2018年11月04日

結婚しないということ

男性の生涯未婚(50歳時点で一度も結婚歴がない)率は20%を超えて25%に届きそうな勢いである。
5人に一人から4人に一人になるのも時間の問題だ。

私的には大変有難いことである。
私も生涯未婚だから、未婚がありふれた現象である世の中は生きやすい。
これが100人に一人、10人に一人となると、やはり変人扱いされるから、いろいろとうっとおしい。

昔だったら、性的に異常な人などと思われただろうが、今はそんなことはない。
4人に一人、5人に一人とは、親戚や親しい友人に必ず一人以上生涯未婚者いる計算になる。
日常的に接しているわけだから、彼らが異常でないことは知っているだろう。

私は他人と密接に生活することがしんどいと思ったし、嫁や子供の責任を負い続けるのも厳しい感じがした。
それが結婚しなかった一番の理由だが、そういうことを説明しなくても、「何となく面倒で・・・」と言えば大体分かってくれるようになった。
誠に有難い話である。

私は今でも「自分には結婚は向かなかった」と思っているので、この話にこれ以上の進展はない。
ただ、もし私が女性なら間違いなく結婚していただろうと思う。
せっかく子供を産み、育てられる身体を持っているのに、一度も試さないなんてもったいない気がするからだ。
勉強がよくできるのに、大学に行かず、一流企業で自分を試さなかったようで、やはり心残りだろう。

posted by なすび at 07:50| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時々すべての事柄がまるで俺が生きやすいように変化していってるって錯覚しそうになる。
ネットが充実したり、未婚があたりまえになっていき、リア充や、モーレツ社畜が批判され始めたり
Posted by kfe at 2018年11月04日 08:19
ほったらかしできる投信が出てきたことも大きい
Posted by at 2018年11月04日 08:20
kfeさん

なるほど、そういう感じ方もありますか。
個人主義的な考えや行動を社会が受け入れざるを得なくなったということなんでしょうが・・・。
日本社会も少しづつ変わっているんですね。
Posted by なすび at 2018年11月04日 08:38
個人個人がそれほど変化したとか、自分が変化したって感じはしないが、気がついたら独身無職になっていた。
間違いなく昔だったら拒絶反応を食らっているような気がするし自分も恐れていたにも関わらず、今逆になにか知らずに正解を引き当ててたんじゃないかとすら思えてくる。
不思議というほかないんだが
Posted by kfe at 2018年11月04日 09:01
kfeさん

私も独身無職ですが、この歳(57)だと引かれることはありません。
しかし、3〜40代だと今でも「何してんの」という感じになるかもしれませんね(笑)。

独身であれ、無職であれ、自立できていることが大切だと思います。
誰かに頼る生活は心荒むものだからです。
Posted by なすび at 2018年11月04日 09:22
自立がない限り自由もないからなあ
それが一番大きいのかもしれない。いくら大勢の人に囲まれても自由がない限り逆にかわいそうに思えてしまう。
Posted by kfe at 2018年11月04日 10:45
kfeさん

自立とは経済的自立のことであり、要は金です。
若いうちにしっかり稼いで、老いて悠々自適の暮らしをする。
平凡ですが、そういうことだろうと私は理解しています。
Posted by なすび at 2018年11月04日 11:12
なすびさん、女性でも性格のわるいブスに生まれれば結婚も難しいでしょう(笑)
 
男の場合、結婚にこだわる人は減っていますが、
女性は女性自身が子供を産んで一人前。という意識が高い。
学歴が高い女性だろうと、高収入を得ている女性だろうと結婚をして
子供を産んでないと負け犬になる、と言う意識が強い。
男に比べ女性の未婚者が少ないのはそう言う事ではないですかね。
Posted by バッタモン at 2018年11月04日 20:42
バッタモンさん

>子供を産んでないと負け犬になる
そうでしょう。
女として最大の能力を発揮しなかったのだから、劣等感は持つでしょう。
女性が結婚して子供を作りたいというのは自然なことです。
私も女ならそうするでしょう。

男は出産・育児には軽い役割しかありません。
子供が重い役割を持つ母を慕うのは当然です。
自由恋愛の世になれば、男が結婚に興味を失うのは自明です。
男に結婚に興味を持たせたかったら「婚前交渉禁止」にするしかないですね(笑)。
Posted by なすび at 2018年11月04日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: