2018年08月05日

治安のいい国ほど家族間殺人が増える

日本の殺人事件の55%が「家族間殺人」によるものだそうだ。
驚きといえば驚きの数字だが、よく考えると当然かもしれない。

殺人には2種類ある。
「個人的な恨みが動機のもの」と「そうでないもの」。

まずは、個人的な恨みによるもの。
相手を殺したいほど恨むということは、濃密な関係が長期にわたって存在していたことを意味する。
親子、夫婦、兄弟、恋人、友人、近所、会社、学校・・・。
家族間でのトラブルが多いのは自然であり、諸外国も似たようなものだろう。

一方で、「そうでないもの」。
個人的な恨みがないのに人を殺す場合とは、強盗殺人、テロ、愉快犯・・・。
要は、治安が悪いということだ。

治安が悪い国であれば、恨みによらない殺人の割合が高くなり、必然的に家族間殺人の割合は下がる。
治安がいい国であれば、恨みによらない殺人の割合が低くなり、必然的に家族間殺人の割合は上がる。
ごく当然のことだ。

ネットでググっても外国の家族間殺人の割合は見つからなかった。
が、おそらく日本は家族間殺人の割合が最も高い国のひとつだろう。
理由は治安がいいからである。

日本で家族間殺人の割合が高いことに関し、識者といわれる人が様々な理由の述べている。
親を奴隷化する引きこもり、家族関係が濃厚、ストレス社会・・・勝手な思いつきを言っている。
治安がいい国は必然的に家族間殺人の割合が高くなる・・・それだけのことである。


【追記】
 治安がよく、家族間殺人も少ない国があるとしよう。
 では、その国ではどんな殺人が多いのだろう。
 恋人、友人、近所、会社、学校・・・?
 これはこれで病巣がありそうだ。

posted by なすび at 07:25| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少なくとも私やなすびさんは殺される確率は2分の1に減ったわけですね。(笑)
金銭目的で見ず知らずの人が人の命を奪う殺人の割合では日本は一番少ない国でしょうね。
そういった殺人が少ないから近親者による殺人が目立ってくるのでしょう。
しかし今後、政府は人手不足に対応するため外国人労働者を増やすようです。
私は子供時分に在日朝鮮人がかなりの割合で犯罪に手を染めていたことを知っています。
移民政策に寛大なヨーロッパの治安を見ても、
今後日本でもあのように治安のよくない国になっていくような気がしますね。
Posted by バッタモン at 2018年08月06日 11:44
バッタモンさん

しかし、政府はなぜ移民策などするのでしょうか。
理解に苦しみますね。
小泉は派遣で国を壊しましたが、安倍は移民で壊すことになるのでしょうか。
ヨーロッパの例に学べないのか、学びたくないのか・・・。

我々が子供の頃に比べたら治安は悪化している気がしますね。
グローバル化の影響なんでしょうか。

日本の政治も少しずつ良くなっていると思ったら、同時に少しずつ悪いことにもなっている。
なんかガッカリしますね。

Posted by なすび at 2018年08月06日 17:37
家族間で殺し合ったり、他人同士わざわざ苦しめあって挙句自殺するような自然の摂理に反した愚かな生き物は人間だけだ。
Posted by kfe at 2018年08月09日 09:24
kfeさん

サルもいけませんね。
子殺しをします。
やはり、人間に近いと・・・(笑)。

しかし、野良猫のように生きたくはないです。
夏はクーラーのきいた部屋でビールを飲んでいたいな。
Posted by なすび at 2018年08月09日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: