2017年06月16日

日本人の知らないこと

・特定秘密保護法
・集団的自衛権
・テロ等準備罪

これらは安倍政権によって成立し、野党・マスコミに大反対された法律であるが、共通点がある。

一つは、世界の先進国は当然として、中進国でも皆持っている法律である。
要は、まともな国で持っていなかったのは「日本だけ」という状態であった。

もう一つは、そのことを日本人の大半が知らないということである。
テロ等準備罪に反対している人も知らない。
こんな法案が通れば日本は笑いものになると言っているからだ。
むしろ通らないほうが世界から異常視される。

私はこれらの法案について詳しくは知らなかったが、基本賛成していた。
理由は世界の大半の国が既に施行している法律だったからだ。
そんなことはネットで調べたらすぐ分かることだ。

反対している人の中には、知っていて意図的に隠している人もいるだろう。
マスコミがそうである。
しかし、いまさらマスコミ批判をしてもしかたがない。
マスコミとは確信犯的にねじれた機関だからである。

ブログ村界隈にも、これらの法案に反対の人がいる。
人それぞれ考えがあって結構だが、反対理由として「なぜ日本だけが持てないのか」を語る必要があるだろう。
単に反対するだけでは、既に施行している世界の大半の国を否定することになるからだ。
それは彼らの本意ではあるまい(中国・韓国も持っているんですよ)。

ちなみに私が反対者であるとすれば、「日本人は馬鹿で暴力的だから、日本人だけにはこの法を持たしてはならぬ」という以外の理由は思いつかない。

posted by なすび at 15:16| Comment(4) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次はスパイ防止法だ!とか言われている方がいますね。
あってもいい法律だと思います。どうなるかな。
Posted by 煙々 at 2017年06月16日 19:58
煙々さん

先進国の大半が採用している制度なら前向きに検討すべきだと思います。
日本の歴史や国民性に合わないものでない限り。
テロ・スパイなどはグローバルなものですから他国と歩調を合わせるべきですね。
Posted by なすび at 2017年06月16日 20:10
マスコミの報道しない自由もいい加減にしないとですね。
左翼の全てがダメだとは言いませんが、情報を全て握り偏った報道でやるから問題。
全て開示して国民に思考させるべきです。
まあ既存マスコミには無理か。。。
Posted by 招き猫の右手 at 2017年06月18日 00:24
招き猫の右手さん

左翼ブログで感心したことは一度もありません。
プロパガンダかお花畑のいずれかです。

マスコミは自由競争に晒すのが一番ですが、認可するのが既得権ベッタリの官僚ですからどうしようもありません。
Posted by なすび at 2017年06月18日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: