2019年06月13日

菖蒲・やよい軒

菖蒲を見に行った。

DSC_3555.jpg

ここは借景もよく、本数も多いのだが、時期が遅すぎた。
既に萎んでいる花も多い。

ランチはやよい軒で肉野菜炒め定食(690円)を食べた。
肉は豚バラ、野菜は5〜6種類入っていただろうか。

294.jpg

ご飯、味噌汁、冷奴、漬物に、これだけの種類の野菜を入れた炒め物・・・少人数の家族では作ればかえって高くつく。
隣のテーブルで老夫婦が食べていたが、老婦人がこれだけの定食を準備することは難しいだろう。
味も悪くないし、それほど高くもない・・・やよい軒で正解である。

やよい軒はご飯のおかわり自由である。
だから、最初の盛りは少なめで提供される。
オカズが余ったので少しだけご飯をおかわりした。
腹一杯になった。

posted by なすび at 19:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

吉野家のセルフ店がよくない

先日入った吉野家がセルフ店だった。
よくないねえ。
客に手間を掛ける割に、客のメリットが何もない。

システムはマクドと同じ。
店に入ったら受付で注文し金を払う。
そのまま立って牛丼が出来上がるのを待つ。
出来上がったら、コーナーに行って紅ショウガを取り、七味を掛ける。
席に運んで食べる。
食べ終えたら回収棚に入れる。
客にこんな手間を掛けさせて値段は同じ、特別なサービスもない。

しかも、座席は四人掛けのボックス席が多い。
馬鹿じゃないの。
牛丼屋なんて男一人が入ってササッと食べる店である。
カウンター席中心であるべきだ。

本当に吉野家はセンスが悪い。
だから、赤字になるんだろう。
人手を減らしたかったら券売機を導入したらいい。
セルフより余程マシである。

posted by なすび at 10:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

吉野家の定期券

吉野家の定期券(300円)を買った。
1ヶ月強の期間、一食80円引きである。

coupon.png

最近、吉野家をよく利用する。
温泉前に牛丼を食べることが多いからだ。
朝の10時前後に食事ができる店は少ない。
牛丼チェーン店位だろう。

300円だから4回利用すれば元が取れる。
週に2回は温泉に行くから、期間の1ヶ月の間、8〜10回は吉野家に行くだろう。
お得な券である。

仮に10回行ったとしたら80円×10回ー300円だから500円のお得。
それほど大した額ではないが、300円で牛丼が食べられるのは気分がいい。
大いに利用しよう。
完全に吉野家の戦略に乗っているな(笑)。

posted by なすび at 09:06| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

白菜のクリームシチュー

裏のおじさんから白菜を一株貰ったので、夜はクリームシチューにした。
家にクリームシチューの素があったから。

images (1).jpg

材料はシンプルに、鶏もも肉、白菜、玉ねぎ、シメジの4種。
私の工夫としては、S&Bのカレー粉を少々入れたのと、牛乳を多めにしたくらいだ。

白菜がトロトロに煮えて旨い。
シチューを啜りながら白飯を食べた。

白菜の葉を4〜5枚使っただろうか。
それでも母と二人で2日は食べることになる。
白菜一株などそう簡単に食べ切れるものではない。
シチューが終わったら、鍋にして消費するつもりだ。

貰った私が苦労しているくらいだから、作ったおじさんはもっと苦労しているだろう。
おじさんは農家ではなく、定年後の趣味で果物や野菜を作っている。
去年上手くできなかったものが、今年は上手くできるようになることが楽しいそうだ。
だから、できてしまえば処理に困る。

「また、あげるからね」と言われている。
よくできた白菜だったが、貰うと一週間食べ続けないといけないので、次を貰うかどうか微妙だ。

posted by なすび at 19:57| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

牛丼について

牛丼を食べたくなることがある。
私の場合、牛丼といえば吉野家である。

images (2).jpg

最寄りの吉野家は家から4キロ離れている。
よく通る道ではないから、行くとすれば吉野家のためだけに行くことになる。
家の近くにはすき家があるが、あまり好きではない。
前を通るたびに、吉野家と替わって欲しいと切に願う。

私は基本、牛丼並(380円)である。
副食(卵・味噌汁・おしんこ)は頼まない。
丼の三分の一をそのまま食べて、三分の二は七味をふって食べる。

以前は必ず卵をかけていたが、今は止めた。
サッパリと牛丼だけを味わいたいからである。
飯と肉とたれの旨さをストレートに感じる・・・これが王道だ。
しかし、副食50円引きの券を貰ったときは卵を頼むこともある。
卵が実質10円になるわけで、それなら卵のコッテリ感を味わおうかという気になる。

紅ショウガは少しだけ。
ショウガを大量のせている人がいるが、本当に旨くてそうしているのだろうか。
私はタダだからのせているだけだと思う。
実際、牛丼屋以外であれだけ紅ショウガを食べる人はいないだろう。
下品だから止めた方がいい。

ちなみに、大盛を頼まないのは割高だからである。
量は1.2倍強で、値段は1.4倍強である。
味噌汁、おしんこも同様で、割高感があるものは受け付けない身体になってしまった。


【追記】
 YouTubeで吉牛をみると、みな山のようにショウガを盛っている。
 私は学生のときでも、こんなみっともない真似はしなかった。
 ユーチューバーって貧乏臭い人間が多いのかね。

posted by なすび at 11:20| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする