2017年06月25日

一番知っているのは女性自身

豊田議員が暴言事件を起こした。
まずは女が男にしたパワハラでよかった。
男が女にあんなことを言ったら大事件になる。

離党だけでは済まない。
無理矢理会見を開かされ、記者にボコボコに言われ、全国民に対し謝罪しなければならない。
涙ながらの謝罪映像はしばらく流され続け、挙句の果ては議員辞職である。
彼はこの先どうやって生きていくのか・・・首を吊るしかないのである。
考えるだにマスコミのリンチは恐ろしい。

日本は女性に優しい社会である。
私は56年生きて、そう実感できる。
会社でもそうだ。
女が出世し難いのは事実だが、その分扱いは甘くしてある。
それでバランスが取れているのである。
大半の女性はそれを受け入れている。
会社で出世することよりも、子供や家庭を大切にしたいと考える女性が多いからだ。

マスコミを中心にした表向きの議論は「その分扱いは甘くしてある」「それでバランスが取れている」部分を言わない。
欧米には日本的バランスはないので、欧米人も理解できない(日本で長く暮している人は理解している)。
だから、「日本は女性差別」などと平気で言う。
とにかく論旨が部分的で単純、すなわち幼稚ということだ。

会社の飲み会のくだけた場で、若い女性社員の何名かに聞いたことがある。
男並みに出世する代わりに、男並みに扱われたいか・・・みなノーだった。
女性ということで、ゆるめてもらっているという自覚はあるし、女にとって家庭が一番の場で、職場はその次の場所に過ぎない。
要は一番知っているのは女性自身ということだ。

posted by なすび at 12:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豊田議員はよもや秘書が自分との会話を録音しているとは思わなかったでしょうね。
良い大学を出て知識はあったのでしょうがまだ世間知らずで知恵がない。
一番身近にいる奴が一番危ないと言う事。

しかし、あのキレキャラは一つの芸ですな。
今後は国会議員より杉村太蔵なんかと組んで芸能界で生きていくのも良いかと(笑)
Posted by バッタモン at 2017年06月26日 11:36
バッタモンさん

知識や世間知を吸収しても性格は直らないですね。
この人も40年以上生きているわけですから、自身の欠点については分かっていたでしょう。
自分で自分の性格を持て余していたのではないでしょうか。

こういう人は人と関わらない仕事が一番です。
でも、そういう仕事はあまりないですね。
Posted by なすび at 2017年06月26日 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: