2018年11月07日

軽自動車から思うこと

最近の軽自動車は高い。
私のデミオ(1300t)より高い軽はザラである。

6ab592519fb7d566ba54c577736e4eb6.jpg

理由は簡単だ。
軽自動車に普通車並みの機能を求めるからである。
エンジンパワー、安全性、室内空間、ナビ・・・。
普通車と同じ機能であれば、普通車と同じ価格になるのは当然である。

実際、車体や排気量に制限がある軽に普通車並みの機能を入れ込むことは大変だ。
むしろ、軽が割高なのが自然といえよう。

昔の軽は何も付いていなかった。
エアコン、パワステ、パワーウインド・・・こんなものも無くて、ただ人を乗せて走るだけの車だった。
だから、安かった。

いまどき何も付いていない軽自動車を買う人は少ないだろう。
普通車並みの機能を持ちながら、税的に優遇されているから軽自動車にする人が大半だろう。
税の優遇がなくなれば、みな普通車に乗り換えるだろう。
もう普通車と軽自動車を分ける意味はない気がする。

むしろ分けるとすれば、車がないと生活できない地方と、そうでない都会とで自動車税を変えるのがいい。
地方の車は必需品だが、都会の車は贅沢品である。
日本でこういう施策が取れたら素晴らしいが、こんな常識がなかなか実現しないのが日本という国である。

posted by なすび at 11:02| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

地方人は体力がない

私はクロスバイクを持っているが、利用頻度は少ない。
使うのは1.5キロ離れた「ほっともっと」で弁当を買うときだけである。
それも冬場は寒いから利用しない。

09261721_5606557067dab.jpg

クロスバイクを買った当初(2年半前)はこんな体たらくではなかった。
4キロ離れた駅前にも、6キロ離れた寺社仏閣にもクロスバイクで行っていた。
ロードバイクに混じって自転車専用道を走ったこともあった。

今はどうしているかと言えば、車である。
どこに行くにも車である。

地方人は歩いて行ける場所でも車を利用するという。
だから、日常的な体力は都会人の方があるとのこと。
都会は電車があるといっても、自宅から駅、駅中、駅から職場とよく歩く。

ということで、これから駅前まで「車」で買い物に行く。
1.5キロ離れた「ほっともっと」に車で行き出したら、私も立派な地方人になったことになる。

posted by なすび at 09:15| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

車は便利だ

地方はどこも人口減少しているが、私の市は辛うじて現状維持している。
理由は数十年前に大手企業の工場誘致に成功したからだ。

お陰で、市は活気を失わずに済んではいるが、環境面はイマイチである。
とにかく、車が多い。

若い人は環境よりも利便優先だろうが、私のような中高年は環境優先である。
普通の地方都市のように衰退して、老人、空き家の多い静かな町が望ましかったが、思うようにはいかないものだ。

Iターンであれば、自分の思い通りでなければ引っ越しすればいい。
しかし、自分所有の実家であれば、いたしかたがない。
母と同居で生活費はほとんどかからないという結構な身分である。
なかなか捨てがたいものだ。

さて、地方では車が増えている。
女性が働き出し、車に乗るようになったからである。
運転マナーもよくない。

地方は車があると便利に出来ていて、道は空いているし、駐車場は無料、観光地の観覧も安い。
だから、地方に住めば車を持たないと損である。
地方の大きなメリットを失うことになる。

こんなことを考えながら、10キロ先の道の駅に車で買い物に行っている。
ドライブは楽しいし、車は便利だ。

posted by なすび at 10:44| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

地方と車の関係

私の家は地方都市郊外としては便利な方だろう。
徒歩5分圏内に大型スーパー、バス停、地銀がある。

この中で何が重要かといえば、間違いなく大型スーパーである。
総菜、弁当、食材、日用品、薬、クリーニング、ポスト・・・何でもある。
日々の買い物が徒歩圏内でできるのは本当に助かる。

私はリタイアしたので通勤の必要がない。
だから、地方といえど車が必須でない環境にある。
これも大型スーパーのお陰である。

とはいえ、私は車を所有している。
車がないと遊びに行けないからである。
地方の自宅と地方の観光地を公共交通機関で繋ぐのはほぼ不可能である。

結論・・・地方といえども大型スーパーの近くであれば、車がなくても生きていける。
仕事や遊びに行かない気なら車がなくても成り立つ・・・という感じだ。


【追記】
 地方は車がないと不便、あると大変便利な構造になっている。
 道が空いてて、駐車場も広くて無料。
 ユニクロ、吉牛、大型店舗はみな郊外。
 車があると雨の日でもジャージ姿のまま直ぐ行ける。

 また、地方は親戚、友人みな車を持っている。
 車がないと社交(行き来)もできない。
 
 このような状況で、節約のために車を持たないという選択をする人は少ない。
 年金の少ないオジサンでも、バイトで車の維持費を稼ぐのが普通である。

posted by なすび at 13:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

デミオのオイル交換

車(デミオ)のオイル交換をした。
ついでに、オイルフィルターも交換した。
両方で5千円程度。

217098.jpg

走行距離は2万キロ、1年1万キロのペースで走っている。
オイルフィルターの交換はたぶん初めてである。
2万キロはちょっと引っ張り過ぎたかな。
ディーラーの推奨は1万キロ交換である。

昨日の交換から30キロ乗ったが、効果は絶大である。
いつもはリッター23キロいかない郊外の道が、なんと25キロである。
パネルの燃費表示で、実際(満タン法)は1キロ下がるが、それにしてもすごい数字だ。
感動した。

これが100%フィルターの効果かといえば微妙である。
実は対タイヤの空気圧も見てもらい、空気を入れてもらったからである。
タイヤの効果か、フィルターの効果か・・・別々に試して確認すればよかった。
ちょっと失敗であった。


【追記】
 ちなみに、私のデミオは1300のガソリンエンジンである。
 購入当初はパワーに物足りなさを感じることがあったが、いまはほとんどない。
 私自身、飛ばすのが好きではないということを自覚したからである。

posted by なすび at 12:42| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする