2018年11月17日

嫌味なオッサン

私は57だから、大半のブロガーは私より若い。
彼らのブログを読んでいて「やっぱ違うな」と感じることは多いのである。

それは、生まれ育った時代が違うから理解できないという類ではない。
彼らが進んだ考えを持っているから、新しい感覚を持っているから理解できないわけではない。
単純に「経験」と「エネルギー」の違いを感じるだけだ。

若者は経験がない代わりに、エネルギーがある。
老人は経験がある代わりに、エネルギーがない。

私にも20代、30代、40代があったわけだから、彼らの言うことは分かる。
無性に行動したくなる感覚も覚えている。
私も同様だったからである。

しかし、50代になった私は共感しない。
もう経験済みで分かり切ったことだから、どうでもいいよ。
そんな疼くような気持ちは、この歳になったら身体から湧いて来ないよ。
ってな感じである。

「あゝ、20代の感覚だなあ」とか「40のときは、そんなことを考えたかも」などと思いながら読んでいる。
若い人からすれば、きっと嫌味なオッサンに違いない。
でも、人間そんなに変わらないから正直な感想だと思う。

posted by なすび at 21:22| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年令の問題というよりセミリタイアしてるかしてないかの違いの方が大きいかもしれない
Posted by kfe at 2018年11月18日 11:39
kfeさん

経験・エネルギー量が近い方が共感しやすいです。
だから、年代差は感じます。
しかし、いつ生まれ育ったかという時代差は感じませんね。
もちろん、リタイア志向の有無という個性の差は年代を超えてありますけどね。
Posted by なすび at 2018年11月18日 11:58
経験値とエネルギーですか。
ん〜〜、どうでしょう。私は今の若者にそれほどエネルギーがあるとは思えません。
私が思うに、記憶の中で一番エネルギーがあったのは団塊の世代だなと思っています。
糞見たいな奴らですが、間違った方向への行動力はありました。
Posted by バッタモン at 2018年11月18日 16:44
バッタモンさん

ここでいうエネルギーとは個人の中でのことです。
若かりし頃の何かしたくてウズウズするようなエネルギー。
それは年齢とともに失われてしまいます。

20代の私なら今のリタイア生活に満足していないでしょう。
もっと活躍したいし、注目されたいし、モテたいし、社会の中で自分を試してみたいし・・・。
それは若者が持つエネルギーのなせる業だと理解しています。
Posted by なすび at 2018年11月18日 17:02
こんばんは。
私は今年還暦を迎えました。おっしゃることがよく分かります。年取ってくるとますます頭でっかちになりますね。行動力が伴わない。自分もしっかりジジイしているくせに、男性老人を見ると心の中で「このジジイが!」とつぶやいています。
Posted by パルタ7 at 2018年11月18日 19:53
パルタ7さん

経験は役に立つことが多いのですが、つまならいこともあります。
それは「初めて経験するドキドキ感がもう味わえない」ということです。

歳をとると周りから新鮮なものがなくなってくる。
だから、情熱も湧きにくい。
しかたがないことでしょうね。

巷にマナーの悪い老人は沢山います。
私もそんな老人(男女問わず)を見ると「何年人生経験を積んできたんだ」と毒づきたくなりますね。
Posted by なすび at 2018年11月18日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: