2017年06月03日

合理的な判断

肺がんの主犯は煙草と考えられているようだが、本当だろうか。
(以下の見解は武田邦彦による。)

BK2_140930_05.jpg

これは喫煙率(実線)と肺がん死亡率(点線)を男女別に表したグラフであるが、実線と点線のカーブは男女とも似ていない。
男性喫煙率は65年以降大きく減少しているのに、肺がん死亡率は95年まで急上昇している。
因果関係が強ければ強いほどグラフの曲線は似る。
普通に考えれば、煙草と肺がんに強い因果関係はないということだ。
(高齢になればがん自体が増えるので、長寿による調整もされて死亡率を計算している。)

95年をピークに男性の肺がんは減ってきている。
これが「煙草を止めても30年は影響が残る」説の根拠になっているが、やはり正しくない。
30年説が正しいとすれば、横軸30年をずらして喫煙率と肺がん死亡率が同形の曲線として現れるはずだ。
そもそも曲線のカーブがまったく違うのだから、理屈に合わない。

女性も同様である。
喫煙率はゆるく下がっているのに、肺がん死亡率はもっと高い角度で上がっている。

このグラフを客観的に分析すれば、肺がんの主犯は煙草以外にあるということだ。

肺がんは日本の高度成長とともに増え、バブルが終わった95年から下がっている。
自動車や工場の排気ガス、アスベストや合成着色料・・・そういう工業化に伴う病気と考えるのが自然な気がする。

無理に煙草に犯罪を押し付けるより、真犯人を探すほうが肺がんを減らすことに役立つ。
それが合理的な判断だろう。

posted by なすび at 11:07| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

牡丹

母が牡丹が欲しいというので園芸店に連れて行った。
一昨日のことである。

紫とピンクの牡丹が家にあるので、黄色がよかろうということになった。
花は散りかかっているが、来年以降は楽しめそうだ。

DSC_1927.jpg

紫の牡丹の木は大きくなって、今年は蕾を10個つけた。
一番早く開いた花を撮った。

DSC_1925.jpg

咲き始めの花は緩みがなくシャープな印象である。
時間とともに崩れてゆく。
花も人間と同じだ。

posted by なすび at 09:57| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

庭の桜

庭の桜も見頃を迎えた。

DSC_1822.jpg

八分咲きだが、これくらいが一番いいかもしれない。
満開だとすぐにでも散りそうな感じがする。

奥に見えるのは私の書斎である。
この季節は桜を眺めながら酒が飲めるので大変結構だ。
今朝は酒屋に寄って、いい日本酒を買ってきた。
いつものように昼間から飲んでいる。

道の駅で芹と筍を買った。
芹は香り高くて好きな野菜だ。
筍は今年初めて食べる。
美味しいといいが・・・。

posted by なすび at 15:30| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

カワラヒワ

庭の日向で鳥が休んでいた。
木の枝や地面で活動しているのは珍しくないが、地べたにじっとしているのは珍しい。

DSC_1799.jpg

近寄っても逃げる様子はない。
体調が悪いのか。
さらに近づくと逃げた。
ほっこりし過ぎて私に気がつかなかったようだ。

ネットで調べるとカワラヒワという鳥だと思われる。
植物の種子を食べることが多いらしいから、地面を突き回し、疲れて休んでいたのだろう。

ついてに手水鉢を撮った。
そばにピンク色の小さな花が咲いていて、それが水面に映っている。

DSC_1795.jpg

posted by なすび at 17:07| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

庭の白木蓮

庭の白木蓮が満開である。

DSC_1789.jpg

この花も桜同様切ない花で、春の数日咲けばお終いである。
夏場は楕円形の大きな葉を茂らせ、冬場は葉を落とし丸坊主だ。
今の季節以外まるで風情がない。

白木蓮もこの一週間のために生きているわけではないと思うが、年に数日のことだ。
はやり、この木にとっても特別な期間といっていいだろう。

白木蓮の原産地は中国西部である。
温かい地域の花だから、熱帯と中国を足して二で割ったような風情がある。

仏教の感じもするし、骨董の家具の上に活けたら似合いそうだ。
そう思って十数年前に植えたが、枝を切るのが惜しいので、いまだに花を活けたことがない。

posted by なすび at 13:11| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする