2018年08月31日

鮭弁からの考察

最近はゲーム三昧である。
ブログもすっかりお休みしてしまった。

昼はホットモットの弁当が多いが、気になったのは鮭弁(490円)である。
昔はのり弁(300円)と同じ値段だった。
鮭弁だけが異常に値上がりしたことになる。

理由は材料の鮭が値上がりしたからだろうが、原因は後進国の人々が豊かになり、肉や魚を食べられるようになったからだろう。
後進国が豊かになるということは我々先進国が相対的に貧しくなるだけでなく、食料の値段まで上がるということだ。

後進国を援助することは先進国自身を貶める行為に等しい。
そのことを理解した上で彼らを助けるかどうか決めるのがよいだろう。
リタイア村の住人はリアリストだから問題ないが、お花畑の中高年は危険だな。

posted by なすび at 11:38| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにサケは値上がりしてますね。もともとうまい魚ですから、
世界中の人間がその味を知ってしまったら取り合いになって値段が上がるでしょう。
最近ではサンマの味が中国人に知れ渡ってしまった。彼らの沖取で50年ぶりの大不漁でした。
今年は一転して豊漁らしいですが、いつまで続くことか?

私事ですが、最近肉や魚を美味しく焼くために七輪を使っています。
炭火で焼くと炭の香がついて美味しく焼けます。
ただし炭を起こすのに30分ぐらい時間はかかりますが、
今は時間は十分にあるので、酒をチビチビやりながら楽しんでます。
Posted by バッタモン at 2018年08月31日 13:10
バッタモンさん

七輪ですか、渋いですねえ。
炭火焼の魚は旨そうです。
酒を飲みつつ焼き上がるのを待つ・・・結構ですね。

私の学生時代(40年弱前)は、のり・鮭ともに230円だった気がします。
のりが300円になったのは妥当なところですが、鮭の490円は異常な上がり方です。
勘弁して欲しいですね。

アメリカを中心としたナショナリズムへの回帰は「先進国が後進国を支援するのが嫌になった」ということなんでしょうね。
Posted by なすび at 2018年08月31日 18:13
値段が同じころから、のり弁派でした。
鮭が嫌いというより、のり弁が好き!という。

ただそれ以上に唐揚げ弁ですね。唐揚げ大好き(笑
こちらも、ちょびちょび値段が上がってきています。昔は350円くらいだったような気がします(2〜30年くらい昔の話ではありますが。
Posted by 煙々 at 2018年08月31日 20:56
煙々さん

のり弁旨いですね。
先日食べてみました。

ただ、私的には白身フライがイマイチです。
べちゃっとしてて、魚臭くて。
あまりいい材料を使っていませんね。
白身に歯ごたえがあって臭みがなければ「のり弁最高」と言いたいとこですが。

私の順位は、
 @とんかつ(辛子がいいアクセント)
 Aチキン南蛮(甘酢が食欲増進)
 Bから揚げ(塩コショウではちょっと飽きる)
 C肉野菜(安定の味)
 D銀鮭(鮭の質が思ったより良い)
という感じです。

ちなみに、500円を超えるのは「弁当の意味がない」気がするので食べていません。
Posted by なすび at 2018年08月31日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: