2020年12月09日

高級車を買う気がしない

洗車の時に車の傷に気づくことがある。
私がミスして付けた傷ではない。
誰かに付けられた傷、飛び石などである。

付けられた傷は意図的かどうか分からない。
スーパーの駐車場なんかで杜撰な他のドライバーによってつけられたのかもしれない。
しばらくは非常に気分が悪い。

購入5年目、200万のコンパクトカーでも悔しくて仕方がない。
4〜500万、それ以上の高級車であれば尚更だろう。
傷つけた人間を極刑に処したい気分である。

私は毎日車を利用するし、店の駐車場にも駐車する。
地方にはだらしない爺婆のドライバーが多い。
自分の車もいい加減に扱っているから他人の車にも無頓着である。
また、悪意のある人間もいる。

新車の高級車が傷つけられたら、悔しくてしばらくは眠れないだろう。
次の車も200万円台の国産コンパクトカーにすると固く決意した。

posted by なすび at 11:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: