2018年05月31日

田舎について

一口に田舎というが、幅の広い言葉である。
大都市圏以外はすべて田舎と思う人もいれば、近所に店がなく、山や田に囲まれた場所をイメージする人もいる。
ここでは、後者の大田舎を想定してみよう。

大田舎が住み難いのは当然である。
人間関係が濃厚で、不便なのも当然である。
こんなところには、元から住んでいる人以外いない。
移住にはまったく不向きな場所だ。
まともに論ずること自体がナンセンスである。

日本人の半数以上は大都市でも大田舎でもない場所に住んでいる。
地方の比較的便のいい場所である。
仮に中田舎と定義してみよう。

私も中田舎在住である。
地方都市郊外で駅前から4キロ離れているが、徒歩5分圏内に大型スーパーがあり、地銀があり、バス停がある。
便利とは言えないが、不便ではない。
人間関係も濃厚ではない。
都市部の一戸建てとそれほど変わらないと思う。

こういう場所であれば語るに足る。
テレビは「都会VS大田舎」が大好きだが、「都会VS中田舎」でメリット・デメリットを語って欲しいものだ。
実際に大田舎に住んでいる人はわずかで、日本人の半数以上が中田舎に住んでいるのだから。


【追記】
 近所にも大田舎出身の人が数名いる。
 みな「あそこは田舎だから帰りたくない」と言っている。
 中田舎の人でさえ大田舎を嫌っているのだから、都市部から移住するのが間違っているだけの話だ。

posted by なすび at 11:35| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: