2021年03月09日

建前と現実が違い過ぎる

夫に先立たれた女性が生活力のない息子を養っている。
可哀相なことだ・・・わずかな収入から35万くらい税額控除してあげても、文句を言う人は誰もいないだろう。
これを最近は「ひとり親控除」と言うらしい。

母は89歳、長年公務員をしていたから結構な年金がある。
私は60歳、これも長年上場企業に勤務してきたから、そこそこの貯蓄がある。
私は無職で母の扶養に入っている。

母は健気に「ひとり親」をやってくれている建前だが、実際は、恵まれた年金に加え、十分な税控除も得ている。
もちろん、勤労もせず、日々好きなアイスクリームばかり喰っている。

私は母の年金のお零れで生活し、取り崩す予定の貯蓄をまったく取り崩していない。
もちろん、勤労もせず、日々好きなビールばかり飲んでいる。

建前と現実が違い過ぎる。
申し訳ないような、当然の権利のような・・・w

posted by なすび at 12:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

私と母の税金バランス

母は40年間、地方公務員をやっていたから、そこそこの年金がある。
私は税法上、母の扶養に入っている。
母は一人扶養者がいることで、税はかなり免除されている。

私には株の配当と個人向け国債の金利収入がある。
これらの税は源泉徴収されていて、確定申告しない限り、私は無収入扱いだ。
が、実際は確定申告して源泉分の約2割の税金を取り戻している。

ここで、微妙なバランスがある。
私の配当・金利収入が38万を超えると、市町村税上、母の扶養に入れない。
母は市町村税の免除が受けられなくなる(たぶん、国保も上がる)。

私の配当・金利収入は例年30万弱だから、配当も得られ、扶養にも入れる。
しかし、景気がよくて配当が多い年は38万を超えてしまう。
私は8万程度の還付を得られるが、母は扶養者を失い、その倍の金額の市町村税が追加で課せられる。

私が8万得た方がいいのか、母が16万失わない方がいいのか。
家としては、当然後者だろう。
もちろん、私もそう思い、そうするつもりだ。

結論・・・私の配当・金利収入が38万を超えたとき、私は確定申告しない(無収入扱い)。
もっとも、あと4年後には、私は年金の一部が貰えるから、どうあがいても無収入扱いにはできないけどw

posted by なすび at 20:24| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

お金を語る資格はない

リタイア村のブログを読んでいると、みんなが気になるのは「やっぱり、お金」のことなんだろうな。

正直なところ、私にはリタイア村でお金を語る資格はない。
55まで大手企業に勤めていたし、独身だから、それなりに蓄えや年金があって当然である。
実家も相続しているし、そこそこ年金のある母と同居している。
30代、40代でリタイアしたい人に語るべきことは何もないのである。

言えることはひとつくらいで、「リタイアして暇になっても、金の使い方は変わらない」ということくらいか。

リタイア前に金遣いが荒かった人はリタイアしても荒いまま。
逆もしかり。
時間ができたからといって、特に金遣いが変わるわけではない。

私はリタイア前に趣味のお金(暇になったら使うお金)をそれなりに準備した。
しかし、暇になったからと言って、特段趣味は増えない。
金遣いも変わらないから、準備した金はほとんど手つかずである。
単に「老後の安心料」になっているのが現状だ。

posted by なすび at 14:05| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

70歳支給・3割減額

わざわざ政府が予告するまでもなく、年金の改悪は必至である。
20年後には団塊ジュニアがリタイアして、年金を支える労働者が激減するからである。

40代以下の人は「70歳支給、額面から3割減額」くらいは想定しておいた方がいい。
もちろん、20年後には80近くなる私も「3割減額」は覚悟している。

一方で、寿命は延びそうである。
年金の少ない老後が長く続くことになる。

当たり前のことで恐縮だが、これからリタイアする人は余裕のある資金計画を立てるべきだ。
金のない老後は金のない中高年よりはるかにツライ。

posted by なすび at 12:09| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

ネットで稼ぐ方法

イケダハヤトがやっているYouTube動画を見た。
落ち着いた口調で要領よく話すのは意外だった。
人気ブロガーというのは要点整理が得意なのだろう。

社会問題を扱った話はイマイチだ。
やはり人生経験、社会経験が浅いので、表面的かつ浅薄な印象がある。
しかし、お得意のネットビジネスに関しては納得するような内容が多かったので紹介する。

ブログで稼げない5つの理由
https://www.youtube.com/watch?v=cLinT_Vj0ME&t=368s
 稼ぐためのブログは自分が書きたいことを書く場ではない。
 アクセスや単価の高いアフィリエイトが付く分野で勝負すること。
 具体的には、資産運用、転職、美容、脱毛、育児、不動産など。
 田舎暮らしや地方グルメはダメらしい。
 たぶんセミリタイアも駄目だろう(笑)。
 集客もイマイチだし、単価の高いアフィリエイトが付くとは思えない。
 稼げる分野で稼ぎ、セミリタイアブログは趣味でやるのが一番だろう。

ブログがオワコンである5つの理由
https://www.youtube.com/watch?v=o12W37f-qQA
 これからはYouTube動画だよね・・・という話。
 これは当然。
 みんな本よりテレビや映画を好むからである。
 私のように流行に疎い中高年でさえ、いまやブログよりYouTubeを見ることが多い。
 若い人はなおさらだろう。

要は、ネットで稼ぐにはYouTubeで上記分野の動画を配信するのがいいということだ。
平凡な結論だが、たぶん間違いない。


posted by なすび at 23:17| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする