2013年05月25日

シングル(1)

なぜシングル(独身)なのだろうと考えることがあります。
それなりに機会はあっただろうに・・・結局嫌だったから結婚しなかったのだという結論になるのですが。

学生からサラリーマンになるのも同じような感じで嫌でした。
しかし、会社勤めをしないと食えないので、あっさりとサラリーマンになりました。
やってみたら嫌々ながら何とか続いて30年弱になります。

そう考えると、子供でもできて結婚せざるを得なくなれば、私も結婚してそれなりに続いていたかもしれません。
しかし、食うという第一の課題に比べると、結婚をし、子孫を残すことは私にとってそこまで重要ではありませんでした。

結局、同じ嫌々ながら会社務めはやっても結婚はしなかった一番の理由はそこなのでしょう。
posted by なすび at 17:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

女性とリタイア

私の母は高校卒業後、地元の学校事務職の仕事に就き定年まで勤め上げました。その間、二人の子供を生み、育て、大学に行かせました。定年後は家事と趣味をしながら二十数年、いまも元気で実家にいます。

私がアリリタ後に何をするか、どのように過すか等と考えているとき、彼女のことを思うことがあります。そして母がリタイヤするとき、このようなことは決して考えなかっただろうと想像します。
リタイヤ後も家事やご近所付合いというルーティンワークはあるし、そもそも仕事にやりがいや生きがいといった自己実現の気持ちを持ったことがないからだと思います(地方公務員の女性事務職はそんなものです)。

男性だとなかなかそうは行きません。社会にも自身にも「男は仕事だ」という意識があり、大した仕事をしていなくても、働いているときはそういう意識付けをして仕事をします。リタイヤ後もそれが抜けなくて困っているのではないでしょうか。

母がリタイヤした数年後位から、リタイヤした男性が再就職するという話を聞くようになりました。もちろん、お金のためではありません。生きがいや退屈しのぎのためです。
しかし、女性が再就職するという話はあまり聞きません。一応やること(家事)はあるし、そもそも自分の生きがいを仕事に集中してこなかったからだと思います。

でも、今後はどうでしょうか。女性でも定年するまで働くのが普通になり、生涯独身者も増えます。家事をやらなくなり、仕事が生きがいになればリタイヤ後の処置に困るのは女性も同じような気がします。
posted by なすび at 07:13| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする