2016年12月25日

リタイア者が唯一してはならないこと

年末であるが、今年を振り返ることはしない。
リタイア(隠居)者に未来はなく、したがって反省してもしかたがないからである。
未来がないから、当然、来年を展望することもない。

リタイア者はその時々好ましいことをすればいい。
失敗しても、非難されても、馬耳東風、知らん顔をしていればいい。
それが本当に嫌なことなら自ずと改まるだろう。

リタイア者が唯一してはならない失敗は資産を失うことである。
資産を失えばリタイア者でいられなくなるからだ。

posted by なすび at 14:27| Comment(2) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日好きなことをして日々を過ごす。
若干退屈ではあるが充実してます。

>リタイア者が唯一してはならない失敗は資産を失うことである。

そうですね。
現実問題、蓄えは大事です。
その為にはまず、下手な商売はしないことですかね。
失敗のもとです。
それと、子供や親戚にお金をあげない貸さない事。
特に子供、私やなすびさんのような独身なら心配ないですが、
出来の悪い子供がいた場合どうしても親として助けることになる。
結果は共倒れでしょ。
Posted by バッタモン at 2016年12月25日 19:34
バッタモンさん

「若干退屈ではあるが」それなりに気楽に過ごせています。
この権利は絶対失いたくないですね(笑)。

我々の年齢になれば、得ることよりも失わないことが重要です。
下手な投資は禁物ですし、子離れも必須です。

リタイアは隠居だから世俗的な意味での輝かしい未来はありません。
未来に執着がある人は現役であり続けるべきです。
「素敵なリタイア」「カッコいいリタイア」に憧れる人はリタイアすべきではありません。
リタイアとはただ気楽に日々を過ごすだけで、他人様から賞賛される要素はありません。
Posted by なすび at 2016年12月25日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: