2015年12月09日

VW社の不正が示していること

VW(フォルクスワーゲン)社の不正は随分と話題になった。
日本では「あの技術力のある真面目なドイツが」的な驚きが大きかったような気がする。

日本人には欧米信仰がまだ残っているからこんな印象になるのだが、実際は「製造において日本が世界を凌駕している」ということを示しているのだろう。
大衆商品で最も技術力が求められるのが自動車である。
そこで世界を二分しているのが日独なのだが、もうドイツは不正をしなければ日本に勝てない状況になっているということだろう。
他の製品は推して知るべしという感じである。

これは工業製品だけの話ではない。
外食や農作物でも日本は強い。

私自身欧米の商品で欲しいものはあるだろうか。
工業製品ではタブレットPC(米)、高級衣料(英)、食品では一部の嗜好品くらいしか思いつかない。
ほぼすべての製品において日本製が最も高品質で安心なのである。

習近平がバッキンガムでもてなされたのも、IMFのSDRになったのも、これが大本だと思う。
まっとうな自由競争では欧米は売れるものがない(日本製に負ける)。
よって13億人の人民が政府に統制されている中国が最も二流製品を売りやすい市場なのだ。
まだ貧しくて、物が欲しい人がたくさんいて、政府のコネがあり、欧米という古いブランドでも有難がってくれる国・・・それが中国なのだろう。
乱暴で、下品で、非人道的で嫌いな国ではあるが、自国の二流製品を買ってくれるいいお客さんだからある程度持ち上げようという感じだろう。
使えるうちは使おうということだろう。

とはいえ、日本も儲けすぎるといじめられるから、適当に儲け、適当に吐き出せ(援助)ばよい。
日本はすでに十分豊かな国である。
せいぜい10年前より豊かで、より自由な国にしていくのが今後目指すところだろう。

posted by なすび at 21:48| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

シリアに関する私の理解

中東シリアには三つの勢力がある。
アサド政権、反政府勢力、イスラム国である。
アサド大統領はシリア国民の多数が支持している正規政権である。
反政府勢力は外国人も混じっており、アサドと敵対している。
イスラム国は・・・よく分からないが、状況次第でアサドと敵対したり、協力したりしているようだ。

アメリカはイスラム国を叩くという名目でシリアを空爆している。
しかし、本当は反政府軍を支持し、アサド軍を叩いているらしい(はっきりしない)。
目的は産油国のシリアを混乱させ、石油利権を握ることらしい(はっきりしない)。
中東でアメリカが行ういつものパターンではある。
アメリカの空爆はアサド政権の依頼も、国連の承認も受けていないから、勝手に他国を侵略していることになる。

ロシアもイスラム国を叩くという名目で空爆を開始した。
しかし、本当は反政府軍を叩いているらしい(はっきりしない)。
目的はアサドに恩を売って、石油利権を握ることらしい(はっきりしない)。
ロシアの空爆はアサド政権の依頼を受けているので、一応正当性はある。

さて、今回テロにあったフランスは・・・おそらくアメリカパターンだったと思われる。
シリアはフランスの旧植民地だったから、何らかの利権を維持したいと思っても不思議ではない。
しかし、このテロでスタンスは変わったと思われる。
利権より、まず復讐である。

ということで、裏の狙いはさておき、当面は各国、真面目にイスラム国を叩くだろう。
そのあとは、どうなるかわからない。

以上が、私のシリアに関する理解だが、不明な点があれば、ぜひご教授願いたい。

posted by なすび at 23:22| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

フランスのテロについて

フランスでイスラム系によるテロがあったようだ。
100人以上の死者を出している。

最近フランスでテロの話をよく聞く。
ISの主要ターゲットになっているのだろう。

フランスは現在ISの空爆を行なっているだけでなく、過去は中東・北アフリカに植民地を持っていた。
過去の支配は過酷なものだったろうし、利権は現在も継続しているだろう。
英米仏は伝統的にイスラム圏の人に憎まれているのだ。

現在のフランスはイスラム系の国民が多いようだ。
彼らに対する扱いも、いまひとつ寛大でないようである。
この辺が、イギリスに比べフランスでテロが起きやすい理由かもしれない。

私はテロに組するものではないが、「自業自得」という感は否めない。
白人は自分たちの利益のために他人種の国に攻め込み、過酷な支配を続けた。
戦勝国の英米仏は現在も基本姿勢を変えていないだろう。
ある意味「憎まれて当然」である。

しかし、白人は好戦的で、狡賢い。
まともな戦争では彼らに勝つことは難しい。
日本もやられた口だ。

このまま永久に白人支配が続くかと思われるが、近年彼の国では非白人が増えているようである。
そのうち非白人の方が多くなるかもしれない。
そうなれば、攻撃性も下がり、少しは穏やかになるかもしれない。
ヨーロッパに行っても色の黒い人ばかりであれば何だかがっかりではあるが、世界が平和になるのであれば、それはそれで結構である。

posted by なすび at 11:20| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

世界株式会社

世界をひとつの会社としてみるならば、社長はアメリカということになる。
G7プラス中露が役員クラスだろう。

アメリカは最盛期は過ぎたとはいえ、金や腕力、狡賢さはナンバーワンである。
だから、他のどの国も露骨にアメリカに逆らうことはしない。
ときに付き合いを断ったり、裏で陰口を言うのがせいぜいである。

日本は金はあるが、腕力はアメリカに頼っている。
狡賢さとは無縁だから、まったくアメリカに対抗することはできない。
下手に反抗パフォーマンスをするより、上司に従いまくったほうがいい・・・というタイプのサラリーマンだ。

ドイツも日本に近いが、西欧系だからほどほどには狡い。
また、西欧系の役員仲間と釣るんで、アメリカとのバランスを取ろうとしている。

イギリス、フランスもドイツ同様西欧グループの役員だが、国が古いだけあって、狡さは上だ。
経済の弱さを狡さで補っているのだろう。

ロシアが唯一アメリカに対抗しているように見えるが、これはアメリカに匹敵するだけの腕力を持っているからである。
具体的には核兵器の数だ。
一方で、アメリカからは経済面の弱さを突かれている。
資源産業しかないロシアはエネルギー安に誘導されると相当キツイ。
技術国に生まれ変わろうと日本に助けを求めている状況だろう。

中国は金、腕力、狡賢さをそこそこ持っているが、どれをとってもアメリカに対抗できるレベルではない。
だから、反米はポーズだけで、裏ではよしみを通じているのである。
中国の最大の武器は難民爆弾かもしれない。
「共産党を潰せば大量の難民が先進国に押し寄せますよ」と脅す自爆ビジネスだ。

こうみると世界株式会社の役員といえども、そう楽しい日々を送っているわけではない。
常に社長の顔色を伺い、少しでも自分の力を伸ばそうとする。
一方、社長は社長で役員の監視を怠らない。
そうやって会社のバランスが保たれている。

一個人なら金を貯めてさっさとリタイアし、どこかの桃源郷で自由に暮したいと思う人もいるだろう。
しかし、残念ながら国には世界より他に居場所はない。
永久に世界株式会社で切磋琢磨しなければならないのだ。

posted by なすび at 14:31| Comment(6) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

難民について

西欧では難民の流入が問題になっている。
過去にヨーロッパ人が中東地域で行なってきた悪事のツケが回ってきているのだろう。
しかたがないことだ。
人道を名目に、ツケの一部を日本に押し付けないで欲しいと願うだけだ。

中国、韓国の経済が痛んでいる。
中国は経済が破綻すれば、一揆、内戦、国家による虐殺、難民化という流れを辿るだろう。
日本にも大量の難民が押し寄せる。
既に日米で話し合われていると思うが、どう対処するつもりだろう。

中韓の難民はモラルが低く、犯罪率が高いだけでなく、反日活動もする。
私は受け入れ断固反対である。
政府もそんなことは百も承知だが、国際圧力とサヨク勢力に屈する可能性は高い。
在日や帰化人の過去の犯罪歴や給付したコストを示し、日本国民が正しく判断できる下地を作っておくべきだろう。

難民は国毎に固まって住むだろうし、そこはスラム化していくだろう。
そういう場所に近寄らないのは勿論だが、私の近辺に増えてきたら、転居も考えざるを得ない。
まあ、私は独身だし、30年余命があるかどうかの人間だから、ひたすら避け続けるだけである。

若い人や子供がある人は人道などという甘っちょろいことではなく、自分たちに直接降りかかる災難として真剣に考えるべきことだろう。

posted by なすび at 09:22| Comment(8) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする