2017年05月23日

母と薔薇

地方で人気があるのは薔薇園である。
中高年の女性が薔薇好きだからである。
もちろん、私の母(85歳)も例外ではない。

車を運転するオジサンも妻や母には逆らえない。
よって彼女らを乗せて薔薇園に行くことになる。
県下の行楽地もその辺は了承済みなようで、薔薇園が充実している。
薔薇のトンネルや薔薇のタワーができていて、ロマンチック○○などという命名がされている。

「薔薇でも見に行くか」と言うと、母はいそいそと準備をする。
夕食を作るときにも、いそいそとした気持ちをもって貰いたいと思うが、そのときは不満たらたらの象のようである。
えらい違いだ。

今日は県下2位のラーメン店に寄って薔薇園に行った。
薔薇園で薔薇を販売していたので、ピンクの薔薇を買った。
帰りに道の駅に寄って総菜を買って帰った(母は夕食の準備をしなくてよい)。
母は大変満足であった。

母が見た薔薇園。
DSC_2075.jpg

母が買った薔薇。
DSC_2082.jpg

posted by なすび at 19:27| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

テレビはスポーツだけでいい

テロ等準備罪が23日に衆院可決されるようだ。
まだ可決されていなかったのか。

先進国・中進国でテロ罪を持たない国はない。
持たないのは独裁国、小国の一部だけである。
マスメディアでこの事実を報道すれば、反対する国民などいないと思うが、日本のメディアは異常なので報道しない。
困ったものである。

憲法もそうである。
武装放棄する憲法など世界中にない。
特異な憲法である。
もちろん、そんな憲法がいいと思う国はないので、どの国も真似をしない。
これまたマスメディアが報道すれば、「日本だけ変なのは嫌だな」と日本国民は思うから、そうそうに改憲されているだろう。
メディアの罪は重い。

マスコミは反日外国人や帰化人に乗っ取られているという噂がある。
ここまで日本の力を削ぎ、貶めようとすれば、そう考えられて当然である。
「テレビなどこの世からなくなってしまえ」と私は思う。

ネットを見て、自分で判断する力がない人は選挙など行くべきではない。
国政を語るなど千年早い。
投票日には家でおとなしく韓流ドラマでも見ていてもらいたい。

ネットには偽ニュース、プロパガンダもあるが、半数以上はまともである。
玉石混合ではない、玉玉ときどき石である。
まともなサイトを見ていれば、TVより精度も深度も遥かに高い情報が得られる。

結論・・・テレビはスポーツだけでいい。
(明日は村田の世界戦があるので観戦する予定である。)

posted by なすび at 15:35| Comment(8) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

今週は出歩いている

今週は出歩いている。

河津桜を見て、

DSC_1715.jpg

藪椿を見て、

DSC_1726.jpg

梅林を散策した。

DSC_1735.jpg

花は満開がいいが、ちょうどの時期に行くのは難しい。
ネットで調べているが、よほど有名どころでないとリアルタイムの情報は手に入らない。
河津桜、藪椿は少し遅く、梅林は少し早かった。

実家に帰ってからブログ村の自県サイトをよく見ている。
観光の助けになることは多いが、もう少しブロガーが増えて、もっと情報が欲しいものだ。
私もそのうち別ブログを立てて県内情報を提供しようか。
ブログふたつの更新はちょっとしんどいかな。

明日は雨だから観光はお休みである。
明後日の予定を考えよ。

posted by なすび at 17:44| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

左翼ブロガーについて

ブログ村の政治サイトを見ると、森友学園ネタで埋め尽くされている。
書いているのは左翼ブロガー・・・余程お困りなんだろう。

いくら突いても政権を揺るがすような案件ではない。
テロ法を覆したいのだろうが、不可能である。
私としては法の成立を阻止するより、テロをしないことをお勧めする。

左翼ブロガーは組織色が強い。
共産党か、民進党の党員と思われる人が大半である。
きっと上層から指示が出ているのだろう。

私は以前から不思議に思っていたが、政治サイトでプロパガンダは無意味である。
政治サイトなど政治に興味がある人しか見ないので、見え透いたプロパガンダなどに引っ掛るはずはない。
そんなエネルギーがあるなら他に注げばいいと思うが、左翼ブロガーはやりたがる。
きっと上層から指示が出ているのだろう。

プロパガンダは無知な人を対象に行わないと意味がない。
知識がある人なら、すぐに嘘や意図を見破るから。
だから、TVなんかが最適である。
無関心な人がダラダラと見る媒体だからだ。

ネットの政治サイトは関心がある人しか見ないから駄目だ。
唯一プロパガンダが効くとすれば「有名まとめサイト」くらいだろうか。
それなら、政治に無関心な人も見るから、プロパガンダの効果もあるだろう。
しかし、そこに載せようと思えば、金も掛るし、組織力もいる。
一党員の出番はないだろう。

posted by なすび at 17:56| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

ほどほどに

時代が変わるときというのは、庶民が先行し、政治家やマスコミがそれに追随する。
ブレグジットやトランプ現象なんかもそうだし、日本の嫌中韓なんかもそうだろう。
既得権者は現状維持を願うから、時代の流れに遅れやすい。

いまは庶民が先行し、既得権者が抵抗している状態だと思うが、これも時間の問題だろう。
少数の既得権者が圧倒的多数の庶民に敵うはずがない。
そのうち追随を始め、さらには先頭に立って、逆に庶民を誘導しようとするだろう。

現在、これらの変革が進行しているのは先進国である。

当たり前の話だが、先進国の国民にとって、グローバリズムも人道主義も得ではない。
すべての国が等しく豊かになり、同等の権利を持つとしたら、先進国民は相対的に貧しくなるからである。
私は聖人ではないから、貧しい人に多少の金を恵むことはあっても、自分の財産を彼らに等しく分け与えることはしない。
みんな、そうだろう。

要は、グローバリズムも人道主義も「ほどほどに」ということだ。

posted by なすび at 19:49| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする