2018年10月31日

悲惨な団塊ジュニア

私は64歳から年金(厚生部分)が貰える。
あと7年である。

さすがに、これだけ近づくと凡その想定は可能である。
年金は時期・額ともに予定通り支払われるだろう。
そして、支給が始まってからも十数年は大きく下がることはないだろう。

これはすべて団塊ジュニアのお陰である。
彼らは70まで働くだろうから、私の年金も80くらいまでは大丈夫だ。

しかし、80以降は減額を余儀なくされるだろう。
一番の支え手である団塊ジュニアが支えられる側に回るからである。

どれぐらい下がるんだろう。
下手したら労働者一人が高齢者一人を支えることになるかもしれない。
そうなると、2〜3割減で済むかどうか。

今の50代後半は男でも80以上生きる人が多そうだ。
そうなると、80以降のために金を残しておく必要がある。
我々の世代でもこんな感じだから、若い人はもっと入念な準備が必要だろう。

それにしても悲惨なのは団塊ジュニアだ。
しっかり払って貰える額はわずか。
親の団塊世代は結構な年金を貰っているから、「子のために、しっかり残しとけ」と言うしかない。


【追記】
 2040年、私が80になる頃の人口ピラミッドだ。
 団塊ジュニア(というか、それ以下の世代)がいかに悲惨か分かるだろう。
2040.png

posted by なすび at 07:34| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は年金については我々の積立金以外にも国の予算を使えばいいのではないか?
と思っています。
なぜなら年金を含む社会保障費は、ほぼ100%国内で還元されるお金だからです。
私たちがもらう年金は海外に送金するでなく、燃やしてしまうわけでもない。
それで買い物をして、医者に行って、家賃を払って生活をする。
それが店員や医者や看護婦や家主の収入になる。社会を回るお金になるわけです。
彼らにとって年金をもらっている高齢者は労働サービスの市場なわけで
見方を変えれば、高齢者が増えるという事は国内の労働市場が拡大するという事です。
市場が拡大すれば税収も増えますから、国が使った予算も戻ってきます。
そうなれば今後、国の借金も増えるが税収も増える。そしてそれは永遠に続く…
それでいいのです、人には寿命があるから借金は返さなくてはならないが、
国には寿命はありませんから(笑)


Posted by バッタモン at 2018年10月31日 09:51
バッタモンさん

そうですね。
今でも国民年金の半分は税金ですから、それを厚生年金にも拡大していくのはアリですね。

しかし、日本の財務省は経済オンチだから難しいかもしれませんね(笑)。
消費税も率を上げることには熱心でも、景気を冷まして税収を下げることには無頓着です。

移民も麻薬のようなもので、一瞬は元気になりますが、すぐに身体に余計な負担を与えます。
前より悪くなりますね。

日本の政治家・官僚ともに目先のことしか考えていない印象です。
もちろん、地方の議員や公務員も同じで、正直酷いものです。
Posted by なすび at 2018年10月31日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: