2021年02月22日

G7からマリファナの話

G7は元々G5(米日独英仏)だった。
しかし、イタリアが「なぜ歴史と伝統ある我が国を呼ばないのか」とゴネて、呼びもしない会議に押しかけた。
(この辺は半島国家同士、韓国と似た国民性だw)
根負けしたG5はイタリアを入れることにしたが、それではヨーロッパばかり偏ってバランスが悪い。
バランス取りのために急遽入れられた国がアメリカの隣国カナダである。

 *

そのカナダ、最近、マリファナを解禁した。
国民の健康や社会生活を科学的に分析し、市民の納得を得て解禁したというより、ドラッグ常習者が増えて手に負えなくなった。
禁止して犯罪の温床になるよりマシという判断で渋々解禁したというのが実情のようだ。
アメリカにも既に解禁している州がある。
近々、全米で解禁されるかもしれない。
たぶん、アメリカもカナダと同じような状況なんだろう。

 *

マリファナは臭いがきついらしい。
煙草を何倍も腐らしたような臭いで、遠くで吸っていても直ぐ分かるという。
もし日本で解禁されたら、煙草の匂いが嫌いだと言っている人は生きていけなくなるかもしれないw

 *

私は学生時代、インドでマリファナを試したことがある。
1980年代、アジアを旅した若者なら常識であり、むしろ、体験しない人の方が珍しかった。
印象としては酒と同じようなものという記憶があるが、これは定かではないかもしれない。
マリファナがそこまで臭かったという記憶を失っているからである。
(そもそもインド自体が香辛料や糞尿やらで臭いからねw)

 *

私はマリファナ解禁論者ではない。
8:2くらいの割合で反対である。
解禁すれば混乱が生じるのは間違いなく、解禁しないで済むならその方がいい。

 *

私が20代、1980年代の後半、マリファナを吸っていた会社の同期がいた。
私が勤めていたのは保守的な大手企業であり、定期大卒である。
彼は確かに変わり者だった。
盆の連休中、独り寮に残ってマリファナを吸っていた。
私もすすめられたが断った(これは本当)。
その後、会うこともなくなったが(国内だけで数万人のグループ社員がいる)、今どうしているのかとふと思う。

posted by なすび at 14:07| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

教師の猥褻行為

私は大坂なおみが好きではない。
日本語が不得手ということもあるが、BLMに賛同している低能さが嫌いだ。
まともな日本人の感覚なら、人種差別は良くないが、BLMの暴力的な行動には共感できないと思うのが自然だからである。
所詮、アメリカで育った人間はアメリカ人だし、地頭もよくない。

 *

よく見ているユーチューバーがいるが、最近はコロナ・ワクチンネタが多い。
アクセス数をチェックして受けないネタはやらないタイプの人だから、コロナ・ワクチンネタはそこそこウケるのだろう。
私は地方在住のリタイア者だから、コロナにもワクチンにもそれほど関心はない。
他の話題にして欲しいが、私が世間からズレているのでしかたがないのだろう。

 *

五輪の会長にどれほどの人が関心があるのか?
たぶん、ほとんどないと思う。
単に名誉職であり、誰がなっても変わらないと思っているからである。
そのネタがこれほどメディアで流されるのは、菅長男接待問題を隠したいからである。
これが忖度でなければ、何が忖度なんだ・・・と言いたい話だが、メディアは菅と仲がいいようだ。

 *

しかし、教師の生徒に対する猥褻行為は跡を絶たんね。
周りに世間知らずの若い女性がいる環境が悪いのか、そもそも教師になるような男は若い女性が好きなのか?
女学生にも性欲はあるわけで、どうせするなら、同級生でも年上の教師でも同じという気はするw

【追記】
 私が高校生の頃、年上のセクシーな女性にいろいろとご教授願えればと思っていたw
 今どき、処女で結婚する人はいないのだから、女だってそう考えるのが自然な気がする。

posted by なすび at 19:33| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

オアシスのような先進国

YouTubeを見ていると、白人の若い女性の動画が結構ある。
皆、流暢な日本語を話す。

ロシアやその周辺の出身者が多い。
白人は白人だが、西ヨーロッパに比べると国が貧しく、後進的だからだろう。

白人の若い女性なら日本で仕事がある。
清潔で、安全で、美食な先進国に住める。
もちろん、アニメの影響はあるにしても、そういう感覚で日本語を学ぶ人は多いと思う。

日本語が上手で、YouTubeをやるような人は、そこそこ学歴がある。
生れの悪い人でもないだろう。
そういう人なら日本に来て、日本男性と結婚するのもいいだろう。

実際は、西ヨーロッパやアメリカを目指す人の方が多いだろう。
欧米の激しさについて行けないと感じる人が日本に来ているだけかもしれない。
それはそれで問題ない。
日本がオアシスのような先進国として存在する意味は大きいだろう。

posted by なすび at 19:05| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

常識について

常識は人の数ほどあると言われる。
個々人が常識と思い込んでいるものが、実は皆違う、ズレがあるという意味である。
実際、長年同じ環境で過ごした親兄弟でも、よくよく話してみると常識に違いがある。

常識とはもちろん私個人の意見ではない。
私が想定する世の多数派の意見である。
だから、私はこの点では常識的だが、あの点では非常識と思われる・・・客観的な自己分析をすれば、そうなる。

実を言うと、私はかなり正確な常識を持っていると思っている。
そして、自分の考えが常識とズレている部分も認識している。
だから、非常識な行動や考え方をすることもあるが、基本、常識を持っている人間と理解している。

しかし、世の中、自分の考え=常識と思い込んでいる人が多い。
たぶん、客観的な思考が苦手なのだろう。
だから、驚くような考えを当然のごとく話されて戸惑うこともある。
こいつは常識がないのか・・・w

結局、常識とは個々人が勝手に想定するものだから、その精度は個々人の能力に依存する。
客観的な思考と洞察力に優れていれば、真実に近づくということなんだろう。

posted by なすび at 12:41| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

サラリーマンは考えなくなる

サラリーマンを長年やっていると、自分で考えなくなる。
その方が楽だし、出世もし易いからである。

これは学歴とは関係ない。
頭のいい人は個々の仕事では考えるかもしれないが、全体の枠では考えない。
なまじ考えると、会社の方針や上司の意見とぶつかるからである。

上司が何かをやれと言えばやる。
後輩が昇進すれば、次の日から「呼び捨て」から「さん付け」に変える。
多少心の痛みはあるだろうが、そんなことを引きずっていれば会社に居辛くなる。

こういう生活を20年、30年続けていれば、ロクな人間にはならない。
詰まらん老人、中高年ができ上るだけだ。
目先の損得に終始し、他人の困りごとには目をつぶり・・・いずれ自分に返ってくることなのに。

それが今の日本。
そんな気がする。

posted by なすび at 19:31| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする