2019年03月27日

桜の季節になった。

意外に思われるかもしれないが、昭和に桜の歌は少ない。
桜の歌が増えたのは平成になってからである。
昭和の桜の歌といえば、唱歌か軍歌くらいだ。

私は昭和に青春を過ごした人間だが、恋愛と桜はそれほどマッチしていない。
社会人になって新入社員を花見に誘ったくらいか。
彼女と二人で桜を見た記憶もない。

平成になって桜が流行歌になったのは、それだけたくさんの桜が植えられたからだ。
若者が花見をするほど落ち着いた時代になったからともいえる。
私たちの青春は桜どころではなかった。
ひたすら男女が集まってイベントごっこをしていた。

平成も終わりだが、良くも悪くも大人の時代だった。
世の中が落ち着いて、老いも若きも桜を見る余裕ができた時代だ。
勢いのない時代ともいえるが、7割以上の人が好ましく感じているとの調査もある。

染井吉野はクローン種だから、接ぎ木でしか増えない。
寿命も2〜30年である。
だから、今見ている桜の大半は平成の桜である。

昔からあるようで意外と新しいものは結構ある。
そういうものに気づく年齢になったということだろう。


【追記】
 気になって少し調べてみた。
 福山雅治の「桜坂」(2002年)が桜をモチーフにした流行歌としては一番早いと思われる。
 平成も半ばである。
 17年前か・・・そんな昔じゃないなあ(笑)。

posted by なすび at 20:43| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

地方の駅前マンション

私が住む地方都市にも駅前マンションがある。
定期的に新築され、今は10棟近くあるのではなかろうか。

地方では都会ほど駅前マンションの有難味はない。
通勤やレジャーで車を使うからである。
駅前マンションの住人も車を持つことになる。
いったん車を持ってしまえば、駅前も郊外も利便性にそれほど大きな違いはない。
わざわざ駅前である必要もなければ、マンションである理由もない。

それでは、駅前マンションに誰が住むのだろう。
車に乗れなくなった、あるいは乗れなくなることを想定した中高年だと思う。

地方は車に乗れる間は不便はない。
むしろ都会より便利かもしれない。
しかし、いったん乗れなくなると、病院へ行けなくなるだけでなく、日々の買い物にも困ることになる。
陸の孤島である。

よって、余裕のある中高年が郊外の自宅を手放し、駅前マンションを買うのだろう。
駅前は店舗も多いし、バスで直ぐに病院に行ける。
歳をとってレジャーに行く気もしなくなった老人には、車がなくても生活できる駅前は大変便利だ。

そんなことを考えていると、駅前マンションが老人ホームの予備校に見えてきた。
郊外から駅前へ、そしてボケたら老人ホームである。
地方の駅前マンションはオシャレな場所ではないね(笑)。


【追記】
 私は今のところ駅前マンションへの住み替えを考えていない。
 大型スーパーまで徒歩5分、バス停まで徒歩30秒の場所に自宅があるからである。
 また、老後の楽しみとして庭は必須だと思っているからでもある。
 しかし、近所の大型スーパーがなくなれば話は別だ。
 何らかの対策が必要になるだろう。

posted by なすび at 09:04| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

社畜からアフィ畜へ

楽しみのためにブログを書いて、ウケたなら多少の小遣い銭が貰えたらいいな。
ってな気持ちで始めたつもりが、いつの間にか一度上がったアクセス数を下げたくない、もう少し収入を増やしたいということになる。
そのためには、ウケそうな記事を探す、引きの強そうなタイトルをつける、書くことがないのに毎日更新する。
アフィリエイトの家畜・・・アフィ畜である。

社畜を軽蔑してセミリタイアしたはずが、いつの間にかアフィ畜になっている。
哀しい話だ。
書いている本人は気づかないのだろうか。

ブログの半数はアフィ畜ブログおよびその予備軍だろう。
社畜が社長なることことはあっても、アフィ畜がトップブロガーになることはない。
トップブロガーは定期的にまとまった量と質の文章を提供するというタイプがほとんどだ。
日々更新の週刊誌記事に未来はない。

アフィ畜ブログにどの程度の収入があるのかは知らない。
月一万円あるのかな。
そのために毎日更新か。
バイトを増やして、自分が書きたい記事を書いた方がいいよ。

未来があるのならまだいい。
このタイプは決して今以上収入が増えないし、止めたらアクセスはガタ落ちである。
消耗品ブログの過去記事を読む人もいないだろう。
必死でペダルをこいでいる自転車操業。
たった一万円のために(笑)・・・社畜の方がよほどマシである。

posted by なすび at 11:34| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

地方暮しの不満

私は地方の実家で暮している。
それほど小さな市でもないし、それほど中心から離れた地域でもない。
大抵の大手チェーン店も市内にある。

車で動けば、買い物する場所や遊びに行く場所には困らない。
きれいな海や整備された公園もある。
道は比較的空いているから、移動は都会より楽である。

特別なもの(老舗の品・外国製品)などはネットで買う。
以前は中国茶など買っていた。
それ以外は地元のショッピングモールやスーパーで賄える。

家は一戸建てである。
敷地は130坪、都会の人からすれば随分と広いだろう。
庭で植木や畑を楽しむこともできる。

高校を出て永年関西の都市部で暮していたから、地方の実家に帰るのは若干不安があった。
不便で困るのではないかと・・・。
まったく杞憂であった。
「車さえ持っていれば」都市生活より便利である。
もっとも実家がド田舎ではなかったからではあるが。

不満のひとつは東京や関西といった大都市圏から遠いことだ。
大きなイベントはないし、オシャレな人は少ないし、先進的な雰囲気はまったくない。
「日本の中心から離れている」感はある。
高層ビルや賑やかな街、行き交う人群れが懐かしい。
だから、旅行するとしたら東京をブラブラすることだろう。

posted by なすび at 15:39| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

言うべきことを言わない人間

世の中、マナーの悪い人間はいるものである。
それほど大きなことでなければ黙ってやり過ごす、要は我慢するのが大半の日本人だろう。
大人の対応というやつだ。

私はリタイアして暇になったせいか、あまり我慢しない。
マナー違反で迷惑を掛けられたら、ちっきり文句を言う。
大抵はバツが悪そうにプイと横を向いて去っていく。
周りの人間は知らん顔をしている。
意図的に無視している感じだ。

中国や韓国に無茶な要求をされ、唯々諾々と受け入れている日本政府。
政治家や官僚が無責任でだらしないのだが、日本人自体がこんな有様ならしかたがない。
多少の金(我慢)を出して済むのなら、それで済ますというのが今の日本人の多数派だろう。
その方が経済効率はいいかもしれないが、確実にプライドは失う。

言うべきことを言わない人間を私は軽蔑しているが、皆さんはどう思うだろう。

posted by なすび at 10:55| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする