2017年01月23日

退職2年目の資産運用

現金資産の大半を退職金優待金利で運用していた。
1.0〜1.4%の金利が付いたから、随分と助かった。
しかし、それも後2ヶ月で期限切れとなる。
それ以降、どう運用するか・・・考えどころである。

その都市銀が提案してきたのが投資信託だ。
単に投資信託だけであればパスするところだが、投資信託に預けた4倍の額を特別な定期預金で運用できる。
その定期預金の金利が3%(1年限定)というから考え込んでしまった。

仮に投資信託で多少の損が出ても、定期預金で挽回できる。
1年限定で運用するなら悪い話ではない。
気持ちが傾いていてきた。

地銀も何か提案してくるようである。
たぶん投資信託だろう。
単体なら相手にしない。

元本保証なら個人向け国債10年以上の商品はない。
相場に合わせて金利は変動するし、ペイオフの心配もない。
とはいっても、現在の金利はたったの0.05%であるが。

国内はデフレだから金利は上がらない。
海外に目を向ければ、それなりの商品はあるだろう。
しかし、海外の経済事情に詳しくなければ、リスキーな運用になるだろう。
安定志向の私は当面頭を悩ませそうである。

posted by なすび at 16:51| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世間が羨むお悩みですね。

資産運用で心痛む事ない方法は、退職2年すぎればありません(と思う)

計算してリタイアした方が、もう資産を増やすことないでしょう。

母と実家とクロちゃんをしっかり守れることができれば充分では。

今後の旅行報告を期待します。

PS おススメ
 広島の宮島です。朝船で渡り、自分の足で山を登り降りてくる。
 山にはたくさんの見るべきこと多し。
 一日かかるので潮の満ち引きを体験できます。
以上
Posted by koya(石川) at 2017年01月23日 19:13
koya(石川)さん

ご説ごもっともです。
リスクの高い運用はする気もないし、する必要もありません。
面倒なら、個人向け国債10年にぶち込みます(笑)。

宮島ですか。
10年以上前に行きました。
さすがに山までは行っていません。
原生林のようですね。
お宮だけでなく民家も落ち着いたいい町でした。
また、行ってみたいですね。
Posted by なすび at 2017年01月23日 19:39
結構いろんな証券会社が、個人向け国債のキャンペーンしていますよね。
野村証券は今現在していますけど、1000万円で5万円。そう、0.5%ですね。
結構、興味あったりします^^
Posted by 煙々 at 2017年01月23日 20:32
煙々さん

元本保証という条件を付ければ、個人向け国債が最強だと思います。
何人もの銀行員に聞きましたが、それ以上のものは出てきませんでした。

でも、銀行員は奨めませんね。
銀行のマージンが少ないのでしょう。
Posted by なすび at 2017年01月23日 20:53
ようやく日本に帰ってきました。
ネパールとタイのバンコックに行ってましたが、帰ってきて自国のインフラと空気の良さに改めて気づかされました。
ネパールの自然は美しいのですが街中は土埃と車の排気ガスと騒音、ホテルも暖房設備がなく寒かった。
バンコックはもう東京と同じぐらいインフラが整っています。しかしスモッグがひどいし、わけのわからない匂いが鼻につきます。
そして両国とも物乞いが多くいました。

資産運用では私の場合45%は株式、30%は個人年金、残りの25%を普通預金にしています。
株は去年2月頃日銀が−金利を導入した時、銀行株が暴落したことがありました。
その時がチャンスと思い仕込みました。
株価の比率で銀行株の配当が4〜5%に跳ね上がりましたからね。
これで年間80万、税金を引かれても66万円が口座に入ってきます。
個人年金は92年に入ったもので当時金利5%で満期まで運用されると言う事でした。
ですから今でも金利5%の複利で運用されています。
これも65才から10年間は毎年140万円近く口座に振り込まれます。
残りの普通預金の方は殆ど金利は尽きません。
これは年金が満額入るまでの繋ぎとしておいています。



Posted by バッタモン at 2017年01月24日 08:38
バッタモンさん

やっぱり日本が一番ですよね。
海外出張から帰るたびに、そう感じていました。
バンコクにも乞食がいるのですか・・・発展しているようで、まだまだですね。

インド・ネパール、ヨーロッパは学生時代以来一度も行っていません。
30年以上経っています。
どのように変わったのか、変わっていないのか、見てみたい気もします。

銀行株ですか。
大手であれば株価も安定していそうですね。
配当狙いで安値の時に仕入れるのはアリですね。
検討してみます。
Posted by なすび at 2017年01月24日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: