2020年12月05日

アメリカでマリファナが合法化

アメリカでマリファナ(大麻)が合法化されるようだ。
既に一部の州で認められてはずだが、全国的に認められるようになったということだろうか。

日本ではマリファナは危ない人だけが吸う危険な薬物扱いだが、戦前は合法だった。
戦後、GHQ(アメリカ)が禁止したのである。
自分たちの国で禁止されていたから、占領国にも同じルールを押し付けたのだ。
禁止した国が自ら解禁したとなると・・・日本はどうするのだろうw

それにしても日本は奇妙な国だ。
憲法にしろ、学術会議にしろ、放送法にしろ、アメリカに押し付けられたものを後生大事に守り続けている。
押し付けた側は遠の昔に変えているのに。

私は学生時代にインドを旅した時、マリファナを試したことがある。
酒に酔ったような感じで、運動神経も鈍るし、感情も高まる。
車の運転や仕事中には吸わない方が良さそうだ。
自室や仲間内の場で吸う分には、それほど問題はないと思う。
飲酒と同じである。

確かカナダやヨーロッパのどこかの国では合法化されていた気がする。
それにアメリカも仲間入りしたわけだ。
そのうち、先進国の大半は合法化されるだろう。
先進国ほどマリファナに寛大で、後進国ほど厳しい。

日本はどうなるのかね。

posted by なすび at 21:37| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: