2019年05月26日

マツダ3

マツダの新車が発表された。
アクセラの後継で、名前は「マツダ3」。

特徴は「内外装の上質化」である。
現在も同クラスの他車よりも上質だから、「さらなる上質化」と言っていいかもしれない。

きれいなボディー
ダウンロード.jpg

高級感のあるインテリア
ダウンロード (1).jpg

私は「マツダ3」に注目していたが、この車自体を買うつもりはない。
車体が大き過ぎるのである。
私好みのコンパクトサイズではない。

「マツダ3」を見れば、デミオの次期モデルが想定できる。
この車を小型化した感じになるだろう。
次期デミオ(マツダ2)を知る目的で注目していた。

次期デミオも「クラスを超えた上質な内外装」だろう。
発売は1〜2年先。
それから、1〜2年経って初期の問題が出尽くしてから買った方がいいかな。
あと4年。
今乗っているデミオの7年目の車検の前がちょうどタイミングだ。

posted by なすび at 09:26| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

片道80キロは疲れる

80キロ離れたバラ園に母を連れて行った。
近隣で一番バラの本数が多いという。

DSC_3532.jpg

下道を通るから片道2時間、往復4時間運転した。
やはり疲れる。
母も疲れたようで、翌日の歯医者はパス。
私も朝から身体がだるい。

片道60キロくらいが気持ちよくドライブできる限界かな。
もう少ししたら温泉に行って疲れをほぐすつもりだ。


【後記】
 写真はバラ園で母が買ったバラ。
 庭は既に一杯で植場が見当たらない。
 場所探しに苦労しそうだ。

posted by なすび at 08:27| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

デミオとシャクナゲ

山中の寺社にシャクナゲを見に行った。
地元ではシャクナゲで多少有名な場所である。
DSC_3479.jpg

この寺社は1997年からシャクナゲを植え始めた。
いまやシャクナゲの時期は賑う神社になったが、日頃は訪ねる人も少ないだろう。
DSC_3490.jpg

地方にはこういう場所は多い。
バブル後の失われた10年、20年の間に整備された新しい名所が多いのである。

シャクナゲは日本のシャクナゲは少なく、大半が西洋シャクナゲである。
西洋シャクナゲの方が丈夫だからね。
いかにも作ったような名所ではある。
DSC_3496.jpg

母を歯医者に連れて行った後、15分程度走ったら着ける場所である。
地方は車があれば本当に便利だ。
愛車のデミオとシャクナゲ。
DSC_3498.jpg

posted by なすび at 17:45| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

嫌いな車

SUVという車のジャンルがある。
アウトドアっぽいイメージのイカツイ感じの車である。
特徴としては、
 ・車高が高い
 ・四駆
 ・ボディーのタイヤ周りにプラスチックカバーがある
だろうか。
K0000929499.jpg
SUVは人気のある車だが、実際にこの車でアウトドアを楽しんでいる人が何割いるだろうか。
(雪国の人は冬場普通の道がオフロード化するので対象外。)
大半のユーザーは舗装道を走っているだけである。
せっかくの高価な装備がまったく生かされない。
燃費も悪い。
まあ、頑丈そうだから事故には強いか・・・それだけである。

車は趣味の部分があるから一概に「無駄」という気はない。
スポーツカーだって日本の道路環境で十分に性能を発揮することは難しい。
しかし、SUVは本当に無駄である。
アウトドア仕様のために製造コストを掛けているのに、ほとんどアウトドアに利用されていないからである。
峠道を攻めたり、高速に乗らないスポーツカーのようである。
さすがにそんなスポーツカーのオーナーは少ないだろう。

メーカーもそんなSUVの使われ方は知っているから、アウトドア仕様といっても「なんちゃってアウトドア」だろう。
カッコだけアウトドアで中身はオフロードに耐えられない車・・・それが今のSUVということになる。
エコを謳いながらちっともエコでないハイブリッド同様、私の嫌いな車である。


【後記1】
 私がマツダのデミオに乗っているので、マツダのSUVの写真を使わせてもらった。
 マツダのSUVに特別矛盾があるわけではなく、どこのメーカーのSUVもみな矛盾している。

【後記2】
 「私は本当にキャンプ場に行ったり、山道を走っている」という人もいるだろう。
 勿論そういう人は対象外だ、SUVに乗る資格がある(笑)。
 でも、そんな人は1〜2割だろう。

posted by なすび at 15:10| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

キリがない

昨年秋、デミオのガソリンモデルが1300tから1500tにグレードアップした。
価格はそのまま据え置きである。

私は3年前の購入時から1500のモデルが欲しいと思っていたから、このグレードアップに関心があった。
昨日、車検の見積ついでに試乗してみた。

同じボディで1300と1500のエンジンではパワーが違う。
動力に余裕がある。
1300で「よっこらしょ」と登る急坂も楽々である。
ちょっと踏み込めば直ぐ違反速度に達してしまう。

1300でも街乗りは必要十分であるが、余裕がある感じではない。
1500だと無理がきく。
やっぱり力があるエンジンはいいな。
いま買える人がうらやましい。

それにしても、いい車に乗るとキリがない。
もっと力があって、もっと内装のいい車に乗りたくなる。
あゝ、キリがない。
金も時間も有限である・・・と、己を慰めている今日である。


【追記】
 今回の車検を通して5年目に買い替えようかな。
 デミオもモデルチェンジしてエンジンもボディもよくなっているだろうし・・・。

posted by なすび at 14:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする