2016年12月16日

夕食前

どこの県にも旨い日本酒はある。
県民としては自県の酒を愛飲すべしと思っているので、私は自県の地酒を呑んでいる。

日本酒は一升瓶で買う。
市内に良心的な地酒専門店があるから、そこで買う。

今呑んでいるのは一升2,700円の純米吟醸である。
高級品ではないが、日常呑みとしては十分な味と香りだ。

器は好きだから、いい杯で吞む。
今日は大清宣統(ラストエンペラー)年製茶杯のレプリカを使っている。

レプリカといっても1960年代の中国製で、この頃には中国にもいい職人がいた。
牡丹など様々な花の絵が細密に描かれている。
もちろん手書きである。

出張(2010年)の休日に香港の「裕華國貨」で買ったものだ。
当時は円高だったが、25,000円はしたと思う。

もう直ぐ夕食である。
昼は豚骨ラーメンでコッテリしたので、夜は茶漬にした。
塩鮭と白菜の漬物でサラサラである。

母が呼びに来たら、茶漬を食って、ビールを飲みながらネットをして寝るだけだ。
明日の朝は今年一番の冷え込みだそうだ。
暖かくして寝ようと思う。

posted by なすび at 18:15| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

食べ物ブログについて

何かの拍子に気に入ったブログを見つけると、過去記事も読んでみようということになる。
楽しい作業である。

しょせん一人の人間が書いているので、ある程度読み進めるとマンネリは否めない。
しかし、それも自分と馬が合うブログであれば、それなりに楽しい。
気の合う友人の、いつもの与太話を聞いているようなものだ。

最近面白いと思ったのは「えいじの食べ物ブログ」だ。
ラーメンを中心にしたB級グルメの食べ歩きである。

B級グルメも好みだし、写真も旨そうに撮れている。
文章と写真のバランスもいい。
ラーメンに必ず白飯を付けるのも好きだ。
食の嗜好以外、本人のカラーがまったく感じられないのが、さっぱりとしていい。

それにしても、食べ物ブログを書く人の食べることへの情熱は真似できない。
よく食べるし、よく金を掛けるし、よく写真を撮ってブログにアップする。
私にはそのような情熱の対象はない。

羨ましくもあるが、ないものは如何ともしがたい。
尽きるところ、作品を生むのは情熱なんだろう・・・という話である。

posted by なすび at 21:03| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ラーメンについて

ラーメンの好みは人それぞれだろうが、私は博多ラーメンが好きだ。
甘みのある豚骨、細麺が特徴で、紅ショウガがいいアクセントになる。

2055963de15d4-8e05-4709-ba0f-06f0622c7bb9_l.jpg

市内に人気店が2店ある。
一軒はさっぱり系、もう一軒は少しこってり系である。

さっぱり系の店は近いので週一回は行っている。
大盛りが600円でリーズナブルである。
少しこってり系の店はスープが白飯に合うので、行けば必ずラーメン・ライスになる。

醤油、塩の人気店もあるが、私はやっぱり豚骨だな。
スープに甘みがあるのが好きなんだろう。
半分くらいそのまま食べて、途中から紅ショウガを入れる。
口をさっぱりさせて、再びラーメンに向かう。

スープもほとんど飲むから、身体が獣脂に満たされる。
夜はさっぱり鮭と梅干しで茶漬けということが多いのである。

posted by なすび at 22:47| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

暇人にぴったりの趣味

我が市のランチベスト5(食べログ)はラーメン店である。

3位の店も行ってみた。
博多ラーメン系である。
飾り気のない清潔な店で、味もよい。
○である。
1位の店同様、すでに何度か訪れている。

私が行くラーメン屋は味がいいだけでは駄目だ。
ランチをするわけだから、並みラーメンだけでは量的に寂しい。
「大盛り」または「ごはん付き」がリーズナブルな価格で食べられる必要がある。
1位の店は「白ごはん」が炊き立てで旨い。
3位の店は「大盛り」が600円である。

また、気楽に訪れるには行き易い場所でなければならない。
1位の店は「自転車で5分」、3位の店は「車で10分、広い駐車場あり」である。

2位の店は値段が高い。
食べログによると客対応もイマイチな感じである。
4位の店は遠い。
しかし、ラーメン、餃子、ライスで700円は魅力である。

いずれにしても、一度は食べてみるつもりである。
ランチのチェックは私のような暇人にはぴったりの趣味だからである。

posted by なすび at 12:26| Comment(10) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

淡白な夕食

道の駅にタラの芽があったから買ってみた。
母が近所のスーパーで魚のタラ(解凍もの)を買ってきた。
Wタラの天ぷらである。

タラの芽は栽培ものらしく、やわらかいがコクがない。
解凍タラも淡白なだけで、旨みがしない。
失敗である。

とはいえ、天ぷらは結構腹にたまる。
白飯と天ぷらでお腹一杯になった。

少しさっぱりしたくて、コーヒーを入れた。
これも薄すぎた。

淡白な夕食であった。
これからビールでも飲んでコク足しをするつもりだ。

DSC_0382.jpg

口直しになるかどうか分からないが、青い海空でも見ていただきたい。

posted by なすび at 19:57| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする