2020年02月09日

やっぱり海外は怖いね

武漢肺炎の流行で思うのは、「やっぱり海外は怖いね」ということだ。
日本を始め欧米ではそれほど広がっていないのに、中国だけは凄い拡散である。
生活が貧しい、衛生状態が悪い、医療が整っていない・・・ということだろう。

私はリタイアしたから駐在や出張はないが、海外移住や旅行も考えものだな。
よほど慎重に場所を選ばないと。

国内で自国民にトラブルが発生したとき、どこの国の政府もそれなりに対応してくれる。
しかし、海外では思うように行かないし、時間もかかる。
アメリカなんかは強権がきくけど、日本はダメだね。
相手が外国になると急に腰が引ける。

「そんなこと言い出したら、どこにも行けないじゃないか」と言われたら、その通りである。
近かろうと遠かろうと、海外にはそれだけのリスクがあると納得した上、行けばいい。
私は当面行かない。

どうせ行くのなら親日国がいい。
トラブっても日本政府のお願いを聞いてくれるからである。
台湾なんかいいと思うが、ゆるい国民性もあって交通事故が多い。
東南アジアもそうだろう。

最悪なのは中国、韓国。
独裁の反日国家は危険以外の何物でもない。

posted by なすび at 10:24| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新型肺炎がある程度落ち着くまでは外出はあまりしないようにしつつ。
落ち着いても海外より日本旅行かな。特亜の国々は、お金もらえても行きたくないかな。台湾やアメリカでいいや、行くことがあったとしても^^
Posted by 煙々 at 2020年02月09日 11:51
煙々さん

今回、国内は安全だとシミジミ感じました。
日本で発症すると中国人でも丁寧に診て貰える。
が、武漢やクルーズ船(外国領)で発症すると日本人でも容易に日本の地を踏めない。
何なんだと思いますね。
日本は国内にいる限り、いい国です。
Posted by なすび at 2020年02月09日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: