2020年07月19日

どこに住むか

会社員時代は関西の都市部に住んでいたが、リタイアして地方都市の実家に移った。
実家は私が相続しており、家賃が掛からない。
年金持ちの母が一人暮らししており、一緒に住めば生活費が安くなる。
というのが、主な理由である。

だから、実家を相続していなければ、今の場所に住んではいなかったと思う。
おそらく、1〜2年単位で住んでみたかった地域・場所に住み、終の棲家を見つけるような移住生活をしていたと思う。
それはそれで面白そうだ。

終の棲家としては暖かい場所を志向しているし、西日本の出身だから、南九州・沖縄辺りがターゲットになったのではと思う。
いずれにしても、関東や関西の都市部には住もうと思わなかっただろう。
私は家がビッチリ建て込んでいる都市部が好きではないし、マンション暮らしも好きではない。
長年、関西の都市部のマンションに住んでいたから実感している。
都市住いでも、郊外で山や畑に隣接しているような場所が落ち着いた。
(私が地方出身者だからかと思ったが、地方出身者でも都市のマンションが好きという人もいるから個人の好みかもしれない。)

何ヶ所か移住生活の後、やはり生まれ故郷が懐かしいと思うようになれば、地元の県に戻っただろう。
しかし、実家の近くに戻ったかどうかは微妙だ。
県内にも、もう少し歴史や文化を感じさせる町がある。
そこに移り住んだだろう。

しかし、実際は相続した実家がある。
タダで住める場所を捨てる必要もないし、慌てて売る必要もない。
この場所を拠点に旅行や1〜2ヶ月の長期滞在をしようと考えている。

posted by なすび at 11:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: