2017年03月10日

斬首作戦

パククネの罷免が決定した。
彼女が直接の原因というより、韓国経済が悪いからスケープゴートにされたというのが正解だろう。

経済が悪いと国民感情が荒れ、民意が善からぬプロパガンダに引っかかり易くなる。
感情の起伏が激しい韓国民だからなおさらだ。
パククネは悪いターンで大統領クジを引いたのだろう。

日本でもサヨクといえば反日・親中韓だが、韓国も事情が同じで反韓・親中朝らしい。
韓国では次期大統領はサヨクといわれている。
そうなると朝鮮半島全体が北朝鮮の影響下に入ることが問題だ。

日本人は「しかたがない」と思うかもしれないが、アメリカ人はまだ韓国に思い入れがあるようだ。
朝鮮戦争で何万人という米兵を死なせて守った土地だからだ。
むざむざと渡したくないという思いはある・・・と、ケント・ギルバートは言っていた。

どうするのかな?
金正恩の斬首作戦がいっそう現実味を帯びた感じだ。

斬首が成功すれば、北朝鮮から核やミサイルが排除される。
日本にとっても周辺諸国にとっても結構なことだ。
だから、いままでアメリカがしなかったとも言われている。
だが、韓国を献上するくらいなら実行するだろう。

私は最近、毎朝ネットニュースを期待しながら開く。
「金正恩斬首」の文字が躍っていないか。
しかし、私などが期待している間は駄目だ。
多くの人が忘れた頃が狙い目で、そのときは、私も「へ〜え」と驚くことだろう。

posted by なすび at 20:18| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

米中の電話会談

トランプが習近平と電話会談し、「一つの中国」原則を尊重することにしたようである。
う〜ん、残念だ。
私としては米中に徹底抗戦して欲しかったのだが。

日本としてはそうして欲しいが、当事者はそういうわけにもいくまい。
互いに傷つけ合っても得にならない。
いわゆる「ディール」をしたのだろう。
どんな「ディール」をしたのか気になるところだ。

トランプはマスコミに叩かれているが、これが鎮静すれば、マスコミの黒幕は中国または中国で儲けたい勢力ということになる。
今後の動静に注目だ。

可哀相なのは台湾だ。
トランプに「ディール」のネタとして使われたことになる。
蔡英文もその辺は注意して、慎重に行動していたようだ。

当然のことだが、トランプにしろ、安倍さんにしろ、一人のトップが変えられることは限られている。
いろいろなカードをチラつかせながら、結局、現実的なところに納めざるを得ない。

いずれにしても、トランプ政権についてはもう少し観察が必要だ。
「ディール」のためのハッタリなのか、本気なのか、よく分からない。
そんな印象を持った米中の電話会談であった。

posted by なすび at 17:52| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

トランプの反中国

トランプが反中国的な気配である。
どこまで本気かは分からないが、「腰砕け」ということはなさそうだ。

基本は「アメリカのbQ叩き」だろう。
民主党政権が甘やかせ続けたため、中国が肥大化してアメリカに対抗するようになってきた。
共和党政権になって「よし、ここらで叩いておくか」という感じだろう。

叩いたらソ連のように崩壊してしまった・・・というのも楽しい想像だ。
チベット、モンゴル、満州、台湾、香港・・・みな独立するだろう。
日本に難民が押し寄せる?・・・すべて追い返せばいい。
周辺諸国はそうするだろうから、日本だけがしていけないわけがない。
ヨーロッパもグローバリズム(偽善主義)が衰退しているだろうから、それほど非難されない気がする。

ついでに特別永住者制度もなくし、日本から罪を犯した朝鮮人を追い返せばいい。
凶悪犯罪が減り、年金や生活保護費も浮くだろう。
そして、反日活動も減り、マスメディアも多少マシになるだろう。

とはいえ、中国という統制された市場を失うことは欧米も痛手だろう。
だから、「ほどほど叩く」というのが現実だろう。

日本もトランプに便乗して中国や韓国を叩いてやればいい。
随分と煮え湯を飲まされてきたから。
しかし、中国にいる日本人も反撃を食らうだろうから、さっさと帰ってきたほうがいい。

そういえば中国にいた日本人が秘密裏に死刑されたらしい。
7人目ということだ。
私のように軽口な人間は中国に行ってはいけない。
あんな独裁国家では、どのような罪をかぶせられ、処刑されるか分かったものではない。

posted by なすび at 20:27| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

プーチンが日本から奪ったもの

〇遅刻したプーチンが日本(山口)で食べたもの
 【前菜】蟹甲羅盛り、白和え
 【御椀】清汁仕立
 【向付】とらふく刺、ふく手毬寿司、伊勢海老焼き〆洗い、仙崎ぶと烏賊、くえ
 【焼物】のど黒妻焼、長萩和牛のシャトーブリアン
 【箸洗】長門ゆずきちシャーベット
 【揚物】あんこう唐揚、慈姑素揚
 【焚合】大葉百合根 油谷車海老黄味煮
 【留椀】赤味噌仕立
 【香物】千枚蕪漬け、長門赤もく佃煮、水菜
 【飯】長州地鶏の釜飯
 【果物】メロン、苺
 【甘味】和菓子、抹茶

〇北方領土を返さなかったプーチンが日本で呑んだ酒
 【日本酒】東洋美人「壱番纏 純米大吟醸」(山口県萩)
 【スパークリングワイン】安心院エキストラブリュット2014(大分県)
 【白ワイン】登美の丘・甲州2015(山梨県)
 【赤ワイン】ドメイヌ・タケダ・ブラッククィーン古木2013(山形県)
 【ウィスキー】サントリーウィスキー響21年(京都府)
 【ウォッカ】ベルーガ・ノーブル・ウォッカ(ロシア)、奥飛騨ウォッカ(岐阜県)

〇経済援助を獲得したプーチンがさらに日本(大谷山荘の女将)から奪ったもの
 Cz1fW3yUoAACVbW.jpg
 犬好きのプーチンを喜ばせようと、宴会の席に使われた秋田犬の箸置き。
 余程気に入ったようでプーチンにお持ち帰りされた。
 ちなみに、この箸置き(1個850円・税抜き)は女将の私物であった。

posted by なすび at 17:14| Comment(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

韓国はさっさと捨てよう

韓国の混乱は続いている。
パククネの不祥事はきっかけに過ぎない。
とにかく経済が悪く、先もまったく見えないので国民に不満が鬱積しているのだ。

そこに中国、北朝鮮が工作を仕掛けているので、火に油。
熱し易く、過剰に反応する国民性だから、もう手が付けられない。

パククネがいつ退陣するかはしらないが、次の政権は左傾(親北)化すること間違いない。
誰が指揮を執っても経済を立て直すことは無理である。
韓国はますます混乱し、衰退していくだろう。

韓国が親北化し、北に飲み込まれることになったら、37度線でなく対馬が防衛線になる。
だから、嫌だけど韓国を助けようという人もいる。
一見理が通っているようでもある。

でも、私は反対だ。
放蕩息子に金をつぎ込んでも遊び(反日)に使うだけである。
馬鹿は死ななきゃ直らない。

韓国はさっさと捨てて、防衛費を増やし、対馬や尖閣をしっかり守ったほうがいい。
きっとアメリカもそう思っているだろう。

パククネが嫌いだからといって、故人である父親(朴元大統領)の生家に放火するような国民性とは日本人は相いれない。

posted by なすび at 14:19| Comment(10) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする