2016年12月27日

地方の問題

地方に優秀な人は少ない。
有望な職場や大学が少ないから、有能な人間はみな都会に流れるからだ。
残念だが、構造上、仕方がない。

地方で最も優秀なのは医者である。
大体、地元国立大の医学部出身だ。
地方といえども医学部だから、理工学部でいえば旧帝大以上のレベルということになる。

次は公務員だろう。
大体、近県国立大の文系出身だ。
このクラスになると必ずしも優秀というわけでもない。
標準よりはちょっと上というレベルだろう。

これがほぼ全てである。
役所であれ、銀行であれ、会社であれ、私が日常接する人は、みなこのクラス以下だと思って間違いない。

私も単純に「勉強ができる=賢い」とは思わないが、物事の理解力や事務処理能力は学力に比例する場合が多い。
だから、彼らと接していてため息が出ることは多いのである・・・「もっと分かれよ」「さっさとやれよ」。

もし私が地元のために町おこしか何かをするとしたら、協力を頼む仲間はきっと都会の会社で働いた経験があるUターン組だろう。
そうでなければ新しいものが持ち込めない気がする。
地方の会社ではあまりにも経験できることが少ないと思うからだ。

地方人の悪口を書いたが、都会人が素晴らしいというわけでもない。
都会は人が多いからバカも一杯いる。
しかし、割合としては優秀な人が多い。
繰り返しになるが、地方から優秀な人間が流入するからである。
そして問題の原点は「地方に有望な職場がない」ということだ。

posted by なすび at 14:14| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

沖縄の基地問題は分かり易い

沖縄の基地問題は分かり難い。
いや、本当は分かり易いのだが、メディアが目くらましの報道しかしないので分かり難くなっている。

基地があるのは危険だからない方がいいのは分かるが、逆に侵略を受けやすい地域だから基地があるともいえる。
また、基地の需要や雇用がないと沖縄の経済は成り立たない。
当然、基地がなくなれば国からの補助金もなくなる。
沖縄県民がどうやって食べていくのか心配になる。

普通に考えれば「基地はいらない」という沖縄県民はいないだろう。

今話題になっている普天間から辺野古への移転問題だが、これもいいことの方が多い。
基地が人の多い街中から海辺に移るからである。
これで住民の危険や騒音は減るだろう。

普通に考えれば「移転反対」という沖縄県民はいないだろう。

こう考えると「基地反対」「移転反対」している沖縄県民はいないことになる。
本州から行っている左翼や中韓の回し者(要は反日)が運動の中心であるというのも理解できる。
あえて反対している沖縄県民を探すとすると普天間基地の土地持ちだろう。
随分と高い値段で貸しているという。
一生遊んで暮らせる身から転落すれば私でも反対運動する。

あと、政府に反対して補助金を吊り上げようとしている勢力もいる。
沖縄の政界財界が中心だろうが、県民も間接的に手を貸していなくもない。
一住民にも補助金の恩恵があるからだ。

基地がないと困るが素直に賛成すると補助金は下がる・・・このネジレが基地問題を分かり難くしているのだろう。

posted by なすび at 17:06| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

女性ドライバーについて

地方は女性ドライバーが多い。
そして年齢層が高い。
驚くような婆様が運転していて大丈夫かと思う。

女性ドライバーは総じて車の運転が下手だ。
交通の自然な流れを堰き止めているのは、いつも女性ドライバーだ。
こんな下手糞な人が事故を起こさないはずはない。

最近、高齢者の事故が話題に上がっているが、私は女性の方が問題だと思っている。
ネットをググっても男女別の事故率情報が明確に挙がってこない。
男女平等の観点から掲載を自粛しているのだろうか。

自分が運転が苦手なことは女性も先刻承知だろう。
しかし、他に交通の手段がない地方では、嫌でも運転せざるを得ない。
可哀相でもある。

知人のおばさんは大田舎の実家に車で帰らないという。
チンタラ走っていると後ろから他の車にせっつかれるからである。
確かに信号のない快適な田舎道を遅い車に塞がれたら私も腹が立つ。

地方で車に乗るとは女性ドライバーにお付き合いするということである。
残念ながら致仕方がない。
女性と急ぎたがるトラック、地方道の二大悪といえるだろう。

posted by なすび at 12:38| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

知らん顔

暑さが過ぎ、やっと過ごし易くなった。
車で何度か遠出している。

青い海を見たり、

DSC_1261.jpg

寺社仏閣を訪ねたりしている。

DSC_1325.jpg


その間も様々な事件が起きているが、大筋は変わっていない。
核を持っている国が持っていない国を恐喝して金を毟っているだけ。
日本やドイツのように豊かな国は毟られても何とかなるが、中東やアフリカは厳しいだろう。

日本はもっと強気に出ればいいと思うが、国民の総意は私とは異なるのだろう。
頭を下げてみたり、金を出してみたり、自国民を騙してみたり、のらりくらりとしている。
実際にそれで何とかなっているから、それはそれで間違いではないのだろうが、私の趣味には合わない。
もう勝手にやってろという気分である。

黒猫のように知らん顔しているのが精神衛生上最良だ。

DSC_1317.jpg

posted by なすび at 15:43| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

都知事選について

東京都知事は早々に小池に当確が出たようだ。
後半、鳥越が失速してからは「ほぼ決まり」だったので当然の結果である。

知名度、後援、メディアの報道姿勢からすれば、当選者は最初から小池、鳥越、増田の3人に絞られていた。
小池は韓国学校、外国人参政権などにはっきりと反対を述べたので、3人の中では最も保守に受けがよかった。
一番好まれるのは桜井誠だろうが、「当選の目がなさ過ぎる」という理由で小池を応援するネット保守メディアもあった。

しかし、それはネットの世界であり、多数の有権者の判断は以下のような感じだろう。
鳥越は政治家の資質を疑われ、女性スキャンダルによって自爆した。
増田は知名度が弱く、彼を応援する東京都連への不信感もあって最初から勝てない感じだった。
比較的傷が少なく、女性、自民党の応援がないチャレンジという要素が受けた小池が勝った。

さて、小池知事になるわけだが、もちろん問題はある。
彼女は「政界渡り鳥」と言われ、親分をころころと変えてきた人だから、まあ金と権力志向の典型的な政治家である。
当然、政治資金に問題があり、「金銭スキャンダル」に見舞われるだろう。
文春をはじめ各誌ネタは収集済みだと思われる。
猪瀬、舛添に続き3連続の金銭スキャンダル辞任がありそうだ。

問題はいつ炸裂するかであるが、私が週刊誌編集長なら当面は避ける。
たとえ事実であり、前任2者よりも問題が大きくても、3回続けて間違った選択をしたと認めることを都民が嫌がるからである。
有権者の自己正当化により、せっかくの砲弾が炸裂しない。
炸裂するには1年程度の冷却期間が必要だ。
だから、小池は1年のうちに都民の心を掴む必要がある。
それが被弾しない唯一の方法だろう。

posted by なすび at 21:40| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする