2017年04月10日

花見酒

桜はまだ咲いているが、雨が降っているので出かける気がしない。
自宅で花見酒をすることにした。

DSC_1853.jpg

最近は杯ではなく蕎麦猪口で日本酒を飲んでいる。
一遍にたくさん入るから、台所まで酒を足しに行く必要がない。

あては山葵の醤油漬けである。
つーんと辛いから結構酒が進む。
山葵の葉自体はそれほど高いものではないが、瓶詰の醤油漬けになると安くはない。
上手に辛みを出すのは店屋でも難しいのかもしれない。

書斎から見る桜はこんな感じである。

DSC_1854.jpg

所詮、住宅地の狭い庭だから借景が悪い。
後ろの金木犀に当らないよう無理して枝を落としているので、樹形もイマイチである。
しかし、去年に比べて今年はよく花をつけてくれた。
感謝の意味を込めて、今日一日ゆっくり眺めようと思う。

posted by なすび at 15:39| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
庭の桜を見ながらひとり花見酒ですか
良いですね、この時期どこの桜の名所も人でいっぱいです。
わざわざ行く気にはなれませんね。
私は小さい頃には親に連れられて行ってましたが、自分の意思を持つようになってから
会社の宴会以外は花見にはいってません。
人込みは苦手です。
自宅でしたら眠くなったら寝れるし、帰りの足の心配をしなくても済む。
それに人に気を使わなくても済みますね。

私の庭には桜はないですがサクランボの木はあります、こちらはもう散りました(笑)
そして今ようやく沈丁花やクリスマスローズが咲き、もものつぼみが膨らんできました。
後ひと月もすれば庭全体が黄緑色の新緑に覆われるでしょう。
Posted by バッタモン at 2017年04月11日 07:35
バッタモンさん

確かに名所は人が多いですね。
今年は雨が多いので、かえって客が少なくていいかもしれませんね。
私は金曜日に名所に行ってきましたが、小雨だったので人は少なかったです。

樹は一本だけですが、自宅の桜も捨てがたいです。
自分の桜ですから愛着もあるし、おっしゃるように好き勝手に過ごせますからね。
出かけたい気分のときは名所、そうでないときは自宅と使い分けができます(笑)。

やはりバッタモンさんのところは遅そうですね。
我が家の沈丁花は花が散って新葉が出ています。

最近は金木犀など常緑の樹からの落葉が凄いです。
落葉拾いが毎日の仕事です(笑)。
Posted by なすび at 2017年04月11日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: