2017年11月21日

私の普段着

着る物にこだわりはない。
楽で着心地がよく洗濯も簡単なものがいい。

ということで、普段着はユニクロである。
濃いグレーのフリースジャケット、薄いグレーのトレーナー、紺のスエットパンツが定番である。
それぞれ同色で3パターン持っている。
だから、いつも同じもの着ているようだが、ちゃんと着替えている。

08_400337.jpg03_180715.jpg69_400341.jpg

部屋にいるときも、外に出るときも変わらない。
買い物は車で行くからである。
観光や銀行など多少改まるときはスエットパンツからコットンパンツに変える。

寒くなるとスエットパンツの下にパッチを履く。
寝るときはフリースジャケットを脱ぐだけである。
朝起きると、またジャケットを着る。

24時間同じ格好である。
まったく問題ない。
どこかの地方でこういう服装のオジサンを見たら私である確率は高い(笑)。

posted by なすび at 15:30| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

退屈が嫌いではない

バチバチと強い雨音がするから何かと思ったら雹であった。
昨日のことである。
珍しいから写真を撮ってみた。

DSC_1793.jpg

桜が咲こうかという季節だが、この時期は天候が不順だ。
体調を崩しやすい。

私も何となく風邪気味で家に引きこもり状態である。
出るのは一日一回、車で買い物に行くだけ。
あとはビールを飲みながらネットをして、気が向けば庭で草取りをする。

誰かに退屈しないのかと言われそうである。
確かに退屈といえば退屈だが私は退屈が嫌いではないと答えそうだ。
そんなことを考えていると、陽が傾き、晩飯を食べ、寝ることになって一日が終わる。
困ったものである。

posted by なすび at 12:34| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

借りたい本は少ない

月に2〜3回、図書館に行く。
暇つぶしである。
せっかく図書館に来たのだから、何冊か借りたいと思う。

小さな図書館ではない。
それなりに図書は充実している。

が、借りたい本は少ない。
結局いつも借りるのは「食」に関する本だ。
これが今の私の興味の対象なんだろう。

これ以外に見るのは地元の図書コーナー。
目的は「地元観光」情報の収集である。
しかし、既に借り尽くしたので、新しい情報はない。

「古代日本史」コーナーもチェックする。
いわゆる倭の時代である。
日本と中国、朝鮮半島との関りに関心があるからだ。
戦後史観に基づいたものではなく、最新の遺伝子学や考古学に基づいた本を求めている。
これがなかなかないのである。

「国際政治」コーナーも覗く。
ネットで視聴しているコメンテーターの本が中心である。
本の情報は数年古いから、結局、ネットで直接聞いたほうがいいという結論になる。

要は、「食」「地元観光」「古代日本史」「現在の国際政治」が私の関心事であり、このブログに書いている内容でもある。

posted by なすび at 19:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

私の住んでいる場所

私は地方都市の郊外に住んでいる。
市の人口は10数万、近くに大都市はない。

市の中心部(駅前)まで4キロ(クロスバイクで20分)。
徒歩5分以内に大型スーパー、バス停、地銀がある。
2キロ以内には飲食店、飲食チェーン店、ホカベン、病院があるから、自転車だけで生活は成り立つ。

しかし、行楽地へ行くには車が必要だ。
ニトリやホームセンターで買い物するにも車は必要。
だから、コンパクトカーを所有している。

自宅は住宅地の中にあるが、意外と人付き合いはない。
隣家のおじさんと庭の塀越しに話をする程度である。
母は数人の友人があるようだが、好んで付き合っているだけで無理はしていない。
よく「田舎は近所付き合いが煩わしい」という話を聞くが、よほど大田舎なのだろう。
私の近所ではマンション程ではないが、都会の住宅地並みにはクールである。

工場誘致に成功したせいか、人口はそれほど減っていない。
田んぼを潰して新築の住宅地もできている。
一方で、一人暮らしの老人も多く、空き家や空き地も目立つ。
工場があるからだろう、中国人の若い女性が数人、自転車に乗って行動している姿を目にする。

土地は安いが売れない。
私が相続した20年前の半額以下だろうか、地価は下がり続けている。
私は自宅の不動産を自分の資産の対象から外している。

やはり地方だから都市部に比べ空気はきれいだ。
しかし、近年、家の前の道に車が増えて、必ずしも環境がいいとは言えない。
一方で、郊外の道は車が少なくドライブは快適である。
行楽地に行っても駐車場は無料だ(行楽地自体も無料の場所が多い)。
車を運転していると、このままどこにでも行けそうな気がしてくる。
運転が嫌いでなければ楽しい場所だ。

外食は都市部に劣る。
値段もそれほど安くはない。
スーパーは品も価格も都市部と大差はない。
道の駅に行けば、魚や野菜は安くて新鮮。
デパートや専門店は少ないから高級品、特殊な品は手に入り難い。
ネットで買うしかないが、私は今のところ必要としていない。

思いつくままに書いた。
地方都市(中田舎)への移住を考えている人の参考になれば幸いである。

posted by なすび at 22:54| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

とりとめのない話

相変わらず地元観光を続けている。
他にしたいことがないのだからしかたがない。

最近は雨が降ったり、暑かったりで、移動はもっぱら車である。
3000キロ以上走っているのでデミオにも随分と馴染んできた。
コンパクトカーは小回りが利いて、燃費もいいので便利だ。

地方平日の観光地は人が少ない。
それがいい。
有名な観光スポットには案内のおじさん、おばさんがいる。
リタイアしたボランティアだろう。
彼らも暇だから同じく暇な私に付き合ってくれる。

私は歴史好きで、下調べもするタイプなので、彼らの表面的な説明では満足できない。
つい突っ込んだ話題を振って彼らを困らせている。

地方といえども観光地はきれいに整備され、無料ガイドまでいる。
無料で見せてくれる場所も多い。
日本は余裕のある国だ。

私はボランティアをするほど人間好きでも勤勉でもない。
退屈すれば家で酒でも飲んでいるだろう。

しかし、私のような人間ばかりでは詰まらないので、ボランティアをする人も必要だ。
世の中、私の邪魔にならない限り、いろいろな人がいた方がいい。

何だかとりとめのない話になった。
私の生活がとりとめがないのでしかたがないだろう。

posted by なすび at 17:41| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする