2018年11月06日

山中で思うこと

山中の
DSC_3008.jpg

渓谷に行ってきた
DSC_2956.jpg

紅葉は、まあまあかな
DSC_2971.jpg

途中、山道を走ったが、各所に人家があり、集落がある。
こんな所に住んでいる人がいるんだ。

山川だけだと寂しい気もするが、そこに人の生活があるとホッとする。
住んでいるのは中高年だろう。
あと10年この風景が続くかどうか。

そんなことを思いながら車を走らせていたら、イノシシの子供が道端に斃れていた。
可哀相に車に轢かれたのだろう。
一瞬「拾ったら食べられるかな」と思った不謹慎な私は、死んだらイノシシ地獄に落ちるだろう。

posted by なすび at 08:05| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>死んだらイノシシ地獄に落ちるだろう。

かえって供養になるんじゃないですか(笑)
田舎ではタヌキやアナグマ、キツネなどの動物がよく道に落ちてます。
たまに大きな鹿が道路わきの歩道に横たわっています。
深夜、鹿をはねたドライバーが道路わきの歩道においたのでしょう
車もかなり損傷しているはず。
鹿肉も猪も食べれば結構うまいです。しかし、捌くにはそれなりの技術がいる。
私が食べたジビエはプロが捌いた肉だったからうまかった。
ん〜、とりとめのない話になったけど、また猪肉が食いたくなった。
Posted by バッタモン at 2018年11月06日 15:34
バッタモンさん

イノシシが死んだことを気にしいるということ自体が供養になりますかね。
飼い主のいない野生動物の死は軽く扱われがちですからね。
そうであれば、イノシシ地獄とは味噌味のボタン鍋を腹いっぱい食わされる地獄(天国?)になるでしょう。
有難いことです(笑)。

道の駅に冷凍のイノシシ肉が出ています。
買ったことがあるのですが、厚切りだったので焼き肉用なんですかね。
ボタン鍋にしたら、なかなか煮えなくて困りました。
今度は焼き肉で食べてみようかな。
山の肉は脂が旨いですからね。
Posted by なすび at 2018年11月06日 15:54
こんばんは。初コメです。
昔、職場の忘年会で山奥の国民宿舎に泊りがけで行ったことがあります。夕食のメインは牡丹鍋でした。イノシシの肉は味に癖がなく、意外と美味しかったのを覚えています。今はジビエとか一部で流行っているようですね。処分されたイノシシの肉は結構需要がありあそうです。
Posted by パルタ7 at 2018年11月06日 19:47
パルタ7さん

職場の宴会でイノシシ肉を初めて食べるというケースは多いと思います。
私もそうでした。

新入社員の頃です。
最初に出されたボタン鍋が美味しかったので、上司が自腹で肉を追加してくれました。
追加の肉は更に美味しかったのですが、特別いい肉だったようで、あとで随分請求されたようです。
いい思い出ですね。
Posted by なすび at 2018年11月06日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: