2020年02月25日

武漢肺炎はなぜ恐ろしいか

武漢肺炎・・・不思議な病気である。

症状は従来の肺炎に似ている。
感染即重篤というわけでもない。
感染率も致死率もそれほど高いわけでもない。

では、なぜここまで恐れられるのか?

中国政府が武漢という地方大都市を閉鎖したからである。
閉鎖というより、湖北省(人口5,000万人)全体を見捨てたと言ったほうが正しいかもしれない。

そこまでして感染を防ごうとしたことに、多くの国は疑念を持った。
単に新種の肺炎であれば、そこまではしないだろう。
そして、武漢肺炎が人工的に作られたウィルスではないかと疑っている。
だから、恐れている。

人工的に作られたものは人体にどう影響するか分からない。
治癒したと思われても、またいつ発生するか分からないし、後遺症が残るかもしれない。

私も武漢肺炎は人工的に作られたウィルスだと疑っている。
だから、恐れもしている。
願わくば、生物兵器としては駄作であって、通常の肺炎と同等の殺傷力しかないことを祈っている。

posted by なすび at 19:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

再び、気を引き締める

西日本(関西より西)の中心地といえば、一に福岡、二に広島である。
その福岡が武漢肺炎にやられた。
60代夫婦、感染経路は不明らしい。

まあ、中国人を入れ続けるし、感染国第二位の韓国人が頻繁に訪れる場所だ。
発症して不思議はない・・・というより、今まで発症しなかったほうが奇跡か。

福岡で発症すれば、西日本全体が危険化したのは間違いない。
福岡と繋がりのない西日本の県はないのである。
家族や知人が福岡に住んでいる家庭は多い。

ということで、2〜3日前は気を緩めていた私だが、再び、気を引き締めている。
といっても、温泉・外食に行かない、もちろん、観光しない。
外出時にはマスクをする、帰ってきたら手を洗う・・・という程度だが。

日本政府にはさっさと中国人、韓国人の入国を禁止して欲しい。
それによって、企業の売上や生産性が落ちようとも、私には関係ない。
私はリタイアしたし、年金が減っても、医療費が上がっても困らないだけの蓄えはある。
国の経済より私個人の生活・安全が第一だ。
(ここまで言えば、利己的過ぎるか。)

日本も高齢化しているし、私のように考える人が増えているだろうな。

posted by なすび at 14:42| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

思ったより全国展開していない

日本で武漢肺炎の検査がまともにされ出したのは2月12日以降。
13日から2次感染者の情報が続々と出てきたが、私の予想よりは部分的であった。

新たに出てきたのは、屋形船(関東)、ハワイ(愛知)、有田病院(和歌山)の3系列。
この系列から何人もの感染者を出しているが、それ以外に目立ったものはない。
日本の大半の県は感染者ゼロである。

事実上の検査解禁から約一週間、医者が怪しいと診断した患者は一通り検査がなされているだろう。
もう数日様子を見るべきだろうが、「思ったより全国展開していない」というのが印象だ。
私は半数近くの県で、1〜2件は感染があると思っていた。
もう一週間たっても、この系列以外の感染者が現れなかったとすれば、感染県と離れた県は安全かもしれない。

私は西日本在住で、近隣に感染県はない。
上記3系列の感染者から飛び火して来る可能性も少ない。
だから、十分に安全とは言えないが、県内にいる限り、それほど危険視することもない気がしてきた。

いずれにしても、もう一週間が目途だ。
それまでおとなしくしていれば、少しは出歩いていい気がしている。
暖かくなってきたから、ドライブくらいは行きたいね。

posted by なすび at 12:36| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

ユーチューバーは金目的

YouTubeでは数日前から武漢肺炎を語ると広告が付かないらしい。
「武漢」とか「コロナウィルス」なんて言葉を発しただけでもダメらしい。
ということで、ユーチューバーは武漢肺炎ネタを避けているだけでなく、「赤い国で流行っている例の病気」とか遠回しな表現を使っている。
もしかしたら、ブログもそうかもね。

理由はよく分からない。
中国がGoogleに圧力を掛けたとか、デマを防止するためとか、中国人の人権保護とか、いろいろ言われている。

ユーチューバーは基本的に金目的である。
ブロガーには私のように趣味目的の人も何割かいると思うが、ユーチューバーは皆無だろう。
自己主張したいのなら匿名のブログで十分である。
わざわざ顔を晒して、動画を撮って、編集して・・・などという面倒なことをするのは、すべて金が欲しいからである。
だから、どのユーチューバーも不満を漏らしながら、YouTubeの方針に従う。

正直、時事を語るユーチューバーとしては情けない。
金よりも自分の主張やポリシーを大切にして欲しいものだ。
彼らには今後、政治家・財界・マスコミの金権体質を批判することはできないね。

中国の金に媚びる財界。
財界の金に媚びる政治家・マスコミ。
そして、YouTubeの広告料に媚びるユーチューバー。
基本構造はまったく同じだ。

posted by なすび at 15:51| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

自分で情報を集めるしかない

武漢肺炎の日本での感染者数は400人以上だが、この数字はほとんど意味がない。
9割近くがクルーズ船の感染者だからである。

2月16日時点(計414人)の内訳は、
 @クルーズ船・・・355人
 Aチャーター機で武漢から帰国した日本人・・・13人
 B中国からの観光客・・・13人
 C日本国内での2次・3次感染者・・・33人

どこのマスコミも内訳を書いてくれないので、数字は情報の寄せ集めである。
正確ではないかもしれないが、概ねこんな感じだろう。

@Aは意味のない数字である。
クルーズ船も、チャーター機も、感染者がいることは分かった上で引き受けたわけで、隔離もされている。
これを恐れている日本人はいない。

問題はBCである。
Bの人間がCの人間に肺炎を移したことは明白であり、諸悪の根源である。
早急に中国人の入国禁止をすべきだろう。
また、日本に滞在している中国人観光客にも帰って貰うべきだろう。

Cは我々が一番恐れるべき数字であり、実際に多くの日本人が恐れている。
2月13日以前は4人程度しか発覚していなかったが、検査基準を緩めたら、一気に表に出た。
13日以降、日本人にとって武漢肺炎は他人事ではなくなったのである。

マスコミが内訳を報道しないのは、「日本人が正しく恐れるようになる」からである。
中国人入国禁止に向かうことが目に見えており、それを避けているのである。
だから、意味のないクルーズ船のネタばかりを追う。
中国に忖度しているマスコミはまったく当てにはならないから、自分で情報を集めるしかない。

posted by なすび at 09:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする