2017年01月08日

AIについて

AI(人工知能)が気になっている。
AIが普及すれば、単純労働者のすべて、ホワイトカラーの大半が職を失うという。

私は既にリタイアして、再就職をまったく考えていない人間だから、自身の問題ではない。
が、20年後に労働しているだろう人にとっては大きな問題だ。

まず、真っ先になくなりそうな仕事は、トラック運転手、タクシー運転手だろう。
宅配ドライバーはマンションを上がって部屋まで届けないとならないから、それほど簡単ではないだろう。

プログラマやSEも厳しいだろう。
コンピュータ業務はAIのお得意である。
経理や給与計算といった事務作業も取って代わられるだろう。

プレゼンや資料作りを生業にしている人は減っていくだろう。
一人のアイディアマンがいれば、AIと組んで数人分の仕事ができる。
記者、作家なども同様かもしれない。

多くの人が職を失うという以外に、もう一つ大きな問題がある。
これは産経電子版を読んで気づかされたが、よいAIを持てば、その会社の業務能力が「直ちに・飛躍的に」向上するということだ。
昨日まで二流であった会社が、最新のAIを導入した今日、超一流の会社になっていた・・・ということもあり得る。
そうなれば、どの会社も最良のAIを探すことに血眼になり、人材育成や技術開発など二の次になるだろう。

人が一番生き残り易いのは「頭脳や作業に特化しない中間的な仕事」といわれている。
看護婦や整備工といったブルーカラーの専門職だろうか。

いずれにしても、リタイア者の私が困ることではない。
AIの進歩を観察し、その利便を享受していくつもりだ。

posted by なすび at 16:47| Comment(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのうち大半の単純作業系の職がいらなくなる、とは言われていますね。
でも決して暗い未来ではなく、そのぶん他の職業が増えるんですよ。
例えば産業革命にしろその他のイノベーションにしろ、それで職を失う人は大量にいましたが、そのぶん他の分野に新しい需要や雇用が発生するのでそちらに移行していったわけで、同じことが起こるだけのことですね。
Posted by 招き猫の右手 at 2017年01月08日 20:41
招き猫の右手さん

「そのぶん他の職業が増える」ことは間違いないと思います。
今の基準からすれば「あれが職業?」というような職業だと思いますが。

現在、ボランティアで行われているようなことなども、そうでしょう。
地域の老人宅の訪問や、小学生の通学のための交通整理などが立派な職業になるかもしれません。

とにかく、何もしなくても物が生産されるのですから、人に喜ばれることなら何でもお金がいただける職業になるでしょう。
あとは分配だけの話ですから、ベーシックインカムもアリですね。
Posted by なすび at 2017年01月08日 21:16
>まず、真っ先になくなりそうな仕事は、トラック運転手、タクシー運転手だろう。

私は、真っ先になくなりそうな仕事は、スーパーのレジ打ちと思っています。
おそらく10年後にはすべて自動清算になっているはずです。

今後20年間、日本では生産年齢人口が急激に減って行きますからAIは普及していくでしょう。
2〜30年後には我々の労働の半分はロボットやAIに置き換わっているかもしれません。
現在、労働人口が不足している割には日本は労働生産性は良くないです。
留守の家に何度も訪問する宅配や、客のいない時間帯にも従業員を置いているレストランなど
サービス産業では特にそうです。
ですからAIとかロボットの発展するすそ野は広がっていると思います。

これが移民とか若者人口の多い国ではそうはいきません。
彼らの職を奪うことになりますから、ロボットとかAIの普及は難しいでしょう。
その点AIの発展と言う事に関して我が国は恵まれた環境にあるのかもしれません。
30年後もし私が生きていれば介護施設の中でAIロボットのお世話になっているかも?


Posted by バッタモン at 2017年01月09日 09:00
バッタモンさん

「スーパーのレジ打ち」はなくなりますね。
既に一部では始まっています。

AIとは人間の脳の代理なのですが、当然、メカ(手足)との連動が求められます。
今後、機械関連の仕事は増えてくるかもしれませんね。
私が10代なら機械技術者を目指すかもしれません。
会社の研究所の片隅で、一日中、機械を弄り回すのも楽しそうです(笑)。

この意味も含めて移民はよろしくない。
日本の機械化が進んでしまえば「巨大な負債」になります。
それは分かっているのでしょうが、「当面の手当」のために無視されている状況です。
とにかく短期で、必ず帰って貰う。
家族の呼び寄せ不可で行くしかありませんが、日本政府は腰砕けだからなあ。

Posted by なすび at 2017年01月09日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: