2017年01月14日

野鳥と私の関係

12月になってから庭で野鳥を見ることが多くなった。
こげ茶っぽい地味な鳥で、サイズはスズメより一回りは大きい。
ネットで調べても、よく分からない。

この鳥が好む場所は3ヶ所。
ひとつは水鉢で、水を飲んだり、水浴びをしたりする。
ひとつは桜の木で、枯れ枝にとまって周囲を観察したりしている。
最後は小さな赤い実がなる木で、その実を食べているようだ。
さすがに水鉢ではしないようだが、二つの木の下は鳥のフンが散らばっている。

冬に多いということは、寒い地域から渡ってきたのだろうか。
私の地域より南九州のほうが暖かいと思うが、この寒い中、水浴びをするくらいだから、ここがちょうどいいのだろう。

私が庭に下りると鳥は去ってゆく。
野良猫も同様に去っていくが、猫のほうが去り際に感情や性格が分かる気がする。
野鳥はただ去ってゆくだけ。

部屋に戻ってしばらくすると、いつの間にか鳥も庭に戻ってきている。
それ以外に関わりはない。
野鳥と私の淡白な関係である。

posted by なすび at 17:12| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

私はニトリとユニクロばかり

私の家は寒い。
日本の平均値より暖かい地域にあるのだが、寒いのは昔の和風建築だからである。

壁だとか、窓だとか、「ふすま」だとか、いろいろ問題はあるが、最大の問題は床である。
とにかく床が薄い。
畳や板一枚で、断熱材も何も入っていない。
基礎の空間があって、すぐ地面である。

冬の初めは地表が温まっているからまだいいが、今時分になると地面の冷えが床を通して部屋に上がってくる。
一日中、灯油ストーブを焚いても足元の寒さには対応できない。

畳マットの上に、ニトリのアルミ保温シート(1,380円・税別)、折り畳みカーペット(3,695円・税別)を敷いたが、まだまだ厳しい。
DSC_16301.jpg

よって、ニトリのホットカーペット(5,547円・税別)を購入することにした。
725031201.jpg

この製品は大人気な様子で、店舗に行ったら既に「完売在庫なし」であった。
そうなると、余計に欲しくなる。
ニトリのネット通販で見ると在庫が9枚あった。
送料500円を負担して、慌ててネット購入した(届くのは週末)。

それにしても、ニトリは安い。
品質も悪くない。
何でも揃っている。
近くに店舗がある。
だから、私はニトリとユニクロばかりだ。

posted by なすび at 13:42| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

柚子をくれたらいいのに

柚子は役に立つ果実である。

我が家では鍋をよくする。
醤油に柚子を絞り入れ、柚子胡椒で辛みを加える。
これで肉や野菜が驚くほど旨くなる。

また、風呂に浮かべる。
一個を半分に切って入れるだけで、風呂中いい香りがする。
楽しくて、つい長風呂になる。

自宅の庭にも柚子の木があるが、近年なりが悪い。
道の駅に小10個が100円程度で売っているから、それを買って使っている。
100円で一週間いろいろに使えて重宝している。

柚子の話で思い出すのが、以前住んでいたアパートのことだ。
敷地内に柚子、柿、ビワの木があって、季節には実をつける。
大家さんは柿、ビワの実をビニール袋に入れてアパートの住民に配っていた。
男の一人暮しだから皮を剝くのが面倒で食べきれない。
いつも大半捨てていた。
正直貰って嬉しくないおすそ分けだった。

そのとき私が思っていたのは・・・「柚子をくれたらいいのに」。
柚子なら一切するだけで風呂に浮かべられる。
面倒くさがりの私でも、捨てずに使い切れる果実である。

しかし、柿、ビワは十数個くれても柚子は一つもくれない。
柚子は役に立つから大家も他人に分けたくなかったのだろう。

柿やビワを貰うたびに、「本当は柚子が欲しいんです」と言いそうになって困った。
私は思ったことを、つい口に出す性格だから黙っておくのに苦労する。
必死で我慢したおかげで、大家さんとはいい関係を維持したままお別れできたのは誠に結構なことである。

posted by なすび at 13:09| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

ユニクロはいい

冬場の部屋着はフリースのジャケットである。
軽くて暖かくて便利だ。

長年着続けたので、生地も薄くなって、暖かくなくなった気がしていた。
よってユニクロのフリース・ジャケット(税抜き1,990円)を購入した。
07_172356.jpg

以前のフリースはアウトドア・メーカーの品だったので、ユニクロでフリース・ジャケットを買うのは初めてだ。
予想外にいい。
新しいから毛も立って暖かいし、生地も柔らかい。
これで1,990円は大変にお得だ。
5年は使うつもりである。

気が付けば私の衣類は9割以上ユニクロである。
靴とジャンパーやコートが違うくらい。

ユニクロは安くて、品質もそこそこ良い。
市内に店舗がある。
半年に一度くらい買い替え・補充する。
一回に付き5,000円程度だから費用はほとんど気にならない。

私は定番しか着ないし、気に入った色形のものは複数枚買って着回す。
夏はグレーのTシャツに、薄茶のコッパンという感じ。
だから他人と被っても、まったく問題ない。

ユニクロは衣料業界の価格破壊をしてくれた会社だ。
いろいろあっても、やはり評価している。
このまま、今の価格と品質を維持して欲しいものだ。

ちなみに、私が買ったフリース・ジャケットはベトナム製であった。
人件費が上がって、中国で作っては価格が合わなくなったのだろう。
中国製でないことも保守の私にとって高評価だ。

posted by なすび at 14:44| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

夕食前

どこの県にも旨い日本酒はある。
県民としては自県の酒を愛飲すべしと思っているので、私は自県の地酒を呑んでいる。

日本酒は一升瓶で買う。
市内に良心的な地酒専門店があるから、そこで買う。

今呑んでいるのは一升2,700円の純米吟醸である。
高級品ではないが、日常呑みとしては十分な味と香りだ。

器は好きだから、いい杯で吞む。
今日は大清宣統(ラストエンペラー)年製茶杯のレプリカを使っている。

レプリカといっても1960年代の中国製で、この頃には中国にもいい職人がいた。
牡丹など様々な花の絵が細密に描かれている。
もちろん手書きである。

出張(2010年)の休日に香港の「裕華國貨」で買ったものだ。
当時は円高だったが、25,000円はしたと思う。

もう直ぐ夕食である。
昼は豚骨ラーメンでコッテリしたので、夜は茶漬にした。
塩鮭と白菜の漬物でサラサラである。

母が呼びに来たら、茶漬を食って、ビールを飲みながらネットをして寝るだけだ。
明日の朝は今年一番の冷え込みだそうだ。
暖かくして寝ようと思う。

posted by なすび at 18:15| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする