2017年07月22日

道の駅の弁当

道の駅で弁当を買った。
山中の駅なので野菜中心のヘルシーな弁当である。
価格は560円、地味な割にはチョイ高だ。

DSC_22431.jpg

キノコの炊き込みご飯と総菜という構成である。
総菜は右上の魚フライと卵焼き二切れが目につく。
これがメインか?

いや、売りは魚フライの下にある「厚揚げ」である。
この地域の名物らしい。
その横にパプリカやシシトウなど「地野菜が素揚げ」してある。
これらを刻みネギと生姜ポン酢で食えということだ。

DSC_22441.jpg

確かに旨い。
野菜の素朴なおいしさを感じる。
カボチャもサツマイモも旨い。
辛党の私が日頃食べない野菜だ。

厚揚げも後味のいいコッテリ感がある。
小食の私にはちょうどよかった。
女性なら充分な量だろう。

posted by なすび at 10:32| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

山かけ蕎麦

暑くなると食欲が落ちるので、夕食は「ざる蕎麦」で済ますことが多い。
とはいえ、蕎麦だけでは寂しいので山芋をかけて「山かけ蕎麦」にする。
「山かけ」の薬味には小葱より海苔が合う気がする。

veoR4Zq0.jpg

干し蕎麦を茹でて丼に盛る。
すった山芋をかけて海苔を千切って散らす。
麺つゆをかけて食す。
それだけである。
物足りなければ「さつま揚げ」を買ってきてレンジで焙って喰ったらいいだろう。

ってな感じで、今日も「山かけ蕎麦」であった。
昼に温泉に行ったので、今夜は風呂に入らない。
ビールを飲みながらネットをして、小腹が空いたらハムかソーセージを焙って食べるつもりだ。
イメージとしては「さつま揚げ」なのだが、買い置きがないのでしかたがない。

posted by なすび at 19:31| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

旨いラーメンを食べたいだけ

ラーメンの要諦はスープである。
麺も大事だが、麺は外注できる。
実際、大半のラーメン屋は外注である。

スープは工夫と時間をかけて作る必要がある。
スープを作るついでにチャーシューや煮卵くらいはできるだろう。

ラーメンだけでは選択が狭いので白飯くらいは炊こうか。
ということで、ラーメン並・大と白飯のランチが提供できる。

餃子や炒飯も欲しいところだが手がかかるし、店内が油臭くなる。
辛いラーメンやチャーシュー丼などでお茶を濁そう。

ラーメンはスープが命だから、これだけは妥協できない。
味に自信があれば醤油がいいだろう。
西日本なら豚骨でもいい。
自信があるなら王道で行くべきだ。

20160111-izakaya-torimune-teion-600.jpg

そこまで自信がないとしたら「鶏そば」はどうだろう。
出汁も鶏、チャーシューも鶏である。
白髪ねぎも乗せる必要がある。
そうなると飯は卵かけご飯だ。
鶏そぼろをまぶしてもいい。

ん・・・私は何を考えているのか。
ラーメン屋を開きたいわけではない。
旨いラーメンを食べたいだけだ。

posted by なすび at 17:12| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

外食がしたくなった

冬場のランチは道の駅で総菜や弁当を買い、家で食べることが多かった。
炬燵でパソコンを見ながらビールと一緒に食べた。

しかし、4月も半ば過ぎて温かくなると外食がしたくなった。
家でじっとしているのは詰まらない。
要は外出欲が高まってきているのだろう。

馴染みのラーメン店を何軒か回った。
好みは去年と変わっていない。
私の評価は食べログと同じではない。
近所に県下有数の有名ラーメン店があるが、それほど旨いとも思えない。
食の嗜好とは不思議なものだ。

観光ドライブもしている。
近場はクロスバイクで動いている。
やはり温かいのはいい。
私は東北や北海道には住めないだろう。

DSC_1950.jpg

公園には鯉のぼりが泳ぎ、ツツジが咲き始めた。
明日は城下町に牡丹を見に行く予定だ。

posted by なすび at 18:18| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

花見酒

桜はまだ咲いているが、雨が降っているので出かける気がしない。
自宅で花見酒をすることにした。

DSC_1853.jpg

最近は杯ではなく蕎麦猪口で日本酒を飲んでいる。
一遍にたくさん入るから、台所まで酒を足しに行く必要がない。

あては山葵の醤油漬けである。
つーんと辛いから結構酒が進む。
山葵の葉自体はそれほど高いものではないが、瓶詰の醤油漬けになると安くはない。
上手に辛みを出すのは店屋でも難しいのかもしれない。

書斎から見る桜はこんな感じである。

DSC_1854.jpg

所詮、住宅地の狭い庭だから借景が悪い。
後ろの金木犀に当らないよう無理して枝を落としているので、樹形もイマイチである。
しかし、去年に比べて今年はよく花をつけてくれた。
感謝の意味を込めて、今日一日ゆっくり眺めようと思う。

posted by なすび at 15:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする