2018年05月29日

勝間和代の同性愛

同性愛は異性愛の変種であり、男役と女役があることに変わりはない。
勝間和代(49)がレズをカミングアウトしたようだが、下世話な私が最も関心を持ったのは、どちらが男役でどちらが女役だろうということであった。

勝間のお相手は40歳の会社経営者。
写真を見る限り、ごく普通の知的美人である。

ところがこのお相手、前歴があり、元タカラジェンヌの男役と交際していた(現在はパートナーシップ解消)。
勝間も「思春期ごろから女の子を好きになる感覚があった」と言っているようだから、勝間が男役でお相手が女役と考えてよかろう。

私的にはこの時点でほぼ納得し、問題解決した気分だが、もう少し考えてみよう。

このお相手が経営している会社はLGBTのコンサル会社である。
企業や団体にLGBTの研修など行うのだろう。

この人にとっては、有名人をパートナーにし、話題になれば自身の会社の利益に繋がる。
元タカラジェンヌとはディズニーシーで結婚式を挙げ話題になった。
勝間はブログでカミングアウトしたようだが、元タカラジェンヌ以上に有名人である。

勝間も元タカラジェンヌもこの人にカミングアウトさせられた感はあるな。
リスクは常に有名人側にある。
正直、このお相手に利用されている感じは拭えない。

男になりたい女はいるだろうが、女を相手に女役を演じてくれる女は少ないだろう。
本当に希少な存在である。
勝間としても彼女の言うこと聞かざるを得なかったのだろうか。

可哀相なのは勝間の3人の子供・・・これが、私の結論だ。

posted by なすび at 00:09| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

人間関係の極意

人間関係の極意は簡単である。

 善くしてくれる人には、善く返し
 普通の人には、普通に返し
 悪くしてくる人には、悪く返す

こうすれば、私にとって善い人がやってきて、悪い人は去ってゆく。
誠に有難い限りである。

日本もそうすればいいのに。
台湾なんかは善くしてあげたいし、欧米などの先進諸国とはそれなりに付き合いたい。
中国や朝鮮半島には酷く対応し、日本から遠ざけたいものだ。

posted by なすび at 23:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

裏の顔が透けて見える

実家に帰ってから県内のブログをよく見ている。
観光、イベント、ランチの情報が欲しいからである。

その中に県内のマイナーな歴史観光地を紹介しているブログがある。
メジャーな観光地情報は山ほどあるので、マイナーな場所を教えてくれるのは助かる。

しかし、この人ときどきブッ込んで来るのである。
何を・・・もちろん左翼プロパガンダをである(笑)。

反テロ法、反原発、反安倍という典型的な左翼思想である。
この人、日教組上りの元歴史教師ではないかと私は推測している。

しかし、地元の歴史が好きな人で左翼は珍しい。
結局、保守というのは自分、家族、友人、地域の延長で国家を贔屓にしているからだ。
だから、自県を愛する人は自国を愛する。
反対に、左翼は無国籍的な考えをする人が多いものである。

きっと、この人は自分の中で分裂があり、それに気づいていないのだろう。
教員を職業とする中で日教組の反日に染まり、そういう人間関係もまだ残っている。
しかし、自身の本音はどう考えても反日でない。
それがブログに表れている。

私の推察が事実だとすれば、ブログというのは本人が伝えたい表の顔以外に、裏の顔も透けて見えるから楽しいね。

posted by なすび at 12:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

馬鹿について

馬鹿の特徴は自分が馬鹿であることに気づいていないことだ。
困ったものである。

逆にいえば、賢い人は自分の程度が分かっている。
Aさんよりは賢いが、Bさんよりは馬鹿だ。
総じて自分の頭は世の平均以上はあるだろう・・・などという思考ができる人だ。
こういう人はそれほど多くない。

自分がよく知っている分野で、分かり切った話を延々とされて困惑した人は少なくないだろう。
話している相手は私の実績やキャリアを知っているはずなのに・・・。
真面目で不遜な人ではないはずなのに・・・。
何かが欠落しているのだろう。

賢い人はこういう時、「釈迦に説法ですが」と前置きをしながら話を進め、相手の程度を見極めようとする。
相手の程度が分かれば失礼な対応をしなくて済む。
その人を支援するにしても騙すにしても程度が分かったほうが便利である。

しばらく会話をして、自分と相手の距離(程度の違い)を把握できない人は馬鹿である。
馬鹿が言い過ぎであれば、賢くない。

昨日は馬鹿と話して嫌気がさした。
そのストレスを発散したいがための記事である。

posted by なすび at 12:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

成功について

成功は世俗的である。
出世であり、金であり、魅力的な異性であり、人気である。

人は誰しも成功を望むと思いがちだが、実際はそうでもない。
成功が目の前に止まっているのに、手を伸ばさなかったり、自ら遠のいたりした経験がある人は多いだろう。
理性では成功を求めながら本心では成功を拒否している場合はある。

実際に成功はいいことばかりではない。
いい評判を維持するには自制し続ける必要もあるし、それに囚われて窮屈なことも多い。
有名人にはなりたいが、なってしまえば無名人の自由や気楽さはなくなるのである。

私は若い頃、成功の欠点には思い至らなかった。
若者はとにかく理性で解決できると思うから、成功を拒否する自分を不甲斐なく情けなく思ったものだ。
本心は成功を重苦しく受け止めていたから、それほど乗り気ではなかったのだろう。
結局、それで正解だったということだ。

posted by なすび at 20:36| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする