2018年10月26日

時代を超えられない

私は流行り物が嫌いで、そういうものに直ぐ飛びつく人を軽蔑している。
評価が定まって時間を経たものが好きで、そういうものを尊重している。
このような性分は子供の頃からで、57になっても変わっていない。

こんな人間でも今という時代を生きている限り、時代の影響を強く受けている。
俗な言葉で言えば「時代を超えられない」。

若い頃は分からなかったが、この歳になって過去の自分の所業を思い返すと、「なんでこんな変なことをしたんだろう」と思うことがしばしばある。
そして、その変なことをしていたのは私だけではなく、その時代の多くの人もそうであった。

ダーウィンの「進化論」も、産業革命の時代の風潮に大きく影響を受けているという。
ドーキンスの「利己的な遺伝子」もそうかもしれない。
こういう感覚的な理論はマッチした時代にはそうとしか思えないが、少し時代が変われば馬鹿々々しいとしか思えないこともある。

私は今それなりに考え、「これでいい」という自分なりの基準を持っている。
正直、これも怪しいものだ。
また、10年、20年経って思い返すと、やはり時代に流されていたと感じるだろう。

人は時代を超えられないものだ。
私のような凡人だけでなく、天才もまたそうだろう。


【追記1】
 私は高校時代、「小さな恋のメロディ」という映画にハマった。
 映画にハマったのは、それが最初で最後である。
 もちろん、ハマったのは私だけでなく、当時(1970年代)の中高校生の多くがハマった。
 今思い返すと、ロンドンの小学校高学年の青春物で、他愛もない映画である。
 それでは、なぜハマったのだろう。
 私はヨーロッパへの憧れと都会への憧れだと思う。
 当時の地方はこの二つへの憧れが強かった。
 それが弱まれば、この映画の魅力はほとんどない。

【追記2】
 大学の卒業旅行でヨーロッパに行った。
 1980年代半ばである。
 2月の寒い中、映画の舞台になったロンドンのランベス地区を歩き回った。
 この辺りを境にヨーロッパに対する憧れが弱まった。
 イギリスは力を失っていたからであるが、同時に日本が強くなっていたからである。
 時事に疎い若者にも時代の気配は確実に伝わっていたのである。

posted by なすび at 13:49| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おんなじです。私も10代や20代の前半は、思い返すのも恥ずかしい。

小さな恋のメロディですか、私はあの頃は20歳を超えてましたからバカバカしいとしか
思えませんでした。この頃の年齢の差は大きいですね。
私の青春時代に一番影響を与えたのは屋根の上のバイオリン弾きと
ロシア映画の戦争と平和ですね。
二つとも10代に見た映画です。感受性が今よりも強かったんですね。 
私の子供の頃は、アメリカのホームドラマがテレビで流れていたせいで
奥様は魔女と言うホームコメディに影響されました。
ストーリーの面白と言うより、画面から流れる当時の豊かなアメリカの生活に憧れました。
Posted by バッタモン at 2018年10月26日 19:42
バッタモンさん

「屋根の上のバイオリン弾き」「戦争と平和」・・・えらく本格的なものにハマっていたのですね。
私は芸術っぽい映画は苦手でした・・・というか、今も苦手(笑)。
私の中で「映画は娯楽」という概念が出来上がっているからでしょう。

「奥様は魔女」も見たことがありますが、どちらかというと懐メロ感覚でした。
私とバッタモンさんは5歳違うんでしたかね。
昭和3〜40年代は変化の多い時期だったから、5歳は大きいかもしれません。

2歳年上の姉と昔話しても、「そんなことあったの」と思うようなことがあります。
私には記憶がないような話も姉は憶えています。
小さな子供には理解できないような感覚も多少は理解できたのでしょう。
もう一度、大人の目で見直してみたいという気にさせる時代ですよね。
Posted by なすび at 2018年10月26日 20:01
私も「自分らしさ」に強いこだわりを持つ者ですが、
それは単に自分の中にそういう柱を持っていたいとの願望に過ぎず、
突き詰めれば結局どれも物真似や受け売りなんだろうと思ってます。

ブログなんてものも、それが世にこれだけ認知されてなければ、
まず始めてなかったでしょうしね。
Posted by プライア at 2018年10月26日 22:27
プライアさん

「絶対的な自分」なんてないですよね。
今の自分って時代の一部分を束ねた束だと思います。
その束ねられた要素が他人とは若干違っているので、それが個性ということになるでしょうね。

「時代を超える」なんてカッコいいけど、時代の中で生まれ育った者が時代を超えるなって不可能です。
論理矛盾ですね。
でも、それは天才と言われる人も同じなので、その点だけは安心です(笑)。
Posted by なすび at 2018年10月26日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: