2017年11月06日

イチョウとカレー炒飯

イチョウが紅葉しているというので隣町まで見に行った。
人気の少ない地味な神社である。

DSC_2343.jpg

拝殿越しのショットがいい。
床に微かにイチョウの黄が映っている。
床イチョウである。
時間帯がよく、私に撮影の技術があれば、もっとはっきり映っただろう。

DSC_2350.jpg

去年は今時分から大風邪を引いて紅葉狩りができなかった。
今年は気をつける。
いい絵が撮れたらアップするつもりだ。

この後、町の中華料理店でカレー炒飯を食べた。
中華のカレー味もいいものである。

P1220061.JPG


posted by なすび at 20:47| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

とき遅れ

とき遅れで申し訳ない。
せっかく撮った写真をアップしたくなった。

DSC_2298.jpg

寺社の甍に合う花は百日紅である。
これは8月中旬に撮った。
ちょうど盆の行事が行われていて、本堂は珍しく人でいっぱいだった。

DSC_2313.jpg

初秋の田舎道に彼岸花はよく似合う。
子供の頃は曼殊沙華と呼んでいた。
これは9月下旬に撮った。

実はこの場所、県下でも有名な彼岸花の名所である。
平日にも関わらず、結構な人がいた。
こういう野の花をめでる余裕が今の日本人にはあるのだろう。
まずは結構なことだ。

posted by なすび at 08:22| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

向日葵がいっぱい

先月末、母と向日葵を見に行った。
ドラクエを始めると、しばらくどこにも行かない気がしたからだ(正解)。

山の中の段々畑に向日葵がたくさん植えてある。

DSC_2277.jpg

何に使うのだろうか。
ヒマワリ油でも搾るのだろうか。
単に観光用?

簡易な櫓が組んであった。
登って上から眺めてみた。
写真だと野に小さな花が群れ咲いているようにみえる。
が、立派な向日葵である。

DSC_2276.jpg

県内では畜産で有名な地域だ。
近くに農協のレストランがあったから、カツ丼を食べた。
地元の豚肉を使ったものである。
ご飯の上に卵をまとったカツがみっちりと乗っている・・・さすが地元。

残念ながら写真はない。
レストランで写真を撮るのが恥ずかしいからである。

posted by なすび at 13:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

弥生時代に思いをはせる

縄文、弥生と並列に語られるが、縄文時代が1万4千年も続いたのに、弥生時代は700年程度の長さに過ぎない。
時間でいえば、弥生は縄文の十分の一以下である。
一つの確固たる時代というより、縄文から古墳時代(卑弥呼や聖徳太子の時代)への移行期と考えたらいいのかもしれない。
近代でいえば、江戸・明治と幕末のような関係だろう。

縄文と弥生の決定的な違いは「人を殺す」ようになったかどうかだ。
縄文の遺跡では一例も見つからないが、弥生の遺跡でしばしば見られるのは「武器によって傷ついた人骨」である。
また、中国大陸から北九州を拠点に「相当数の移民」が到着したと思われる。
北九州の遺跡の人骨は当時の中国人に似ているという。
縄文時代に平和に暮していた人々が大陸の影響で内乱を始めたのが弥生時代と言えるかもしれない。

DSC_2175.jpg

こんな話をするのも、弥生時代の遺跡を見学してきたからだ。
遺跡には古代ハスも咲いていた。
大賀博士が弥生時代の遺跡から発見した種で開花させたハスだ。

ついでに、海岸に出てハマユウを見てきた。
砂浜に咲く地味な花である。

空とハマユウ。

DSC_2204.jpg

海とハマユウ。

DSC_2198.jpg


posted by なすび at 12:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ランチ+観光+温泉

相変わらず県内ドライブを続けている。
大半のところは見尽くしたから、重箱の隅を突くようなマイナーな観光だ。
それだけでは詰まらないので、最近は温泉を追加して「ランチ+観光+温泉」にした。
昼前に家を出て、まずランチ、それから観光、温泉で汗を流して帰る。

ランチはラーメンが多い。
600円前後で済む。
某市役所の食堂は日替り定食が500円だ。
ボリュームもあって普通に美味しい。
近隣に行くときは必ず利用している。
(ちなみに私の義兄は某市の出身であるが、この食堂の存在を知らなかった。)

温泉は入浴料500円前後と決めている。
民間のホテル・旅館の日帰り湯は1,000円前後だから、必然的に公共の温泉になる。
それほどサービスや湯質に変わりはない。
だったら安いほうがいいに決まっている。

先日寄った温泉は420円だったが、露天やサウナもあって大変よかった。
この写真の左側が山になっていて、ぬるい湯に浸かりながら青空と木々の緑が眺められた。
しかも冷房が効いた休憩室では冷たい麦茶が飲み放題。
弁当と本とタブレットを持って来て一日過ごしてやろうかという気になった。

35000049_1227_2.jpg

観光もやはり市営が狙い目である。
入場無料で(地方は駐車無料がデフォルト)ボランティアのおじさん・おばさんが説明してくれる。
私もおじさん・おばさんも暇だから、世間話をしながら30分以上長居する。
いい暇つぶしになる。

これだけセットにしても、一日1,500円以内で済む。
ガソリン代を1,000円(150q)見込んでも2,500円だ。
リタイア者には持って来いの遊びである。

posted by なすび at 14:52| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする