2018年10月28日

知らない街

ちょっとヨーロッパに行ってきた。

DSC_2936.jpg

てなことはなくて、家から1時間ほど離れた公園である。
こじゃれた公園ではあるが、市自体はごくありふれた普通の市だ。

この日も暇つぶしに「ドライブ+ラーメン」をしてきた。
それだけでは寂しいので、市の繁華街を散策した。

私は県内の観光地に詳しい。
だから、観光地周辺の地理はよく分かるが、繁華街というのは盲点になる。
離れた市の繁華街など歩かないものだ。

本当は観光地より繁華街の方が面白いかもしれない。
そこには現在の生きた生活があるからだ。

この市は私の市より多少都会である。
かつては結構栄えていたが、今や寂れが急速だ。
私の市より人口減少は激しい。

一言で言えば、データ通りの印象の繁華街である。
大きなビルがあると思ったら、少し先の商店街はシャッター街になっている。
建物も全般的に古びている印象だ。

30分ほど歩いたら疲れてしまった。
何があったわけでもないが、知らない街を歩くのは楽しいものだ。
観光地も行き尽くしたし、今後は街歩きと行こうかな。

posted by なすび at 08:04| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
繁華街巡りをされましたか。しかし地方の繁華街はどこも寂しくなってますね。
私が前に住んでいた地方都市の繁華街も今や見る影もないです。
その代り、駅の裏に大手スパーができ、
それを中心にこじんまりとした新たな繁華街が造られました。
そしてその周りにマンションが建ち始めた。
かつては私の実家近くに住んでいた人たちも、
お金がある人は利便性の良いマンションに引っ越しました。
今や実家の周辺は半分近くが空き家です。
地方都市も人口が減るにしたがって、町全体がコンパクトになって行く感じです。
Posted by バッタモン at 2018年10月29日 11:10
バッタモンさん

今日は隣市に行って来て、今帰ったところです。

この市の駅前は路地がゴチャゴチャしていて、昭和のレトロ感が残っていました。
食堂も小汚いのですが、安くて、そこそこ旨い。
私の市にはもう残っていない場所が残っていて面白かった。
同じ県内でも市によって特徴があるもんですね。

私の県は今後5年毎に3%人口が減るようです。
必然的にコンパクト化は進むでしょう。
町はずれに住むことが贅沢な時代が来るかもしれませんね。
Posted by なすび at 2018年10月29日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: