2020年01月19日

私の生活

リタイアして4年が経とうとしている。
他人との交流も少なく、いわゆる「生きがい」とは無縁の生活であるが、とにかく楽なのがいい。
ときには退屈もするが、再び働きたいと思ったことはない。

決まった時間に決まった場所に行き、決まった時間作業をする。
集団に溶け込み、その規範に沿った行動や発言をする・・・うんざりである。
30年間それをやったのだから。

今後の展望は何もない。
もう59になろうとしているのだから。
身の回りの環境をよくするために知恵と労力を使うくらいだろう。

この歳まで生きて、私は他人に絶望した。
やはり愚かで身勝手な存在である。
それは都市も地方も変わらない。
優秀な人間はとおの昔に都市に移動しているから、地方の方が愚かだろう。
都市に多少マシな人間を供給する装置・・・それが私が現在住んでいる地方である。

まあ地方がいいのは車があると便利ということだろう。
あとは都市ほど人が密集していないこと。
自宅に庭から眺める空は広く、冬の星々はきれいだ。

温泉、ドライブ、ゲーム、ネット、ビール、食事・・・これらを除くと私の生活はなくなる(笑)。
いまの私はこれら6項目のみによって成り立っていると言っていい。

政治ニュースもリタイア記事もたまには見ているが、目新しいことは何もない。
何の目的があって皆更新しているのだろう。
多少の小遣い銭になるのかな?

55まで働いたし、独身だから金の心配はない。
老母の年金があるから貯金もほとんど減らない。
贅沢してもいいのだが、特にしたい贅沢もない。
間違いなく金を余して死ぬことになるだろう。

これが私の生活だ。

posted by なすび at 22:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: