2016年11月10日

意外でもない勝利

トランプ勝利は意外だった。
日米のマスメディアはすべてヒラリー優勢だったからである。
また、保守系言論人もトランプに勝って欲しいが、ヒラリー有利のようだと言っていた。

私が知っている言論人で終始トランプ有利と言っていたのは藤井厳喜だけだ。
藤井がなぜ予想が当たったかを解説するビデオをYouTubeにアップしていた。
論旨としては、
 ・偏向の少ない市場調査会社を知っており、その調査では終始トランプの支持率が高かった
 ・トランプの集会はいつも満員だったが、ヒラリーの集会はガラガラだった
ということである。

なんと、当たり前。
それを知っていれば、私でも予想がつく。

結局、
 ・アメリカのマスメディアも偏向している
 ・日本のメディアは米メディアを追随しているだけ
 ・アメリカの生の情報を収集している言論人は少ない
 ・日本政府の情報収集力は低い(ヒラリーだけに会ったから)
ということ。

大半の人がマスコミの作り出した嘘に踊らされたということだ。
事実は終始トランプ有利で、そのまま勝ち切ったに過ぎない。

posted by なすび at 17:34| Comment(4) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これでハッキリしました世の中の流れはイギリスのEU離脱からグローバリズムからナショナリズムに舵を切ったと言う事。

今日は藤井ゲンキさんのネット動画を午前中ずっと見てました。
彼はだいぶん前からトランプをウオッチしてたんですね。
5人ぐらい集ってどちらが勝つかというトーク番組で藤井さんだけがトランプだと言い
あとはヒラリー。
その中でも特にTPPを痛烈に押していた上念司には坊主になってもらいたい〜♪



Posted by バッタモン at 2016年11月10日 19:10
バッタモンさん

さすが大英帝国という感じですね。
落ちぶれても政治のトレンドを先取りしたのは凄いです。

安倍さんも日本国民も柔軟ですから、これを機会にナショナリズムに傾くでしょう。
結構なことです。

9条を改正し、在日を追い出せば、日本は見違えると思います。
当たり前のことを当たり前に言える国になって欲しいですね。
Posted by なすび at 2016年11月10日 20:01
FOXとか一部はトランプ指示でしょうけど、大抵のリベラル系メディアは反トランプだったでしょうね。
CNNなんてモロに嫌ってましたし、米メディアは公平の原則を捨てていますから偏るのも問題ないわけです。
選挙人の獲得数でトランプでしたが、米全体ではヒラリーのほうが得票数が多かったので、やはり接戦だったと思いますよ。
接戦州を上手く僅差で取ったわけで何か戦略的にも上手かったんでしょうね。
Posted by 招き猫の右手 at 2016年11月10日 22:50
招き猫の右手さん

米TVは主義主張を許されているので「偏り」はあるでしょう。
今回は民主・共和という枠を超えて「偏り」が激しかったので、皆判断を誤ったのではないでしょうか。
今回メディアには、いつになく金が流れたのではと思います。

大統領選は「州の総取り」方式ですから、その前提で予測はされているでしょう。
候補者も最初から捨てている州もありますからね。
票数ほどトランプ圧勝ではなかったにしても、ヒラリー優位はどう見ても誤りです。
ヒラリーの方が圧倒的に選挙資金が多く、票を動かしやすい状況にあった。
にもかかわらずトランプが勝ったのは国民のリアルな支持があり、その情熱が集会の集客などに表れていたのではないでしょうか。
Posted by なすび at 2016年11月11日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: