2014年05月12日

女性が失った自由

私が入社した頃(1980年代半)、女性は結婚したら専業主婦になるのが普通だった。
子供の手が離れ、学費がいるようになるとパート仕事で家計を補うのがせいぜいだった。

しかし、2000年頃から共稼ぎの方が多くなった。
いまの40前後はもう共稼ぎが普通だろう。

私は30代の頃(90年代)、若い女子社員が羨ましかった。
勤めを続けることも、会社を辞めて新しいことにチャレンジすることも、また、いろいろ飽きて結婚することも自由にできそうだったからである。
彼女らは会社にも上司にも気を遣い過ぎることなく、伸び伸びと行動しているように見えた。
彼女らの細い背中に羽が生えているような気がした。
その頃私は会社や世間に疲れていたが、今の会社を続ける以外の選択肢はなかった。

さて、最近の若い女子社員はどうだろう?
正直あまり羨ましい気はしない。
彼女らも当時の私同様、今の会社を続ける以外の選択肢はなさそうだからである。

短気を起こして会社を辞めても、今以上の条件で採用されることはまずない。
結婚しても、子供を産んでも、一時的に休職できるだけで、基本定年まで今の会社を続ける。

そうなると女も男と変わらない。
周りに気を使い、権力者に気兼ねし、嫌われず憎まれず長居をしようとする。
完全に会社のラインに精神的にも組み込まれる。
伸び伸びと行動することは難しく、当然、背中に羽は見えない。

この20年、日本の女性が自由と伸びやかさを失ったのは確かだろう。
(男性にはそもそもなかった。)
では代わりに誰が得をしたのか・・・国でも会社でも男でもないだろう。
老人か、あるいは日本を遠く離れた後進国の人たちかもしれない。

posted by なすび at 12:31| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

男女のアンバランス

以前の結婚に関する記事にざいざいさんから興味深いコメントを貰った。

伝統的中国社会や韓国は、父系家庭です。だから、男はみな結婚しなければなりません。それは子どものためです。子どもを生めば、妻との離婚をするひともいます。子どもは、父方に育てられます。生まれた子どもは、父のものであると、社会は認識しています。日本は結婚しない男性が多いです。伝統的中国社会では、結婚しない女性が多いです。これは、全て利益問題が反映しています。(一部抜粋)


ちょうど現代日本と男女が逆転したイメージだ。
一応ネットで調べてみた。
確かに、中国、韓国とも親権は今でも男性側に有利なようだ。

ルールに不利な人間はそのゲームに参加したがらないのは全世界、老若男女問わず共通だ。
中国、韓国の生涯未婚率までは分からなかったが、「伝統的中国社会では、結婚しない女性が多い」も肯ける気がした。

日本のメディアは、女性に経済力が付いたからとか、草食系男子が増えたからとか、相変わらず人畜無害なたわごとを言っている。
現代日本の結婚制度(社会的認識)が女性に有利だから男性が結婚したがらないというストレートな論旨は聞いたことがない。
既婚男性にとっては表ざたにされるには辛すぎる事実であり、言ってはいけないことだと思っているのだろうか。
(私は独身なので勝手なことを言っている。)

消費の主役は女性だ。
マスメディアだけでなくネットメディアの熱心な読者もほぼ女性だ。
メディアも商売なので長いものに巻かれようとしているだけなのだろうか。

私は現代日本に男女のパワーバランスの悪さを感じている。
世に男と女しかいないのだから、結局アンバランスは双方の関係に良いことにはならない。

posted by なすび at 17:26| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

合理的な選択

中高年の独身男性が女性に求めるものがあるとすれば、@セックス、A仲間、B介護位でしょうか。

@セックス
 歳とともに欲求は衰えてくるので(私の場合は40半ばから)、相対的に価値は下がってきます。
 しかし、歳相応とはいかないもので、幾つになっても若い女性がいいですね。

A仲間
 話し相手、一緒に旅行する仲間、ちょっとした用事を頼める友は欲しいものです。
 しかし、これは異性よりも同年代の同性の方がよいかもしれません。
 その方が共感が持てます。
 年齢と共に性別による興味の違いは大きくなるような気がします。
 近所に気の合うアリリタ仲間がいれば最高でしょう。

B介護
 にわか仕立てでは難しいでしょう。長年苦労を共にした関係でないと他人の介護などできないものです。
 金で介護を買うような結婚例もありますが、思うような満足は得られないと思います。
 金を残し、上質な施設を探すのが最良かと思っています。

50過ぎの私には40代の女性がお似合いというところでしょうが、@〜Bのいずれも満足してくれません。
若い女性は@を満たしてくれても、ABは無理でしょう。

この歳になると女性は「ただ」というわけにはいきません。
相手の年齢、状態に応じてしかるべき支払いは必要です。

結局独りのままが最も合理的な選択になります。
posted by なすび at 18:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

結婚の決め手

野村総合研究所は1997年から、生活者1万人アンケート調査を3年ごとに実施しています。

その中で、「2009年に初めておひとりさまについて調査した時に驚いたのが、この男性と女性の経済状況の違いでした。女性のおひとりさまは自由に使えるお金が多くて楽しく消費生活を謳歌している方が多いのに比べ、男性のおひとりさまは世帯を形成できないがゆえのおひとりさまだというのが2009年調査時点での気づきでした」という結果が出ているようです。

統計数字は出ていませんが、独身女性の方が独身男性より収入が多かったのかもしれません。
また、今の生活が楽しい、特に結婚には拘っていないと回答する独身女性も多かったのかもしれません。

私には
 @一般には男性の方が女性より収入が多いが、独身に限っては逆転現象が起きている
 A男性は結婚をしたがっているが、女性が選択しているためなかなか結婚できない
的なニュアンスに受け取れました。

@収入面ではそうかもしれませんね。
女性は結婚相手に経済力を求めますが、男性は若さやルックスを求めます。
相手が求めるものを持っている人の方が結婚する可能性は高いので、独身者は男は貧乏人、女はキレイでない人が多いということになります。
キレイ汚いは収入とは直接関係がありませんから、独身者に限れば女性の方が収入が多いかもしれません。

Aこれはどうでしょうかね。所詮聞き取り調査で、自己申告です。
私の偏見かもしれませんが、女性の方が見栄を張る人が多いと思いますよ。
アンケートがどういう形で行なわれたかは分かりませんが、顔を突き合わせてのヒアリングであれば、その可能性はさらに上がると思います。
男女限らず何気に寂しさを抱えているのが独身というものです(既婚者は何気に煩わしさを抱えていますが)。

私としては、このアンケートから「男は金、女はルックスが結婚の決め手」という平凡な結論しか出ません。
posted by なすび at 09:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

生涯未婚率

生涯未婚率は現在、男20%、女10%です。
男女は同数ですから、男は女に比べ結婚しない人が多く、結婚した男は離婚後、未婚女性と再婚する人が多いと言えます。

様々な解釈があります。
女性が経済力のある男性を求め、経済力のない男性は結婚したくてもできないという解釈が多いようです。
確かにそういう部分もあるでしょうね。
正社員における女性の比率が上がり、その分若年層の正社員比率が下がっているのは統計に出ています。
相対的に女性は豊かに、男女問わず若年層は貧しくなっています。

私の解釈は以下のような感じです。

男性は女性ほど結婚に魅力を感じていない。
子供は女性に着くし、嫁と不仲になれば、子供とも不仲になる確率が高い。
現に離婚後大半の子供は母親が引き取っています。
金は嫁よりも多く出し、家事も分担し、家庭や子供の主導権は嫁に取られるでは男は合わないでしょう。

離婚後男は一人になるが、女は子供を持つ。男は寂しい(もちろん清々する人も多い)から再婚したい。
他人の子供の負担までしようとする男は少ないので、男は再婚相手に未婚者を選択する。

完全に男性目線の解釈ですが、当っていると思います。
ところで弊社社員もご多聞にもれず離婚は増えていますが、再婚すると養育費の仕送りを怠るケースが多いようです。
確かに二つの家庭を養うほどの給与を貰っている人は少ないでしょう。

posted by なすび at 13:49| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする