2015年08月30日

モテなくてよかった

私は最近モテたいと思ったことがない。
タダでチヤホヤしてくれる人などこの世にいないからである。

私が若い娘であれば私の肉体が目的であり、将来のある若者であれば結婚が目的だ。
中高年であれば・・・金か、権力か、家事労働力だろう。

チヤホヤして貰おうとすれば、相手が求めるものを実際に支払うか、将来支払うという空約束(嘘)をする必要がある。
タダでチヤホヤを受け取ると、そのうち愛想をつかされるか、刺されるかのどちらかである。
歳を取って経験を重ねれば、そんなことは自明だろう。

私は虚栄のために金を払う趣味はないし、嘘をつくのも嫌だ。
愛想をつかされるのも物悲しいし、刺されるのは単純に困る。
だから、モテたくはないのである。

私も昔はモテたいと願っていたが、いま考えると恐ろしいことだ。
そのときの私は支払いなどをする気は毛頭なかったからである。

結論は「モテなくてよかった」ということになる。


【追記】
街で稀にドキッとするような美少女を見ることがある。
こういう与えるものが多い人は余程人を見る目がない限り、そのうち辛い経験をすることになるだろう。
何だか切なくて、思わず目を逸らすのである。

posted by なすび at 16:11| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

pha氏について

ネットにpha氏の記事があった。
新著が出るから、その宣伝記事だろう。

このpha氏、不思議な人である。
友人と共同生活をしたり、ネットで食事をおごってくれる人を募ったりするくらいだから、社交が不得手な人ではないだろう。
学歴もいいから、普通に大企業でやっていけそうな感じである。
(就職はしたが、数年で辞めているようだ。)

インタビュー記事や動画を見たが、基本的に世俗欲が薄い感じである。
出世して、いっぱい稼いで、家族を養うという気がない。
金に関しても、自分一人が生きていけるだけで十分という感じだ。
世俗欲の強い弱いはあるが、ここまで薄い感じの人は珍しい。
かなり特殊な人だろう。

挫折する人というのは、世俗欲をある程度持ちながら、能力(社交性・ストレス耐性・学歴・実力)を持ち合わせていない場合が大半である。
そういう人がpha氏を参考にできるかといえば、大いに疑問だ。
彼らとは真逆な人だと思うからだ。

人は欲があり、その欲に現実がついてこないから苦しむ。
これはしかたがないことだろう。
せめて外部から押し付けられた世俗欲ではなく、自身が真に求める欲を追求したいと願う人もいる。
「本当の自分」の追求である。

こういう試みが成功するかは疑問であるが、そういう願いを持つ人が読む本としてはいいのかもしれない。

posted by なすび at 10:55| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

大人になって知った人生の真理

大人になって知った人生の真理10」というランキングがあった。

 1位 人生は「努力」と同じくらい「運」に左右される 198pt
 2位 結局、家柄の良いヤツには敵わない。スタート地点が違いすぎる 147pt
 3位 仕事をするうえで「体力」はかなり大事 146pt
 4位 「努力が報われる」とは限らない(が、努力しないと報われない) 144pt
 5位 30歳になっても40歳になっても、中身はけっこうガキのまま 121pt
 6位 マジメにやるとたいていバカをみる 79pt
 7位 「こうなりたい」と思い続けていると、意外と近づいていく 59pt
 8位 結局、女は金のあるヤツを選ぶ。ルックスなんて大して意味はない 57pt
 9位 大人になると友だちができない(作りにくい) 56pt
 10位 努力しても「地アタマの良いヤツ」には(たいてい)敵わない 53pt

ある程度の年齢の方なら、どれも皆納得だろう。

私が最も得心したのが「『こうなりたい』と思い続けていると、意外と近づいていく」だ。
自身実感したことが何度かある。
心の力とは大したものだ。

アリリタはもう実現間近だから、他に「こうなりたい」ものはあるかと言えば・・・ない。
旨いものを喰ってのんびり暮せれば十分である。
これも実現するだろう。

posted by なすび at 11:55| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

あたり前のこと

加藤茶、やしきたかじんの妻が怪しいようだ。
有名芸能人でなくても金持ちの中高年に嫁ぐ若い女が金目当てなのは当然である。

そんなミエミエのことが平然とできる女は相当にたちが悪い。
夫の死後、周囲が振り回されるのも当然である。

常識で考えれば誰でも分かることだ。
分からないのは色ボケした夫だけである。
若い頃は相当遊んで、経験も積んできたはずなのに・・・滑稽なことだ。

稀には美談や幸運とされることも起こるのだろう。
しかし、それは本当に稀である。
自分の身にはまず起こらないと考えるべきだ。

不幸が続いたり、過大なプライドを維持しようとすると起こりえない僥倖を望むようになる。
そして宗教にハマったり、詐欺にかかったりするのだろう。
なけなしの金を貢ぎ、親族からは疎まれる。

要はあたり前のことをあたり前に受け入れるということだろう。
そうすれば、それ以上の不幸を背負い込まなくて済む。

posted by なすび at 17:12| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

理想的な関係

ブログ村を見ても注目記事の大半は女性ブロガーである。
読者も恐らく女性だろう。
TV同様、ブログも女性上位のようだ。

男の私から見ると、女性ブログはあまり面白くない。
人の話、物の話のオンパレードだ。
人がくっついた離れたなんて生々しくて嫌だし、物も買い過ぎだろうと心配になってしまう。
そう思うのは私だけで、女性同士、楽しく、興味深く読み合っているのだろう。
性差による嗜好の違いは思いのほか大きい。

男性は具体的な人や物よりも抽象的な仕組みの方に興味が向く気がする。
定年後のお父さんが改めて妻と向き合ったとき、愕然とするのは当然だろう。
嗜好が違い過ぎる。
共通の目標(性・子供)もなくなれば、溝は埋めがたいだろう。
どうやって話を合わせているのか不思議だ。

リタイア後の仲間は同年輩の同性がいい。
近所にいて週に1、2度訪問し合う関係がいい。
庭先で缶ビールでも飲みながら、ちょっと話して帰る。
たまには一緒に温泉に行き、旨いものを飲み食いする。
そんな関係が理想だ。

posted by なすび at 16:51| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする