2016年01月11日

神のような存在

この世に天才といわれる人はいる。
企業家であれ、スポーツ選手であれ、アーティストであれ、大成功を収めた人は皆天才である。
しかし、彼らは限られた範囲の中の逸材であり、その分野から離れたらただの人に過ぎない。
この世の森羅万象に君臨する「神のような存在」ではない。

現代「神のような存在」がいるとすれば、私は天才ハッカーだろうと思う。
この世の重要な情報の大半はデジタル化され、インターネット上にある。
巨大なインフラも、大量破壊兵器もネットを通して制御されている。
だから、強固なセキュリティを掻い潜り、あらゆるコンピュータを自由に扱え、しかも正体を完璧に隠すことができる人がいるとすれば、その人は無限の金と力を手にすることができる。

もし私が「神のような」天才ハッカーであれば、何をするだろうか。
銀行ネットワークに侵入すれば、金は無限に手に入る。
銀行強盗には違いないが、絶対ばれないと分かっていれば誘惑に打ち勝つことは難しい。

しばらく贅沢三昧して遊んだら、退屈を感じてくるだろう。
退屈しのぎに、傲慢なアメリカ、ロシア、中国などを脅してみたいと思うかもしれない。
主要な兵器の大半が私のコントロール下にあることを知れば・・・真っ青になり、なんでも私の言うことを聞くだろう。
アメリカには「日本に核を持たせろ」、ロシアには「北方領土を返せ」、中国には「反日を止め、尖閣から手を引け」と要求する。
そんなことを要求すれば、私が日本人であることが丸分かりだろう。
かえって日本に迷惑が掛かるかもしれない。
まあ、嫌いな国家を脅して遊ぶという感じである。

私の空想はこの辺で切れかかっている。
どなたか膨大な想像力と権力欲を持たれている方がいれば、トライしてみてはいかがだろうか。

posted by なすび at 14:30| Comment(6) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

「解決済み」のはずだが

岸田外相が年末に韓国を訪問するそうだ。
安倍首相の肝いりで、慰安婦問題解決の交渉をするらしい。

おかしいな。
慰安婦問題は日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」ではなかったのか?

日本として解決済みのスタンスなら、なぜ韓国まで行って交渉する必要があるのだろう。
相手が訪ねて来たら、一応話を聞いて、「解決済みです」と回答すればいいだけである。

日本政府は韓国がゴールポストを動かすと言っているが、動かされたポストに向かってボールを蹴っては駄目だろう。
それ自体が相手のゲームにのったことになる。
日本は何もする必要はないのである。

政府内でどのようなパワーゲームが行われているかは分からない。
アメリカからの圧力があるのかもしれない。
安倍首相も諸勢力に抗しがたく、しかたなくやろうとしているのかもしれない。
意外や意外、自らの意志かもしれない。
結果も日本にとって有利になるかもしれない。
まったくわからない。

しかし、国の外交施策としては罰点であることは違いない。
「解決済み」と言いながら、「解決済みでない」ことを自らの行動で示しているからである。

posted by なすび at 18:44| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

環境ビジネスに協力しない

地球は温暖化している。
それは人間が排出するCO2が原因である。
だからみんなでCO2を減らしましょう。

というような取り決めがパリのCOP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)でされた。

しかし、「地球温暖化」も「主因がCO2であること」も大半の学者が提言する説ではない。
学者の間で賛否両論あるというのが実際だ。

それならなぜ多くの国々が集い、取り決めがされたのか。
ゆわゆる「環境ビジネス」である。
CO2削減は金儲けに繋がるから、そこに国連、学者、企業が群がって、反対意見を排除し、プロパガンダしているということだろう。
慰安婦問題と同じ構造である。

私も地球に住む一員だから、「温暖化」「主因がCO2」が定説になれば協力することにやぶさかではない。
しかし、原因がはっきりしていない現状では、彼らを儲けさせるために無駄な労力を払うつもりはない。
石油も安くなったから好きなだけドライブするし、電気も使いたいだけ使うつもりである。
もちろんエコをうたう割高な製品は絶対に買わない。

posted by なすび at 19:52| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

自然に考える

自然に考えれば簡単なことを理念によってわざと難しくしている、と感じることが多い。

特定の民族に犯罪を犯す確率が高ければ、その民族を遠ざけるのは自然である。
事故率の高いバス会社のバスに乗る人はいないし、乗るよう強要するのは罪悪である。
そもそも「どの民族も等しい程度に穏健である」という理念に根拠はない。
結果が違えば改めるのは理念の方だろう。

同じような間違いは、個人の行動にもあるだろう。
何度試みても受け入れられない行為は、行為自体が適切でないか、方法が適切でないかのどちらかだろう。
世の中が間違っていると思うより、自分の行動を改めるべきなのである。

世界中、根拠のない理念や信仰が満ち溢れている。
自分の信じる理念を広めるためには嘘や暴力も厭わない。
まったく迷惑なことだ。

自然に考える、そして自然に考えるための情報を意図的に歪ませない。
それさえできればトラブルは随分減ると思うが、それでは困る人が世に多過ぎる。

posted by なすび at 17:20| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

政治雑感

ブログ村の政治カテゴリを見ているが、最近盛り上がりに欠ける気がする。
安保法案時には随分と盛り上がっていたのだが・・・もう勝負がついてしまったからだろうか。

「中道VS左翼」案件としては、沖縄問題などあるが、いまひとつパッとしない。
左翼に元気がないから、中道も対抗する必要がないのだろうか。

「左翼=マスコミ=中韓=反日」という図式が一般人にも広がりつつある。
左翼シンパは老人が多いから、あと10年もすれば死に絶えるだろう。
在日はマイナンバーで資金を押えられた。
マスコミは商売だから、左翼が減れば中道番組を放送するしかない。
中韓は反日路線を変えることはないが、基本ゆすり目的だから、金を渡さなければトーンダウンする。
まあ、それだけのことだ。

沖縄も典型的な左翼活動で、目的は補助金である。
それに中韓が便乗して、沖縄米軍の追い出し活動をしているだけ。
そういうことも、少しづつ知られてきている。
少なくとも普通の人は沖縄知事を変と感じている。

今後の焦点は南沙諸島での米中の紛争だ。
中国は国際的な支持を得られないだけでなく、軍事的にもまったくアメリカには敵わない。
「人工島建設の凍結」を宣言せざるを得ないのだが、そうなれば共産党政権は弱体化する。
個人的には、米軍に人工島が徹底的に破壊される姿を見てみたい。
中国には早々に折れるのではなく、突っ張って、口先だけでないことを示して欲しいものだ(できるかな)。

韓国と首脳会談をするようだが、何の進展もないのが最良である。
どうでもよ過ぎて話題にもならない感じだ。

posted by なすび at 11:05| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする