2018年11月07日

軽自動車から思うこと

最近の軽自動車は高い。
私のデミオ(1300t)より高い軽はザラである。

6ab592519fb7d566ba54c577736e4eb6.jpg

理由は簡単だ。
軽自動車に普通車並みの機能を求めるからである。
エンジンパワー、安全性、室内空間、ナビ・・・。
普通車と同じ機能であれば、普通車と同じ価格になるのは当然である。

実際、車体や排気量に制限がある軽に普通車並みの機能を入れ込むことは大変だ。
むしろ、軽が割高なのが自然といえよう。

昔の軽は何も付いていなかった。
エアコン、パワステ、パワーウインド・・・こんなものも無くて、ただ人を乗せて走るだけの車だった。
だから、安かった。

いまどき何も付いていない軽自動車を買う人は少ないだろう。
普通車並みの機能を持ちながら、税的に優遇されているから軽自動車にする人が大半だろう。
税の優遇がなくなれば、みな普通車に乗り換えるだろう。
もう普通車と軽自動車を分ける意味はない気がする。

むしろ分けるとすれば、車がないと生活できない地方と、そうでない都会とで自動車税を変えるのがいい。
地方の車は必需品だが、都会の車は贅沢品である。
日本でこういう施策が取れたら素晴らしいが、こんな常識がなかなか実現しないのが日本という国である。

posted by なすび at 11:02| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都会と地方で自動車税の税率を変えるのはおおむね賛成です。
ただその場合、どこで都会と地方を線引きするのか問題になりそうですね。
Posted by luna at 2018年11月07日 13:05
lunaさん

確かに線引きは難しいです。
以前は関西の都市部に住んでいましたが、同じ市内でも車が必須の場所とそうでない場所がありました。

やるとしたら、乱暴は覚悟で「市単位」「区単位」でやるしかないです。
それでも「普通車か軽自動車か」より合理的だと思うのですが・・・。

でも、そうなると車庫証明は田舎の市に集中するでしょうね。
私もそうすると思うから、他人の非難はできません(笑)。
Posted by なすび at 2018年11月07日 13:32
地方の車は必需品だが、都会の車は贅沢品である、とは、まさにその通りですね。車がないと生活できない地方と、そうでない都会とで自動車税を変えるのがいい、とのなすびさんの意見に、全面的に賛成します。

僕は今、アルトに乗っていますが、カーナビも何もつけず、シンプルに徹し、ひたすら、ローコスト生活に資するようにとの思いで、軽自動車に乗っています。通勤の行き帰りと、近場の買い物くらいであれば、軽自動車が走りやすいです。田舎で、けっこう狭い道も走らなければならないので。
Posted by tao313 at 2018年11月07日 18:16
私が13年前に軽を買ったときは100万円でしたね。何もついてないスタンダードで
それでも、今まで故障もなしに27万キロ走ってくれました。
コスパ抜群ですよ。今、軽が高くても売れているのは企業が税制だけでなくそれなりの努力も
しているのでは、と私は思います。
実際、今の軽の一部の車種は室内の広さは2000ccクラスを上回ってます。
車の中で足を延ばして寝れるとか、自転車を積めるとか工夫もされてます。
それでいて田舎の狭い道も走れるという利便性。ファミリーカーにはまだそういう努力は
足りてませんね。
それと、やはりど田舎には軽自動車でないと入れない道があります。
私の親せきの家や墓参りなどは軽でないと入れません。税金だけじゃないんですよ。
今度私が買い替えるのは普通車のsuvですが、歩かなければならないだろうなぁ〜
Posted by バッタモン at 2018年11月07日 18:39
tao313さん

シンプルな軽自動車であれば、結構安いですね。
私もそんな軽なら賛成かな。
本当に自転車代りですよね。

私も代車で軽に乗ったことがありますが、便利でした。
だから、軽自体を否定する気はないのですが、税優遇はもういらない気がします。
Posted by なすび at 2018年11月07日 18:53
バッタモンさん

軽自体が悪いとは思っていません。
車体や排気量の制限をなくし、同時に税優遇もなくしたらいいと思います。

確かに、日常の近場の足としては軽は最強だと思います。
私も市内メインなら軽にします。
実際、コンパクトカーでも通り難い道はありますよね。

制約を外せば、軽の可能性は広がると思います。
1000t位でもっと燃費がいい車ができるはずです。
車体だって、今より広くできます。

今の軽は制約によって進歩したとも言えますが、制約を外せば、もっと自然で自由な車ができると思っています。
逆に、軽という税制の枠組みにより、軽とコンパクトカーが無理矢理分けられてしまったという気がしています。

しかし、ちょっと理屈っぽい返信ですね。
私も書いていて頭が痛くなりました(笑)。
Posted by なすび at 2018年11月07日 19:12
車のコストを下げたいのなら、都会に住めばいいじゃない?という暴論が出てきそうです。
ですが、それが強ち暴論じゃないような気もします。どこにでも住む自由がありますからね。

家族に老人や子供がいるなら必須だけど、独り身で元気なら自転車で十分で車いらないだろう?といった話も。結局、地方か都会かといった区別をして、判断なんてできませんでしょうにと思います。
Posted by 煙々 at 2018年11月07日 19:32
煙々さん

地方と都会で差をつけるのは反対という人もいるでしょうね。
まったく地方の現状が分からずに言っているとは思えないので、それなりに考えがあるんでしょう。
もう少し真意が分かると、いろいろ返信できそうな気もしますが。

実際、都会で集められた税は地方交付税という形で地方に配られています。
都会の人にとっては不満でも、そうして都市と地方のバランスを取っています。
だから、自動車税もその一部という考え方もできます。
Posted by なすび at 2018年11月07日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: