2016年05月29日

ニュースに飽きた

最近、ニュースに興味がなくなった。
理由は「政治・経済の仕組みが大体分かった」「世の中は簡単に変わらない」ということだろう。
要は飽きたのである。

専門を極める人は更に細部を知ろうとするだろう。
が、私にはそんな気はない。
大体分かればそれで満腹である。

中国共産党や北朝鮮金王朝が崩壊すれば興味が蘇るかもしれない。
が、そこまで大きな変化は起きそうもない。
「そうなるだろう」と予想される方向にゆっくりと「そうなっている」だけである。

ソ連やベルリンの壁崩壊はショッキングな大ニュースだった。
しかし、今の世の中はすぐに情報が漏れ伝わり、様々な角度から分析されるから「唐突な事件」は発生しにくいのかもしれない。
中国共産党が倒されるにしても、数年も前から事情が詳細に流され、実際に崩壊したときは「やっと倒れたか」と感じることになるだろう。

私は「虎の門ニュース」「チャンネル桜」「おはよう寺ちゃん」「ザボイス」をユーチューブで聞いている。
全部ではない。
好きなコメンテーターが興味のある話題を取り上げているときだけだ。

それで私には十分だ。
世の動きが分かった気になる。
世の進む方向は大体イメージできるから、あとはコメンテーターのコメントでその進捗を確認するという感じである。


【追記】
 リタイアして他人に興味がなくなった。
 それがニュースが詰まらなくなった最大の理由かもしれない。

posted by なすび at 21:28| Comment(17) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

消費税について

消費税はいいところの少ない税である。

@景気を冷まし、デフレを誘発する。
A金持ちも貧乏人も同じ税率だから、貧乏人に厳しい。
B徴収に手間がかかる。

にもかかわらず、役所が消費税を上げたがるのは不思議でしかたがない。
所得税は取るのが簡単だし、金持ちから多く取れるので、これを上げたらいいと思う。

所得税は過去数年あまり上がった感じはしないが、社会保険料は毎年上がり続けている。
名称は保険料だが、払わないとならないし、止められては困るサービスなので実質は税金である。
これが毎年少なからぬ額上がり続けているのに多くの人が不満を漏らさないのが不思議である。
(会社員時代、給与明細を見ながら文句を言うのは私だけであった。)

消費増税の真の狙いは、社会保険料の上昇を隠すためかもしれない。
店屋で支払う10円の税には敏感な人が、給与天引きされる1,000円の保険料には鈍感である。
鈍感なことをいいことに、「消費税を上げるぞ、上げるぞ」と脅しながら、裏ではきっちり保険料を上げているのである。

posted by なすび at 13:09| Comment(10) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

うまい飯屋

地方都市の「食べログ」で上位を占めるのはラーメン屋である。
もちろん私の市も例外ではない。
1位から5位までがラーメン屋で占められている。
3位以外の店が実家の近所(自転車で5分程度)にあるので、1位と5位の店に行ってみた。

1位の店はさすがに素晴らしい。
ラーメンというよりは古風な中華そばである。
味、コスパもいいが、接客も地方らしからぬ。
夫婦+αで運営しているようだが、たぶん夫婦は都会のそれなりの店で働いていたのだろう。
店も簡素ながら、清潔で、行き届いている。

5位の店はいただけなかった。
味もサービスもイマイチだった。
私は「あさりラーメン」をいただいたが、しょっぱくて旨みを感じなかった。
別の客の注文で焼き飯を炒めていたが、その匂いはうまそうだった。
気が向けば、焼き飯を食べに再訪してもいい。

2位、4位の店にも近々行ってみるつもりである。
1位の店のように納得するのか、5位の店のように失望するのか・・・楽しみである。

もちろん私の市にも東大を出て、政治家や官僚になる人はいる。
しかし、市で最も有名なのは「うまい飯屋」なのかもしれない。
そして貴重な存在はその店を維持運営している店主かもしれない。

私の家族でも「○○の巻き寿司はうまかった」という話をすることがある。
○○はすでに店じまいして影も形もない。
なくなって何十年たってもそんな話をすることがあるが、郷土の政治家や官僚の話はしたことがない。
というか・・・そもそも興味がない。

posted by なすび at 20:53| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

怪しい事件

自民党の山田賢司議員の金銭疑惑を告発 元公設秘書が不審死か

自民党の山田賢司議員の元公設秘書が車の中で練炭自殺を図ったとのこと。
この元秘書は数か月前から山田議員の金銭疑惑を自身のブログで暴露し、裁判所に告訴もしていた。
自殺にも関わらず、身元が分からぬほど遺体の損傷が激しいらしい。
怪しい事件である。

政治家は選挙のために常にお金を必要としており、叩いて埃が出ない人は一人もいない。
政治家秘書なら先刻ご承知であるし、彼ら自身が手先となって動いている実行犯である。
内部告発すれば自身も罪に問われるし、主人を裏切った男として二度と政界で仕事ができなくなる。
だから、よほどのことがないと暴露などしない。
そう考えると、正義感にかられた元秘書が告発し、それを迷惑に思う議員側が彼をポアしたという単純な話ではないような気がする。

私の推理はこんな感じだ。
山田議員を好ましく思わない勢力があり、元秘書を焚き付けて裏切らせた。
その代償として元秘書が反権力の政治家として立つことを応援する約束をした。
もともとその勢力は元秘書を応援する気などなかったし、適当なタイミングで彼をポアするつもりだった。
山田議員を貶めたら、それで目的を達成するからである。
その勢力とは金もあり、政治力もあり、闇とのつながりもある勢力であろう。

山田議員は西宮・芦屋の選出で、ここはもともと「拉致など存在しない」と言い切った土井たか子の地盤であった。
山田議員は保守色の強い政治家で、反日外国人をヘイトする失言も何度かあったようだ。
彼を憎む勢力とは・・・もはや言う必要もないだろう。


【追記】
 この事件は大手メディアではまったく報道されていない。
 政権による報道規制という人もいるが、そうであれば山田氏よりも大物の甘利問題が表に出るはずはない。
 警察も「裏がある」ことに気づいているからだろう。
 大手メディアが遠慮して報道しない犯人とは・・・たぶん私の予想が正しいのだろう。

posted by なすび at 17:57| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

神のような存在

この世に天才といわれる人はいる。
企業家であれ、スポーツ選手であれ、アーティストであれ、大成功を収めた人は皆天才である。
しかし、彼らは限られた範囲の中の逸材であり、その分野から離れたらただの人に過ぎない。
この世の森羅万象に君臨する「神のような存在」ではない。

現代「神のような存在」がいるとすれば、私は天才ハッカーだろうと思う。
この世の重要な情報の大半はデジタル化され、インターネット上にある。
巨大なインフラも、大量破壊兵器もネットを通して制御されている。
だから、強固なセキュリティを掻い潜り、あらゆるコンピュータを自由に扱え、しかも正体を完璧に隠すことができる人がいるとすれば、その人は無限の金と力を手にすることができる。

もし私が「神のような」天才ハッカーであれば、何をするだろうか。
銀行ネットワークに侵入すれば、金は無限に手に入る。
銀行強盗には違いないが、絶対ばれないと分かっていれば誘惑に打ち勝つことは難しい。

しばらく贅沢三昧して遊んだら、退屈を感じてくるだろう。
退屈しのぎに、傲慢なアメリカ、ロシア、中国などを脅してみたいと思うかもしれない。
主要な兵器の大半が私のコントロール下にあることを知れば・・・真っ青になり、なんでも私の言うことを聞くだろう。
アメリカには「日本に核を持たせろ」、ロシアには「北方領土を返せ」、中国には「反日を止め、尖閣から手を引け」と要求する。
そんなことを要求すれば、私が日本人であることが丸分かりだろう。
かえって日本に迷惑が掛かるかもしれない。
まあ、嫌いな国家を脅して遊ぶという感じである。

私の空想はこの辺で切れかかっている。
どなたか膨大な想像力と権力欲を持たれている方がいれば、トライしてみてはいかがだろうか。

posted by なすび at 14:30| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする