぶにして白菜を大量消費しよう。
ポン酢を絞った柚子は風呂に入れて柚子風呂にするつもりだ。
温まりそう。

posted by なすび at 14:34| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

紅葉の記事は人気がない(猫好きのための付録)

紅葉の記事は人気がない。
確かになあ。
素人臭い写真を数枚載せて「きれいでした」では、読者が面白くないのは当然だ。

私も昨日、県内某所で紅葉を見てきた。
DSC_3093.jpg

こんなものや
DSC_3107.jpg

こんな風景もあったな
DSC_3130.jpg

これで「きれいでした」で終われば殴られそうだから、最後に猫の写真を載せよう。
公園のトイレ前で遊んでいた猫だが、我ながら可愛く撮れたと思う。
DSC_3136.jpg

posted by なすび at 14:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする