2017年01月06日

日韓政府の「騙し」でないことを願う

釜山の慰安婦像設置に対抗して、日本政府が駐韓大使の一時帰国を表明した。
併せて通貨スワップの協議中断も表明した。

日本が大使を召還するなど聞いたことがない。
ようやく普通の国並みの政策が取れるようになったかと喜んだ。
きっとオバマからトランプに米政権が変わったお陰だな。

しかし、よく考えると変だ。
ソウル大使館前の慰安婦像は問題ないのか。
一昨年末の日韓合意以降も各地に慰安婦像は設置されているが、それはどうなのか。

もしかしたら日本政府、釜山の慰安婦像を撤去する代わりに通貨スワップを再開するつもりではないか。
既に韓国政府と話がついているのではないか。
だとしたら、これほど日本国民を馬鹿にした話はない。

政治家・官僚は中韓と癒着して、国費を中抜きするのが常である。
もはやストレートに中韓を援助すれば国民が怒る時代だから、「騙し」の策で目くらましするつもりではないか。

「鉄は熱いうちに打て」ということで、さっそく官邸にメールを送った。

 釜山慰安婦像を撤去すればスワップ再開ということはないですよね。
 国民は出来レースは受け付けませんよ。
 国民を騙す手段に利用すれば、手痛いしっぺ返しを受けます。
 それだけは警告しておきます。

私の悪い予感が当たるかどうかは一か月もすれば分かるだろう。


【追記】
 日本が「騙し」でなく本気で行ったとしたら、私はここ何十年かの大ニュースだと思っている。
 敗戦後、日本は(世界有数の大国にも関わらず)外国に遠慮し続けてきたからである。
 日本が他国にはっきりと条件を突きつけたなど聞いたことがない。
 その割にはニュースの扱いは小さいし、日本政府にも眦を決した様子がない。
 だから「結局バーターか」と思った次第である。

posted by なすび at 20:31| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

年末雑感

28日、道の駅に行ったら買い物客でいっぱいだった。
今どき正月に閉まるスーパーはないから買い溜めする必要はない。
特別な正月料理など作るのだろうか。

30日、ガソリンスタンドに行ったら洗車機待ちの車が行列していた。
きれいな車で正月を迎えたい気持ちは理解できるが、そこまで待たなければいけないものか。

とはいえ、リタイアした私も年末はそれなりに忙しかった。
一週間前に洗車もしたし、酒、たばこ、乾電池、ガソリン、灯油・・・何となく正月に切らしたくなかったので、すべて補充した。
スーパーもガソリンスタンドも正月休みはないから、単に気のモンである。

サラリーマン時代も年末はそれなりに忙しかった。
私にも、他の人にも「できれば今年のうちに片づけておきたい」という心理が働いたからだろう。
そう考える日本人が多いから、師走は何かと忙しい。

そういう何気ない気持ちも多数集まると大変な力になる。
景気がその典型だろう。
みんなが将来に明るい展望を持てば、モノは売れて、景気はよくなる。
失業は減って、給料は上がり、社会も明るく活気がでてくる・・・素晴らしい限りだ。

今年は欧米で「移民や偽善は懲り懲り」という気が動いた。
来年も引き続くだろう。

欧米で起こったことは日本にも起こる。
来年は日本も「在日や報道しない自由は懲り懲り」で行きたいものだ。

posted by なすび at 15:28| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

地方の問題

地方に優秀な人は少ない。
有望な職場や大学が少ないから、有能な人間はみな都会に流れるからだ。
残念だが、構造上、仕方がない。

地方で最も優秀なのは医者である。
大体、地元国立大の医学部出身だ。
地方といえども医学部だから、理工学部でいえば旧帝大以上のレベルということになる。

次は公務員だろう。
大体、近県国立大の文系出身だ。
このクラスになると必ずしも優秀というわけでもない。
標準よりはちょっと上というレベルだろう。

これがほぼ全てである。
役所であれ、銀行であれ、会社であれ、私が日常接する人は、みなこのクラス以下だと思って間違いない。

私も単純に「勉強ができる=賢い」とは思わないが、物事の理解力や事務処理能力は学力に比例する場合が多い。
だから、彼らと接していてため息が出ることは多いのである・・・「もっと分かれよ」「さっさとやれよ」。

もし私が地元のために町おこしか何かをするとしたら、協力を頼む仲間はきっと都会の会社で働いた経験があるUターン組だろう。
そうでなければ新しいものが持ち込めない気がする。
地方の会社ではあまりにも経験できることが少ないと思うからだ。

地方人の悪口を書いたが、都会人が素晴らしいというわけでもない。
都会は人が多いからバカも一杯いる。
しかし、割合としては優秀な人が多い。
繰り返しになるが、地方から優秀な人間が流入するからである。
そして問題の原点は「地方に有望な職場がない」ということだ。

posted by なすび at 14:14| Comment(2) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

沖縄の基地問題は分かり易い

沖縄の基地問題は分かり難い。
いや、本当は分かり易いのだが、メディアが目くらましの報道しかしないので分かり難くなっている。

基地があるのは危険だからない方がいいのは分かるが、逆に侵略を受けやすい地域だから基地があるともいえる。
また、基地の需要や雇用がないと沖縄の経済は成り立たない。
当然、基地がなくなれば国からの補助金もなくなる。
沖縄県民がどうやって食べていくのか心配になる。

普通に考えれば「基地はいらない」という沖縄県民はいないだろう。

今話題になっている普天間から辺野古への移転問題だが、これもいいことの方が多い。
基地が人の多い街中から海辺に移るからである。
これで住民の危険や騒音は減るだろう。

普通に考えれば「移転反対」という沖縄県民はいないだろう。

こう考えると「基地反対」「移転反対」している沖縄県民はいないことになる。
本州から行っている左翼や中韓の回し者(要は反日)が運動の中心であるというのも理解できる。
あえて反対している沖縄県民を探すとすると普天間基地の土地持ちだろう。
随分と高い値段で貸しているという。
一生遊んで暮らせる身から転落すれば私でも反対運動する。

あと、政府に反対して補助金を吊り上げようとしている勢力もいる。
沖縄の政界財界が中心だろうが、県民も間接的に手を貸していなくもない。
一住民にも補助金の恩恵があるからだ。

基地がないと困るが素直に賛成すると補助金は下がる・・・このネジレが基地問題を分かり難くしているのだろう。

posted by なすび at 17:06| Comment(6) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

女性ドライバーについて

地方は女性ドライバーが多い。
そして年齢層が高い。
驚くような婆様が運転していて大丈夫かと思う。

女性ドライバーは総じて車の運転が下手だ。
交通の自然な流れを堰き止めているのは、いつも女性ドライバーだ。
こんな下手糞な人が事故を起こさないはずはない。

最近、高齢者の事故が話題に上がっているが、私は女性の方が問題だと思っている。
ネットをググっても男女別の事故率情報が明確に挙がってこない。
男女平等の観点から掲載を自粛しているのだろうか。

自分が運転が苦手なことは女性も先刻承知だろう。
しかし、他に交通の手段がない地方では、嫌でも運転せざるを得ない。
可哀相でもある。

知人のおばさんは大田舎の実家に車で帰らないという。
チンタラ走っていると後ろから他の車にせっつかれるからである。
確かに信号のない快適な田舎道を遅い車に塞がれたら私も腹が立つ。

地方で車に乗るとは女性ドライバーにお付き合いするということである。
残念ながら致仕方がない。
女性と急ぎたがるトラック、地方道の二大悪といえるだろう。

posted by なすび at 12:38| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする