2017年09月08日

問題を解決しない人

他の国は自国の利益を優先し、ときには悪どいこともしているが、唯一そういうことをしない国がある。
我が国、日本である。
本当に善なのか、単に悪口を言われるのが嫌いな偽善家なのかよく分からない。

実家に帰って、近所の中高年と話をすることもあるが、実は彼らにもその傾向がある。
問題がある他家があってもクレームを言わない。
黙って我慢し、問題一家ともそれなりに付き合っている。
家族の中ではその家の悪口を言い、多少の憂さは晴らしているのだろう。

正直、私には理解ができない。
問題がある人には問題を指摘し、謝罪させ、改善させるべきだと思っているからだ。
そうしないと、いつまでもこちらが迷惑を被るだろう。
そもそも、そんな人と付き合っても何もいいことがない。

国も国民の集合体である。
近所の中高年のような人が多ければ、国もそのように行動するだろう。
さすがに私より若い世代にはこのような人は多数派ではないと思う。
時とともに日本が変わることを期待したい。

posted by なすび at 12:37| Comment(4) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クレームこそ言いませんが一切の付き合いはいたしませんねえ。これは気の合わない人でも同じです、気の合う人以外はお断りしております。
Posted by たんちん at 2017年09月09日 07:59
たんちんさん

近所の問題とは騒音・異臭などです。
やはり具体的に行動を起こさないと解決しません。
北朝鮮や尖閣問題もしかりですね。
Posted by なすび at 2017年09月09日 09:03
そう言うの、私の実家にもいますよ。
私の家の実家の植木が伸びすぎているとクレームつける年寄り。
「アンタの家とは数十メートルも離れているだろうがぁぁああ、どうしてうちの庭木が気になるんだぁああ」と、言ってやりたい。
奴は、私に直に言わないんですね。民生委員の方に言ってくる。
その民生委員の方が、こういうクレームが来てますと私に言う。
ホント感じ悪いわ。
出来れば帰りたくないが、施設に入れている親の見舞いや、実家の保持のため月に一度は帰っています。
まぁ、近いうち植木屋に頼んで全部切り倒してやろうと思っています。
実家のある所は衰退地域で、周りはもう半分以上空家になってます。
そんなところにいて文句ばかりを言っている爺と婆。
だから誰もいなくなるんだよボケが。


Posted by バッタモン at 2017年09月09日 18:50
バッタモンさん

文句があるなら直接言えばいいのですけどね。
その方が問題がハッキリします。
聞けば、こっちも「なるほど」と思うことがあるかもしれません。

結局、矢面に立ちたくないのです。
まあ、言い出しっぺにすべて押し付けて物陰から覗くような人も多いですからね。
しかたがないかもしれません。

しかし、日本の問題は政治家、官僚、マスコミが矢面に立って貰わなくては困ります。
そのために様々な優遇を与えられているのですから。
国民の背に隠れながら「頑張ってます」と言われてもね・・・。
Posted by なすび at 2017年09月09日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: