2020年02月26日

オリンピックより国民を守れ

2月12日以降、武漢肺炎の検査基準が緩められ、地域(県・市)の判断に任せられた。
その結果、新たな感染が見つかったのだが、検査に消極的な地域は多い。
ツイッターなどで「検査してもらえない。たらい回し」などのつぶやきを聞く。

理由は簡単で、1件感染が見つかれば、感染者が接触した人全員の検査が必要だ。
芋ずる式に数十件の検査をしなければならない。
地域の保健担当は途端に寝る間がないほど忙しくなる。
公務員はこれを嫌がっている。
仕事があってもなくても給与は一緒だからね。

ということで、まだ県として感染者が出ていない、少ないからといって安心はできない。
単に検査を渋っているだけかもしれないから。
中国人が多く訪れるのに感染者が少ない県・・・京都や大阪は怪しいね。

政治家、公務員、マスコミはまったく信頼に足らない。
自分で情報を集め、自衛するしかない。
こんな無責任な連中が推進するオリンピックはいらないね。
オリンピックより国民を守れ・・・という感じだ。

posted by なすび at 09:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: