2018年04月29日

金正恩の本音

日本はアメリカの属国などと言われており、私もそういう部分はあると思う。
しかし、警察という第三者的・暴力的な調整機関を持たないこの世界において、一国中立などあり得ない。
どこの閥にも属さず優位なポジションを維持するのは不可能だ。
よって、日欧はアメリカの閥に属している・・・というだけの話である。

アメリカ閥のいいところは世界最大の軍事大国で、かつ好戦的なアメリカに攻められないということである。
むしろ逆に守って貰える・・・もちろん、相応の代価(金)は必要であるが。
また、アメリカには領土的野心はないし、ある程度ルールは守るし、無茶な内政干渉はしない。
裏切らず、真面目に仕事さえすれば(きちんと金さえ払えば)、比較的いい上司である。

一方、対抗馬である中国はどうかといえば、部下の領土は侵略しかねないし、ルール無視、内政干渉しまくりである。
真っ当な国ならどちらの閥を選ぶか自明であろう。
だから、先進国は皆アメリカ閥を選んでいるのである。

ところで、金正恩だが、彼も馬鹿ではなかろうから、本音は中国よりアメリカと仲良くなりたいのである。
自分の体制維持を許してくれるならアメリカ閥に入りたい。
金はないから、代償は安価な労働力と豊富な鉱物資源である。
「アメリカ様、仲間に入れて」というのが彼の本音だろう。
そんことはアメリカも先刻承知、「俺の閥に入りたいなら中国に対抗しろ」という話になる。

北朝鮮の中短距離ミサイルは現在、日韓だけでなく、中国にも向いている。
それをそのまま残し、核も残しておけば、いつでも核ミサイルが北京を狙える。
北朝鮮がアメリカ閥に入れば、核を持った北朝鮮は中国にとって相当な重しだ。
日本にとっては大変困るが、アメリカ、北朝鮮にとっては悪い話ではない。

現実的には北朝鮮は中国と陸続きで、有形無形の圧力を受けるから、アメリカベッタリというわけにはいかない。
ご兄弟の韓国のように、アメリカ閥に属しながら中国にも媚を売る・・・という感じになるのだろう。


【追記】
 朝鮮半島の問題は「アメリカが半島を中国に譲かどうか」ということである。
 当事者である南北朝鮮の意思も、中国の意思もほとんどなく、100%アメリカの意思次第と言っていい。
 アメリカが譲るとはとても思えないから、上記のようなストーリーもアリだろう。

posted by なすび at 13:03| Comment(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

北朝鮮は日本を選ぶ?

韓国で北朝鮮との統一を求めている人は半分程度だそうである。
あとの半分は求めていない。
主に経済的な理由である。

統一すれば北朝鮮にいた人間も自国民になるから、韓国人と同様のインフラや福祉を付与しなければならない。
北朝鮮は教育程度も低く、貧しくて、経済も弱い。
乱暴にいえば、5,000万人の韓国人が2,000万人の北朝鮮人を養うことになる。

韓国の経済もヘル(地獄)コリアと言われるくらい悪い。
将来も見えない。
こんな中で更なる扶養者など養ってられるか・・・という考えの人が若者中心に多いのである。

もっともなことだ。
あのドイツだって東ドイツを併合した後、経済は大変低迷した。
先進国の国民にとって後進国を併合することは負担以外の何物でもないのである。

ドイツや朝鮮は同じ人種で同じ国民だったから仕方がないが、いまどき先進国が好んで後進国を併合することはない。
「軍拡すれば日本が他国を侵略する〜う」と言っている人はよく考えて欲しいものだ(笑)。
日本人が外国人のためにそんな負担を背負うはずがないのである。

ところで、北朝鮮人は再び日本が併合してくれないか(日本人にしてくれないか)と思っているかもしれない。
貧しい彼らにとって豊かで寛容な国に寄生できたら、これほど有難いことはない。
それでは、近隣諸国(日本、中国、ロシア、韓国)の中でどの国に寄生するか?・・・常識人ならまず日本を選ぶだろう。
もちろん、一日本人として速攻「お断り」するが。

posted by なすび at 17:25| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

なぜマスコミは左翼的なのか

時事に関心がある人には常識であるが、マスコミは左翼的である。
これについて様々な人が様々な理由を述べている。
が、私がたどり着いた結論は「記者は左翼の暴力が怖い」からである。

恐ろしいから左翼が不利なことは報道しない。
結果、保守や中道のみを批判することになり、左翼的に見えるのである。
日本人の大多数が保守や中道であるにも拘らず、人気商売のマスコミが左翼的になる理由がこれである。

左翼がなぜ暴力的で恐ろしいか。
在日、同和、革マル、新興宗教・・・恐ろしくないですか?
私は恐ろしい。
彼らは鉄砲玉だから後先を考えない。
帰宅途中に襲われると思うと、家族を傷つけられると思うと・・・私が記者なら確実に「報道しない自由」を使うだろう。

外国人に生活保護を給付するのは憲法違反だし、他にそんな国は少ないから日本国民の一方的な損である。
にも拘らず、なぜ支給を続けているか。
衆議院議員の杉田水脈(元西宮市職員)が言っていたが、中止すれば給付担当の市職員が死ぬからだそうだ。
全国で何人も殺される。
政府もそれを恐れて決行できない。
どの国の在日がするかって・・・もうお判りであろう。

役人もマスコミも(私も)暴力に弱い。
左翼は刑務所に入っても平気な鉄砲玉という暴力装置を持っている。
これがマスコミが左翼的になる単純だが確実な理由である。

posted by なすび at 12:24| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

本質はセクハラではない

相変わらずの茶番である。

もし私がマスコミから取材を受けるにしても、相手はむさ苦しいオッサンより若くてかわいい女性がいい。
男はみんなそうだろう。
マスコミもそんなことは分かっているから重要人物にはそのような女性記者を送る。

女性記者だって、そんなことは先刻承知だ。
高給と華やかな雰囲気を求めてルックスに自信のある女性が集まってくるのである。
そもそもマスコミ自体がセクハラの多い職場だ。
無理だと思えば、遠の昔に業界から去っているだろう。

要はマスコミの取材方法として「お色気で情報を取ってくること」は常態化していたわけで、今に始まった話ではない。
何十年もやってきたことで、ほとぼりが冷めたら、またやるだけのことである。

本質は「なぜ常態化していたセクハラが今回表に出たのか」「なぜマスコミは天下の財務省に喧嘩を売ったのか」である。

背後にあるのは、やっぱり電波オークションなのかな。
いくら政府や官僚に圧力を掛けても時代の流れは変えられない。
ぬくぬくとした独占状態は終わったと観念し、ネットに負けないよう努力するのが本筋だろう。


【追記】
財務次官(客)、テレ朝(キャバレー)、テレ朝の女性記者(店のホステス)と私は理解している。
今回のことはホステスが暴走し、店側も追随せざるを得なくなり、しかたなく客を訴えた・・・という可能性も十分ある。
しかし、それではイマイチ面白くない(笑)。
店がホステスを使って金払いの悪い客(電波オークションを認めた官僚)をハメたというストーリーを採用した。

posted by なすび at 23:55| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

政治家のほうがマシ

北朝鮮問題(拉致・非核化)は順調に収束に向かっている。
誠に結構なことだ。

しかし、日本のメディアは拉致に冷淡だな。
世紀の大問題が解決に向かっているのに、報道が恐ろしく少ない。
拉致が解決すれば困る勢力のひとつなんだろう(笑)。

他国のメディアであれば連日連夜拉致の報道をし、国民の意識を高めるところだが、この国のメディアときたらエロ官僚、エロ知事の話ばかりだ。
韓国並みに異常である。
まあ、日本が普通の国であれば、そもそも拉致なんて発生していないけど・・・。

数年先には放送が自由化され、偏向メディアは滅びるだろう。
時間の問題だから、こいつらどうでもいいけどね。

終わった会社というのは客を見ず、組織内部の顔色ばかりを窺っている。
それでは個々人が頑張れば頑張るほど、組織は間違った方向に向かってしまう。
マスコミもそう、官僚もそうである。
選挙があるだけ政治家のほうがマシだな。

posted by なすび at 13:13| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする